ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
:2017/12/06 19:19:35

青木 康展

AOKI Yasunobu

青木 康展
氏名
青木 康展(あおき やすのぶ)
所属/職名
環境リスク・健康研究センター/フェロー
研究課題
化学物質のリスク評価 環境化学物質曝露による体内突然変異発生の誘導メカニズムと影響評価
学位の種類
薬学博士
専門とする学問分野
薬学,生化学,生物学
専門とする環境分野
有害化学物質,健康影響,リスク評価
自分の強みのキーワード
環境変異原物質,ダイオキシン類,遺伝子導入動物,ゼブラフィッシュ,体内変異原性,遺伝子発現解析,ディーゼル排気,大気汚染物質,バイオアッセイ
研究概要
(あとから)
略歴
昭和57年 3月 東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了 薬学博士
昭和57年12月 国立公害研究所環境生理部慢性影響研究室研究員
昭和63年 1月 米国メリーランド大学毒性学プログラム Research Associateに海外出張(平成元.1迄)
平成元年 4月 国立公害研究所環境保健部人類生態研究室主任研究員
平成 5年 4月 国立環境研究所研究企画官に併任(平成6.3迄)
平成 7年 2月 国立環境研究所環境健康部病態機構研究室室長
平成13年 4月 千葉大学大学院医学薬学府連携教授に併任
平成13年10月 独立行政法人国立環境研究所化学物質環境リスク研究センター健康リスク研究室室長
平成18年 5月 内閣府政策統括官(科学技術政策・イノベーション担当)付参事官(環境エネルギー担当)
平成20年4月 独立行政法人国立環境研究所環境リスク研究センター副センター長

所属学会
日本薬学会,日本環境変異原学会,日本生化学会,Society of Toxicology
個別研究課題
研究成果(誌上)
  • all
  • 査読付き 原著論文
  • 総説・解説
  • 書籍
  • 書籍
    第15章 職業上の安全と環境保健の専門家のための基本計算
    発表者 : 青木康展, 河原純子, 松本理, 道川武紘
    掲載誌 : 環境のための数学・統計学ハンドブック (2017)
  • 書籍
    SBO 62 地球環境の保全に関する国際的な取組みについて説明できる. SBO 63 人が生態系の一員であることをふまえて環境問題を討議する(態度)
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 衛生薬学 健康と環境 (2016)
  • 発表者 : Furuhama A.(古濱彩子), Hasunuma K.(蓮沼和夫), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : SAR and QSAR in Environmental Research, 27(3):245-247 (2016)
  • 書籍
    Nrf2 as a possible determinant of the threshold for carcinogenesis
    発表者 : Aoki Y.(青木陽二)
    掲載誌 : Thresholds of genotoxic carcinogens: From mechanisms to regulation (2016)
  • 発表者 : Furuhama A.(古濱彩子), Hasunuma K.(蓮沼和夫), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : SAR and QSAR in Environmental Research, 26(4):301-323 (2015)
  • 発表者 : Furuhama A.(古濱彩子), Hasunuma K.(蓮沼和夫), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : SAR and QSAR in Environmental Research, 26(10):809-830 (2015)
  • 発表者 : Jagiello K., Mostrag-Szlichtyng A., Gajewicz A., Kawai T.(河合徹), Imaizumi Y.(今泉圭隆), Sakurai T.(櫻井健郎), Yamamoto H., Tatarazako N.(鑪迫典久), Mizukawa K., Aoki Y.(青木康展), Suzuki N.(鈴木規之), Watanabe H.(渡部春奈), Puzyn T.
    掲載誌 : Environmental Modelling & Software, 72:147-154 (2015)
  • 発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(橋本顯子), Sugawara Y., Hiyoshi-Arai K., Goto S., Masumura K., Nohmi T.
    掲載誌 : Genes and Environment, 37(7): (2015)
  • 発表者 : Takumi S.(内匠正太), Aoki Y.(青木康展), Sano T.(佐野友春), Suzuki T.(鈴木武博), Nohmi T., Nohara K.(野原恵子)
    掲載誌 : Mutation Research, 760:42-47 (2014)
  • 発表者 : Takumi S.(内匠正太), Aoki Y.(青木康展), Sano T.(佐野友春), Suzuki T.(鈴木武博), Nohmi T., Nohara K.(野原恵子)
    掲載誌 : Mutation Research/Genetic Toxicology and Environmental Mutagenesis, 760:42-47 (2014)
  • 査読付き 原著論文
    Effect of exposure to nanoparticle-rich or delpeted diesel exhaust on allergic pathophysiology in the murine lung
    発表者 : Tanaka M., Aoki Y.(青木康展), Takano H., Fujitani Y.(藤谷雄二), Hirano S.(平野靖史郎), Nakamura R., Sone Y., Kiyono M., Ichinose T., Itoh T., Inoue K.
    掲載誌 : Journal of Toxicological Sciences, 38(1):35-48 (2013)
  • 総説・解説
    有害大気汚染物質の発がん影響 −化学物質のリスク評価・管理の観点から−
    発表者 : 青木康展, 松本理
    掲載誌 : 呼吸器内科, 23(5):492-498 (2013)
  • 発表者 : Furuhama A.(古濱彩子), Aoki Y.(青木康展), Shiraishi H.(白石寛明)
    掲載誌 : SAR and QSAR in Environmental Research, 23(1-2):169-184 (2012)
  • 総説・解説
    Health risk assessment of air pollutants: Air pollutant genotoxicity and its enhancement by suppression of phase II drug-metabolizing enzymes
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Genes and Environment, 34(4):186-190 (2012)
  • 総説・解説
    昆虫のメタロチオネインと重金属耐性に果たす役割
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : 環境毒性学会誌, 14(1):39-46 (2011)
  • 査読付き 原著論文
    Estimation of the respiratory ventilation rate of preschool children in daily life using accelerometers
    発表者 : Kawahara J.(河原純子), Tanaka C., Tanaka C., Hikihara Y., Aoki Y.(青木康展), Yonemoto J.(米元純三)
    掲載誌 : J.Air Waste Manag.Assoc., 61(1):46-54 (2011)
  • 発表者 : Furuhama A.(古濱彩子), Hasunuma K.(蓮沼和夫), Aoki Y.(青木康展), Yoshioka Y., Shiraishi H.(白石寛明)
    掲載誌 : SAR and QSAR in Environmental Research, 22(5-6):505-523 (2011)
  • 発表者 : Kawahara J.(河原純子), Tanaka S., Tanaka C., Aoki Y.(青木康展), Yonemoto J.(米元純三)
    掲載誌 : Science of the Total Environment , 409(16):3073-3077 (2011)
  • 総説・解説
    改正「化審法」の施行
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : ファルマシア, 47(9):865-870 (2011)
  • 書籍
    Chapter7: Potency of air pollutants at DNA adduct formation and assessment by in vivo mutagenesis
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(橋本顯子), Sato H. (佐藤陽美), Matsumoto M.(松本理)
    掲載誌 : DNA Adducts: Formation, Detection and Mutagenesis (2010)
  • 発表者 : Furuhama A.(古濱彩子), Toida T.(樋田竜男), Nishikawa N.(西川希), Aoki Y.(青木康展), Yoshioka Y., Shiraishi H.(白石寛明)
    掲載誌 : SAR QSAR Environ.Res. , 21(5/6):403-413 (2010)
  • 査読付き 原著論文
    In vivo mutagenesis caused by diesel exhaust in the testis of gpt delta transgenic mice
    発表者 : Hashimoto A.H(橋本顯子), Amanuma K.(天沼喜美子), Masumura K., Nohmi T., Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Genes Environ., 31(1):1-8 (2009)
  • 査読付き 原著論文
    Examination of integrated pML4 DNA transfer from genetically modified zebrafish to bacteria
    発表者 : Hashimoto A.H., Amanuma K.(天沼喜美子), Iwasaki K.(岩崎一弘), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : J.Environ.Biotechnol., 9(1):31-36 (2009)
  • 発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : J.Health Sci., 55(6):857-859 (2009)
  • 総説・解説
    温室効果ガス排出大幅削減の実現方策「環境エネルギー技術革新計画」
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : ファルマシア, 44(12):1193-1198 (2008)
  • 発表者 : Amanuma K.(天沼喜美子), Tone S., Masato N.(長屋雅人), Matsumoto M.(松本理), Watanabe T., Totsuka Y., Wakabayashi K., Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Mutat.Res., 656:36-43 (2008)
  • 査読付き 原著論文
    Genetically modified red fluorescent zebrafish: detection crossing, inheritance of red fluorescence, and tolerance to low temperatures
    発表者 : Amanuma K.(天沼喜美子), Nakajima N.(中嶋信美), Hashimoto A.H(橋本顯子), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : J.Environ.Biotechnol., 8(2):105-110 (2008)
  • 総説・解説
    ベンゼンはなぜ動物には有害か 毒性研究を広く自然界を見渡して考える
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 科学, 77(9):986-989 (2007)
  • 栄養と化学物質と健康の接点
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 薬学雑誌, 127(3):397-398 (2007)
  • 発表者 : Hashimoto A.H., Amanuma K.(天沼喜美子), Hiyoshi K., Sugawara Y., Goto S., Yanagisawa R.(柳澤利枝), Takano H.(高野裕久), Masumura K., Nohmi T., Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Environ.Mol.Mutagen., 48(8):682-693 (2007)
  • 書籍
    -
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 環境中の化学物質と健康(ポピュラー・サイエンス277) (2006)
  • 第12章 環境リスク評価の対策
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 環境衛生科学(大沢基保,内海英雄編,南江堂,439p.), 345-357 (2006)
  • ベンチマークドース法を用いた1,2-ジクロロエタンの吸入曝露による発がんユニットリスクの算出
    発表者 : 松本理, 青木康展
    掲載誌 : 大気環境学会誌, 41(4):196-208 (2006)
  • 総説・解説
    化学物質暴露の健康リスク評価と毒性発現メカニズム
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 環境情報科学, 34(4):24-29 (2006)
  • 発表者 : Hashimoto A.H.(橋本顯子), Amanuma K.(天沼喜美子), Hiyoshi K.(*1), Takano H.(高野裕久), Masumura K-i.(*2), Nohmi T.(*2), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Environ.Mol.Mutagen., 47:277-283 (2006)
  • 発表者 : Maruyama W.(丸山若重), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Toxicol.Appl.Pharmacol., 214:188-198 (2006)
  • 発表者 : Maruyama W.(丸山若重), Hirano S.(平野靖史郎), Kobayashi T.(小林隆弘), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Inhal.Toxicol., 18:1013-1023 (2006)
  • 総説・解説
    組換え魚飼育管理の問題
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 海洋と生物, 28(2):158-163 (2006)
  • 変異原性試験法
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 衛生試験法・注解 2005 (2005)
  • これからの環境モニタリングとバイオアッセイ
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 環境と測定技術, 32(2):26-32 (2005)
  • -
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 環境・健康科学辞典 (2005)
  • 遺伝子導入魚を用いた環境モニタリング手法の開発
    発表者 : 天沼喜美子, 青木康展
    掲載誌 : 環境バイオテクノロジー学会誌, 5(1):3-8 (2005)
  • Suppression of carbonic anhydrase III mRNA level by an aryl hydrocarbon receptor ligand in primary cultured hepatocytes of rat
    発表者 : Ishii Y.(*1), Akazawa D.(*1), Aoki Y.(青木康展), Yamada H.(*1), Oguri K.(*1)
    掲載誌 : Biol.Pharm.Bull., 28(6):1087-1090 (2005)
  • In Vivo mutagenesis induced by benzo[a]pyrene instilled into the lung of gpt delta transgenic Mice
    発表者 : 高野裕久, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Environ.Mol.Mutagen., 45:365-373 (2005)
  • 大気中の化学物質の複合曝露による発がんリスクの評価
    発表者 : 松本理, 丸山若重, 平野靖史郎, 青木康展, 松本幸雄, 中杉修身
    掲載誌 : 日本リスク研究学会誌, 15(1):55-67 (2004)
  • 遺伝子導入ゼブラフィッシュを用いた変異原物質のバイオアッセイ
    発表者 : 青木康展, 天沼喜美子
    掲載誌 : 用水と廃水, 46(12):3-8 (2004)
  • 発表者 : Maruyama W.(丸山若重), Yoshida K.(*1), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Environ.Toxicol.Pharmacol., 18:21-37 (2004)
  • 環境汚染と健康リスク評価
    発表者 : 青木康展, 松本理
    掲載誌 : 分子予防環境医学 生命科学研究の予防・環境医学への統合 (2003)
  • 環境から暴露される化学物質の生体影響評価-変異原物質を例として-
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 環境変異原研究, 25:187-197 (2003)
  • DNA-adduct formation in lungs,nasal mucosa,and livers of rats exposed to urban roadside air in Kawasaki City,Japan
    発表者 : Sato H.(*1), Suzuki K.T.(*1), Sone H.(曽根秀子), Yamano Y.(*2), Kagawa J.(*2), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Environ.Res., 93:36-44 (2003)
  • Fffects of 3,3',4,4',5-pentachlorobiphenyl,a coplanar polychlorinated biphenyl congener,on cultured neonatal mouse testis
    発表者 : 遠山千春, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Toxicol.Vitro, 17:259-269 (2003)
  • Altered protein profile and possible hypoxia in the placenta of 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin-exposed rats
    発表者 : 遠山千春, 石村隆太, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Toxicol.Appl.Pharmacol., 185:197-206 (2003)
  • Distinct response to dioxin in an arylhydrocarbon receptor(AHR)-humanized mouse
    発表者 : 遠山千春, Nishimura N.(西村典子), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : PNAS, 100(10):5652-5657 (2003)
  • 遺伝子導入動物を用いる環境変異原物質の検出
    発表者 : 青木康展, 佐藤陽美, 天沼喜美子
    掲載誌 : 分析化学, 51(6):373-380 (2002)
  • Mutational spectra of benzo[a]pyrene and MeIQx in rpsL transgenic zebrafish embryos
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Mutat.Res., 513:83-92 (2002)
  • Cloning and sequences of beta-actin genes from rhodeus notatus and the silver carp Hypophthalmichthys molitrix(Cyprinidae) and the phylogeny of cyprinid fishes inferred from beta-actin genes
    発表者 : Hwang U.W.(*1), Han M.S.(*2), Kim I.C.(*2), Lee Y.S.(*2), Aoki Y.(青木康展), Lee J.S.(*2)
    掲載誌 : DNA Sequence, 13(3):153-159 (2002)
  • Mutagenesis by environmental pollutants and bio-monitoring of environmental mutagens
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Curr.Drug Metab., 3(3):311-319 (2002)
  • Increased glycogen content and glucose transporter 3 mRNA level in the placenta of Holtzman rats after exposure to 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin
    発表者 : 遠山千春, 石村隆太, 米元純三, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Toxicol.Appl.Pharmacol., 178:161-171 (2002)
  • Mutational spectra of benzo[a]pyrene and MeIQx in rpsL transgenic zebrafish embryos
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Mutat.Res., 513:83-92 (2002)
  • Paradoxical increase of heat-shock response with age in a substrain of F344 rats-comparison between F344/DuCrj and F344/Jcl
    発表者 : Takahashi R.(*1), Toyoda E.(*1), Aoki Y.(青木康展), Suzuki K.T.(*2), Goto S.(*1)
    掲載誌 : Mech.Ageing Develop., 123:1605-1615 (2002)
  • 生物を用いて環境を測る
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 化学と工業, 54(11):1272-1275 (2001)
  • Bisphenol-A affects spermatogenesis in the adult rat even at a low dose
    発表者 : 遠山千春, Ishimura R.(石村隆太), 米元純三, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : J.Occup.Health, 43(4):185-190 (2001)
  • Quantitative changes in glycosaminoglycans in the lungs of rats exposed to diesel exhaust
    発表者 : Sato H.(*1), Onose J.(*1), Toyoda H.(*1), Toida T.(*1), Imanari T.(*1), Sagai M.(*2), Nishimura N.(西村典子), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Toxicology, 166:119-128 (2001)
  • Induction of metallothionein in the livers of female Sprague-Dawley rats treated with 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin
    発表者 : 遠山千春, 西村典子, 米元純三, Suzuki J.(鈴木純子), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Life Sci., 69:1291-1303 (2001)
  • Accelerated DNA adduct formation in the lung of the Nrf2 knockout mouse exposed to diesel exhaust
    発表者 : 山元恵, 西村典子, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Toxicol.Appl.Pharmacol., 173:154-160 (2001)
  • Polychlorinated biphenyls,polychlorinated dibenzo-p-dioxins,and polychlorinated dibenzofurans as endocrine disrupters-What we have learned from Yusho disease
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Environ.Res.Sect.A, 86:2-11 (2001)
  • Inhibitory effect of 2,3,7,8- tetrachlorodibenzo-p-dioxin on cAMP-induced differentiation of rat C6 glial cell line
    発表者 : Takanaga H.(*1), Kunimoto M., Adachi T., Tohyama C.(遠山千春), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : J.Neurosci.Res., 64:402-409 (2001)
  • Maternal Exposure to a low dose of 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin(TCDD) suppressed the development of reproductive organs of male rats:
    発表者 : 石村隆太, 西村典子, 曽根秀子, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Toxicol.Sci., 60(1):132‐143 (2001)
  • Induction of cytochrome P450 1B1 in lung,liver and kidney of rats exposed to diesel exhaust
    発表者 : Hatakeyama N.(*1), Yamazaki H.(*1), Kizu R.(*1), Hayakawa K.(*1), Aoki Y.(青木康展), Iwanari M.(*1), Nakajima M.(*1), Yokoi T.(*1)
    掲載誌 : Carcinogenesis, 22(12):2033-2038 (2001)
  • 水環境中の有害物質検出へのトランスジェニックフィッシュの応用
    発表者 : 天沼喜美子, 青木康展
    掲載誌 : 蛋白質 核酸 酵素, (12月号増刊):2973‐2981 (2000)
  • ダイオキシン類のプロテインカイネースへの作用と細胞シグナル系の撹乱
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 日本臨牀, 58(12):84‐89 (2000)
  • 環境水中の変異原物質をいかにして検出するか? 遺伝子導入ゼブラフィッシュを用いた環境測定
    発表者 : 青木康展, 天沼喜美子
    掲載誌 : 化学と生物, 38(10):642‐644 (2000)
  • 内分泌撹乱物質のシグナル伝達
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 治療学, 34(5):473‐476 (2000)
  • 環境汚染物質のバイオアッセイ-環境変異原物質を検出するための遺伝子導入ゼブラフィッシュの開発-
    発表者 : 青木康展, 天沼喜美子
    掲載誌 : ぶんせき, 304(4):199‐204 (2000)
  • Heart shock protein 73 and transferrin as early biomarkers for UV-B-induced response in the skin of hairless mice
    発表者 : 遠山千春, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Environ.Sci., 7(4):259-267 (2000)
  • Epidermal growth factor regulation of glutathione S-transferase gene expression in the rat is mediated by class Pi glutathione S-transferase enhancer I
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Biochem.J., 349:225‐230 (2000)
  • Increase in mutation frequency in lung of Big Blue rat by exposure to diesel exhaust
    発表者 : 曽根秀子, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Carcinogenesis, 21(4):653‐661 (2000)
  • Transgenic zebrafish for detecting mutations caused by compounds in aquatic environments
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Nat.Biotechnol., 18(1):62‐65 (2000)
  • 遺伝子導入ゼブラフィシュを用いて水中の変異物質を測る
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : かんきょう, (8月号):42‐43 (1999)
  • 内分泌撹乱物質によるシグナル伝達系の活性化-コプラナーPCBを例として-
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 第112回日本医学会シンポジウム記録集, 32‐38 (1999)
  • Identification,by cDNA microarray,of A-raf and proliferating cell nuclear antigen as genes induced in rat lung by exposure to diesel exhaust
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Res.Commun.Mol.Patho;Pharmacol., 105(1&2):77‐86 (1999)
  • Cytotoxicity and Mutagenicity of UVB Assessed Using Cultured Rat Fibroblast
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : J.Epidemiol., 9(6 Suppl.):72‐77 (1999)
  • Identification of an enhancer element of class Pi glutathione S-transferase gene required for expression by a co-planar polychlorinated biphenyl
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Biochem.J., 338:599‐605 (1999)
  • Risk assessment of the flavonoids,quercetin as an endocrine modifier
    発表者 : 遠山千春, 米元純三, 曽根秀子, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : J.Risk Res., 2(2):151‐166 (1999)
  • Metallothionein Deficiency Promotes Mouse Skin Carcinogenesis Induced by 7,12-Dimethylbenz(a)anthracene
    発表者 : 遠山千春, 西村典子, 曽根秀子, Suzuki J.(鈴木純子), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Cancer Res., 58:4044‐4046 (1998)
  • MEIC Evaluation of Acute Systemic Toxicity
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : ATLA, (26):131‐183 (1998)
  • Expression of Glutathione S-Transferase P by Coplanar PCB in Rat Hepatocytes
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Jpn.J.Toxicol.Environ.Health, 44(1):P・47 (1998)
  • Modulated cytokine production from cervical lymph node cells treated with B[a]P and PCB
    発表者 : 藤巻秀和, 白石不二雄, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Chemosphere, 34(5-7):1487‐1493 (1997)
  • Protective role of metallothionein in renal toxicity of cisplatinum
    発表者 : 遠山千春, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Cancer Chemother.Pharmacol., 40:358‐362 (1997)
  • Protective Role of Metallothionein in Cisplatin-Caused Renal Toxicity
    発表者 : 遠山千春, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Trace Elements in Man and Animals-9(Fisher P.W.F.,L'Abbe M.R.,Cockell K.A.,Gibson R.S.ed.,NRC Research Press,667p.), 572‐573 (1997)
  • Methods of Metal Toxicology 1.3.1 Cell Cultures
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Handbook of Human Toxicology (Massaro E.J.ed.,CRC Press,1111p.), 88‐103 (1997)
  • Methods of Metal Toxicology 1.1.7 Western Blotting Methods
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Handbook of Human Toxicology (Massaro E.J.ed.,CRC Press, 1111p.), 32‐35 (1997)
  • 変異原物質検出用トランスジェニックゼブラフィッシュの開発
    発表者 : 天沼喜美子, 青木康展
    掲載誌 : 水環境学会誌, 19(10):24‐28 (1996)
  • 環境エストロジェンとその作用機構
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 49, 707: (1996)
  • Characterization of mutations induced by 300 and 300 nm UV radiation in a rat fibroblast cell line
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Mutat.Res., 372:119‐131 (1996)
  • Phosphorylation of c-Jun stimulated in primary cultured rat liver parenchymal cells by a coplanar polychlorinated biphenyl
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Biochem.J., 313:863‐860 (1996)
  • 実験系における紫外線の影響
    発表者 : 青木康展, 遠山千春
    掲載誌 : オゾン層破壊とその影響(環境庁,(社)環境情報科学セ,209p.), 98‐108 (1995)
  • Copper metabolism leading to and following acute hepatitis in LEC rats
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Toxicology, 97:81‐92 (1995)
  • Induction of glutathione S-transferase II in mouse liver parenchymal cells by 3453'4'-pentachlorobiphenyl-comparison between C57BL strain and DBA strain
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Jpn.J.Toxicol.Environ.Health., 41:33 (1995)
  • PCBによる特異的遺伝子発現
    発表者 : 青木康展, 松本理
    掲載誌 : グローバルネット, (42):28‐29 (1994)
  • 環境庁における地球環境研究
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : ファルマシア, 30:163‐165 (1994)
  • Enhanced synthesis of metallothionein as a possible cause of abnormal copper accumulation in LEC rats
    発表者 : Suzuki J.(鈴木純子), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : J.Inorg.Biochem., 56:117‐125 (1994)
  • Mechanisms for removal of copper from metallothionein by tetrathiomolybdate
