(独) 国立環境研究所 侵入生物データベース Japanese | English
  1. 侵入生物データベース >
  2. 日本の外来生物 >
  3. 両生類 アラートリスト >
  4. ナンブヒキガエル

ナンブヒキガエル

基本・侵入情報 参考資料リスト
基本情報
和名 ナンブヒキガエル

クリックすると拡大画像が表示されます

ナンブヒキガエル
分類群 両生綱 無尾目 ヒキガエル科
(Bufonidae, Anura, Amphibia)
学名 Bufo terrestris
英名等 Southern toad
自然分布 米国南東部,バージニア~フロリダ~ルイジアナ州.
形態 体長10cm程度になるヒキガエル.頭頂部に縦に伸びる隆起が1対あり,成体では後部が顕著な瘤状になる.赤褐色~黒褐色の地色で,1~複数個の疣のある暗色の斑点を持つことがある.明色の背中線を持つが,後部で不明瞭になることもある.
アメリカヒキガエル Bufo americanus に似るが,頭部の隆起が後部で膨らむ点で異なる.
生息環境 乾燥した場所にも湿った場所にも見られ,庭先などに現れる.昼間は土の中や倒木の下などに隠れている.
繁殖生態 繁殖期:3から8月頃
貯水池などに産卵.産仔数:2500から3000個
生態的特性 食性:昆虫などの節足動物,ミミズなどと思われる.
侵入情報
国内移入分布 国内未定着 国内分布図
※必ずしも色が塗られた地域全体に分布するわけではありません
移入元
侵入経路 ペットとして輸入されていた.
侵入年代
影響 捕食,競合,体表から分泌する毒による捕食者への影響が起こりうる.
影響を受ける在来生物:捕食される小型無脊椎動物,競合するカエル類,カエルを捕食するヘビ類などが影響を受ける可能性がある.
法的扱い 広義のヒキガエル属は全て種類名証明書の添付が必要.
防除方法
問題点等
海外移入分布
備考
外来生物法で要注意外来生物に指定された.
基本・侵入情報 参考資料リスト