ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
:2019/09/24 19:33:38

鈴木 薫

SUZUKI Kaoru

氏名
鈴木 薫(すずき かおる)
所属/職名
資源循環・廃棄物研究センター(循環型社会システム研究室)/特別研究員
研究課題
高齢化社会における廃棄物管理
学位の種類
博士(環境理工学)
専門とする学問分野
工学,社会学,心理学
専門とする環境分野
廃棄物工学,リスクコミュニケーション,リスク認知
自分の強みのキーワード
リスクコミュニケーション,フードバンク,テキスト解析,共分散構造分析
研究概要
高齢化社会における廃棄物管理-自治会機能のサポート手法について研究-
廃棄物管理において、自治会は重要な役割を果たしています。(ごみ集積所の管理、集団回収、そして廃棄物処理計画に係る意志決定やコミュニケーション等)しかし、今後の少子高齢化によって自治会の機能は低下すると考えられ、廃棄物管理にも悪影響を及ぼす可能性があります。高齢化社会における持続可能な廃棄物管理のため、自治会機能の解明と、自治会機能のサポート・代替手法の検討を、福祉やコミュニティ等の副次的な効果にも着目しつつ進めていきます。
略歴
2004年〜2007年 岡山大学自然科学研究科 助教
2007年〜2018年 株式会社廃棄物工学研究所 主任研究員
2018年〜    国立環境研究所 循環型社会・廃棄物研究センター 特別研究員
個別研究課題
研究成果(誌上)
  • all
  • 総説・解説
  • その他
  • その他
    これからの超高齢社会におけるごみ出しの課題
    発表者 : 鈴木薫, 多島良
    掲載誌 : 都市清掃, 72(348):97-102 (2019)
  • 総説・解説
    これからの廃棄物処理施設整備における公募型立地選定手法の可能性〜地域への新たな価値創出を目指して〜
    発表者 : 大迫政浩, 鈴木薫
    掲載誌 : 都市清掃, 72(350):21-25 (2019)
  • これからの廃棄物処理施設整備における公募型立地選定手法の可能性〜地域への新たな価値創出を目指して〜
    発表者 : 大迫政浩, 鈴木薫
    掲載誌 : 都市清掃, 72(350):21-25 (2019)
  • これからの超高齢社会におけるごみ出しの課題
    発表者 : 鈴木薫, 多島良
    掲載誌 : 都市清掃, 72(348):97-102 (2019)
研究成果(口頭)
  • all
  • 研究発表
委員会活動
  • 2019年度 : 令和元年度高齢化社会に対応した廃棄物処理体制構築検討業務検討委員会委員 (環境省 環境再生・資源循環局)
  • 2018年度 : 平成30年度高齢化社会に対応した廃棄物処理体制構築検討業務検討委員会委員 (環境省 環境再生・資源循環局)