(1/1)

 

Alveopora spongiosa Dana, 1846  

アワユキサンゴ

Acroporidae Verrill, 1902 ミドリイシ科

Alveopora de Blainville, 1830 アワサンゴ属

撮影:目ア拓真(中種子町馬立の岩屋、水深14m)

 

莢径は小さく2mm前後。

成長形:主に被覆状〜塊状群体で、群体が小さいときは球状になりやすい。大きくなると、群体表面に複数の円柱状突起が形成されることもある。

軟体部の色彩と特徴:主に淡褐色で、口の周辺と触手の先端が白くなる。ポリプ全体が白っぽい群体もある。触手が伸びていないポリプは朝顔の花弁状に見える。

骨格の特徴:個体は多角形〜円形で、莢径と深さは2mm前後。隔壁は針状で2次まで発達する。1次隔壁は莢下方のものほど長く、莢心またはその手前まで伸びる。2次隔壁は非常に短くて細く、肉眼では確認しづらい。軸柱は通常未発達だが、莢下方での1次隔壁の内縁の融合や、部分的なシナプティキュラ輪の形成が稀に見られる。莢壁は薄く多孔質だが堅固。孔は縦長の楕円形〜円形で、大きさや並び方は不規則。莢壁上縁には先端がやや尖った棒状の鋸歯が発達する。

生息環境:礁斜面や岩礁斜面の水深15m以深で見られる。開放的な湾では、それよりも浅いところで見られる。

国内での分布:和歌山県串本・長崎県五島福江島以南。種子島では稀。

補足:本種は、莢径が同程度のAlveopora excelsa A. tizardi A. fenestrata (これら3種は全て本ガイド未掲載種)と混同されている。また、小さな球状で触手が白っぽい群体は、A. japonica ニホンアワサンゴとも間違われやすい。今後、これらの種の国内での詳細な分布調査が必要である。

* 種子島初記録種

西平・Veron (1995)での出現記録:Acropora cuneataとして記録した可能性あり

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory