(1/1)

 

Coelastrea sp. 2  

和名なし

Meruliniidae Verrill, 1865 サザナミサンゴ科

Coelastrea Verrill, 1866 パリカメノコキクメイシ属(新称)

撮影:深見裕伸(西之表市大原、水深8m)

 

莢の長径は8mm〜1.2cm。

成長形:被覆状〜準塊状群体。

軟体部の色彩と特徴:灰緑色〜褐色。隣接個体との境界が明瞭で、口と口盤は常に白っぽい。口盤は、中心の口を囲むように環状に盛り上がることが多い。

骨格の特徴:個体はやや丸みを帯びた多角形で、出芽途中の個体は細長く伸びた多角形に見える。生時の外観とは異なり、個体配列は完全なセリオイド型で、出芽途中ではない個体の莢の長径は8mm〜1.2cmほどになる。隔壁は4次まで発達し、莢径が1cmに満たないもので40枚前後。それらは莢壁上縁からわずかに内側に張り出したあと、莢壁内縁に沿って急傾斜で落ち込む。隔壁の上縁には、先端に複数の微小突起を持った鋸歯がよく発達する。隔壁の厚さと莢壁上縁での突出度合は、次数による違いはほとんどなく一様に見える。ただし個体によっては、1次隔壁が他の隔壁よりも莢内により張り出すことがある。1次・2次隔壁は軸柱まで達する。これらの隔壁の内縁にはパリ状葉が形成されることがあるが、不明瞭で目立たない。3次隔壁は軸柱の手前まで、4次隔壁はさらにその手前まで湾曲しながら伸び、低次隔壁に融合する。軸柱は長径2〜5mmほどの楕円形でよく目立ち、1次・2次隔壁の内縁から伸びた複数のトラベキュラで形成されていることがよく分かる。莢壁は緻密で堅固、厚さは基部から上縁まで同じで1mmほど。

生息環境:開放的な礁斜面の水深10m以深で見られる。開放的な湾内では、より浅い水深5mでも見られることがある。

国内での分布:和歌山県串本以南。種子島ではたまに見られる。

補足:本種は、生時の特徴からDipsastraea キクメイシ属、Favites カメノコキクメイシ属やOulophyllia オオナガレサンゴ属の種と混同されている可能性がある。よって国内での生息状況については再検討が必要である。

   

西平・Veron (1995)での出現記録:○

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory