(1/1)

 

Pavona varians (Verrill, 1864)  

シワシコロサンゴ

Agariciidae Lamarck, 1801 ヒラフキサンゴ科

Pavona Lamarck, 1801 シコロサンゴ属

撮影:野村恵一(中種子町馬立岩屋、水深6m)

 

部分的にモンティクルが形成される。

成長形:主に被覆状群体で、群体周縁が葉状になることはない。岩盤に固着せず、海底のサンゴ礫などを覆いながら成長した塊状群体も見られる。

軟体部の色彩と特徴:黄褐色〜褐色や緑色。

骨格の特徴:個体は角ばった円形〜多角形で、サムナステロイド型に配列する。個体は長径2〜5mm、大小様々な個体が群体上で不規則に分布する。隣接する個体間には、大きさの異なるモンティクルやコリンが不規則かつ断続的に形成される。複数のコリンが平行に長く連なったところでは、個体がメアンドロイド型配列のように見える。隔壁・肋は、莢径の小さな個体では2次まで、大きな個体では4次まで発達。莢径の小さな個体では、厚い1次隔壁のみが軸柱まで達し、薄い2次隔壁は達しない。莢径の大きな個体では、2次隔壁が1次隔壁と同程度の厚さになり、ともに軸柱まで達する。3次・4次隔壁はそれぞれ2次・3次隔壁よりも薄くて短い。軸柱は円柱状〜やや扁平な楕円柱状。

生息環境:礁池・浅礁湖の浅瀬や、礁斜面や岩礁斜面の水深15m以浅で見られる。

国内での分布:串本以南。種子島では稀。

補足:本種はPavona venosa シコロキクメイシ(本ガイド未掲載種)と混同されており、国内での生息状況については再検討が必要。

   

西平・Veron (1995)での出現記録:○

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory