(1/1)

 

Pavona duerdeni Vaughan, 1907  

ハマシコロサンゴ

Agariciidae Lamarck, 1801 ヒラフキサンゴ科

Pavona Lamarck, 1801 シコロサンゴ属

撮影:立川浩之(西之表市上古田、水深15m)

 

個体の長径は2〜3mmと小さい。

成長形:棍棒状〜板状群体で、群体周縁が葉状になることは極めて稀。大小複数の棍棒状〜板状部が一列に並び、さらに隣接する同様部とほぼ等間隔で同方向に並ぶ。そのため、全体としては半球状または不規則に盛り上がった塊状群体を形成することが多い。

軟体部の色彩と特徴:主に灰褐色。淡褐色の群体も見られる。

骨格の特徴:板状部は厚さ3〜5cm、幅や高さ10cm以上になる。同属の葉状〜板状種のように、垂直方向に伸びる付属の板状部はあまり形成されない。個体は円形〜楕円形で、長径2〜3mm、サムナステロイド型に配列し、隣接する個体間隔は狭い。小さな個体では2次隔壁・肋まで、大きな個体では3次隔壁・肋まで発達する。ただし個体間隔が狭いため、同属他種に比べて肋が短い。前者は棍棒状〜板状部の先端で多く、後者はそれらの側方で多く見られる。特に前者は、隣接する個体同士で莢壁の一部を共有してセリオイド型に配列することが多い。個体は、先端の尖った円錐状〜やや扁平な楕円柱状の軸柱を持つ。1次隔壁は厚く、軸柱まで達する。3次隔壁・肋が発達した個体では、2次隔壁は1次隔壁と同程度の厚さになり、ほぼ全てが軸柱に達する。その場合、3次隔壁は2次隔壁とほぼ同じ厚さだが、軸柱に達することはない。2次隔壁・肋までしか発達していない個体では、2次隔壁は1次隔壁よりも短く、軸柱には達しない。

生息環境:波当たりの強い礁斜面や岩礁斜面の水深15m以浅で見られ、特に礁斜面では、水深5m付近の縁脚上で見られる。

国内での分布:高知県竜串以南。種子島では稀。

 

   

西平・Veron (1995)での出現記録:○

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory