(1/1)

 

Lobophyllia hemprichii (Ehrenberg, 1834)  

オオハナガタサンゴ

Lobophylliidae Dai and Horng, 2009 オオトゲサンゴ科

Lobophyllia de Blainville, 1830 ハナガタサンゴ属

撮影:座安佑奈(西之表市浦田湾、水深8m)

 

肋上縁でも鋸歯がよく発達する。

成長形:ドーム型〜半球形の花束状群体になる。群体の直径が1mを超えることも珍しくない。

軟体部の色彩と特徴:主に褐色〜緑色。赤味を帯びた褐色や灰緑色のものも見られる。隔壁上縁の鋸歯の太さや厚さの違いによって、外観が大きく異なって見える。

骨格の特徴:個体はいびつな楕円形〜細長い楕円形、長径2〜4cm、個体が2〜3個連なったファセロイド型や、4個以上が不規則に蛇行しながら連なって長さ10cm以上になったフラベロメアンドロイド型の個体配列をもつ。隣接する枝状部の間隔はほぼ同じで、互いに7mm〜1cm程度離れる。莢壁は4〜8mmほど、新たな個体が出芽するところでは、やや側方にめくれたように見える。隔壁・肋は5次まで形成され、低次のものほど厚く、突出する。ただし石灰化が弱い群体では、それらの違いが1〜3次隔壁間や4次・5次隔壁間で不明瞭になりやすい。隔壁・肋の上縁には鋸歯がよく発達し、莢壁上縁では鋭く尖ってよく突出する。また、隔壁上縁の鋸歯は上方を、肋上縁の鋸歯は上方から側方を向きやすい。軸柱は、長径5〜9mmほどの円形〜楕円形で明瞭。

生息環境:礁池や浅礁湖から礁斜面の様々な環境に生息するが、いずれも波浪の影響の少ない所で多く見られる。

国内での分布:和歌山県串本・熊本県天草牛深以南。種子島では稀。

補足:本種はLobophyllia robusta ハナガタサンゴやL. corymbosa マルハナガタサンゴと混同されているため、国内での生息状況を再検討する必要がある。

   

西平・Veron (1995)での出現記録:○

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory