(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 魚類 アラートリスト >
  4. ナイルパーチ

ナイルパーチ

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ナイルパーチ (写真なし)
分類群 硬骨魚綱 スズキ目 アカメ科
(Centropomidae, Periciformes, Actinopterygii)
学名 Lates niloticus
英名等 Nile perch
自然分布 西アフリカ,中央アフリカ,東アフリカ(ナイル川流域).
形態 最大約2m,200kg.スズキ型の体型で,下あごが上あごより突出.尾びれは丸い.背側が暗青灰色で腹側は銀灰色.
生息環境 河川,湖,水路など.湖では沿岸部.
繁殖生態 岸近くで水生植物を束ねて営巣.100万-1000万個産卵.
生態的特性 食性:稚魚は動物プランクトン食.成長すると魚類・甲殻類を専食.
侵入情報
国内移入分布 国内には未定着 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 日本では観賞魚として流通.アフリカ諸国では,加工肉の輸出用に導入.
侵入年代
影響 定着すれば,在来生物に対する捕食・競合などが起こりうる.
アフリカのビクトリア湖では,1950年代に本種が導入され,1980年代には魚類バイオマスの80%を占めるほどになった.また,輸出向けの加工のための燃料として周辺の森林伐採が進み,ビクトリア湖と周辺の生態系の激変を招いた.
影響を受ける在来生物:魚類,甲殻類,その他在来の生物群集
法的扱い
防除方法
問題点等
海外移入分布 アフリカ内で導入されている(コンゴ,ウガンダ,ケニア,ビクトリア湖など).モロッコ,米国,キューバにも導入されたが定着していない.
備考
要注意外来生物(外来生物法).世界の侵略的外来種ワースト100.
基本・侵入情報 参考資料リスト