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : J.Inorg.Biochem., 54:157‐165 (1994)
  • Altered protein synthesis in rat kidney cells exposed to semiconductor materials
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Appl.Organomet.Chem., 8:253‐258 (1994)
  • Accumulation of copper in the liver as the cause of acute hepatitis in LEC rats
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Metal Ions in Biol. and Med.(John Libbey,585p.), 3:187‐192 (1994)
  • Induction of glutathione S-Transferase-P by chlorinated biphenyls and dibenzofurans, and inhibitory effect of dexamethasone on the induction
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Jpn.J.Toxicol.Environ.Health, 40:P‐15 (1994)
  • 重金属によるストレスタンパク質の誘導:新素材 Ga,In,Asを例として
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 衛生化学, 39:55‐57 (1993)
  • -
    発表者 : 佐藤哲男, 青木康展
    掲載誌 : トキシコロジー用語集(薬業時報社,311p.) (1993)
  • Selective removal of copper bound to metallothionein in the liver of LEC rats by tetrathiomolybdate
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Toxicology, 83:149‐158 (1993)
  • Expression of glutathione S-transferase P-form in primary cultured rat liver parenchymal cells by coplanar polychlorinated biphenyl congeners is suppressed by protein kinase inhibitors and dexamethasone
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : FEBS Lett., 333:114‐118 (1993)
  • Induction of glutathione S-Transferase P-Form in rat hepatocytes by coplanar polychlorinated biphenyl congeners and its mechanism
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Jpn.J.Toxicol.Environ.Health, 39:P‐24 (1993)
  • 年令による腸管からのカルシウムとストロンチウムの識別的取り込みの変化,十二指腸粘膜上皮細胞膜のりん脂質組成の変化との関連
    発表者 : 小林悦子, 青木康展, 鈴木和夫
    掲載誌 : 衛生化学, 38(2):149‐155 (1992)
  • ATP-dependent strontium uptake by basolateral membrane vesicles from rat renal cortex in the absence or presence of calcium
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Biol.Trace Elem.Res., 34:45‐54 (1992)
  • Differential cytotoxic effects of methylmercury and organotin compounds on mature and immature neuronal cells and non-neuronal cells in vitro
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Toxicol.in Vitro, 6(4):349‐355 (1992)
  • Induction of glutathione S-transferase P-form in primary cultured rat liver parenchymal cells by co-planar polychlorinated biphenyl congeners
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Biochem.J., 281:539‐543 (1992)
  • バクテリアの水銀耐性遺伝子制御タンパク質(MerR)と水銀イオンの結合様式
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 化学と工業, 44:1195‐1196 (1991)
  • Binding of cadmium to alcohol dehydrogenase in the liver before induction of metallothionein
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Res.Commun.Chem.Pathol.Pharmacol., 74:223‐236 (1991)
  • A simple method for in situ freezing of anchorage-dependent cells including rat liver parenchymal cells
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Cytotechnology, 5:273‐277 (1991)
  • Detection of metallothionein by western blotting
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Methods Enzymol.(Acad.Press,681p.), 108‐114 (1991)
  • Different distribution of cadmium in the liver supernatant between in vivo and in vitro
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Res.Commun.Chem.Pathol.Pharmacol., 74:215‐222 (1991)
  • A western blotting procedure for detection of metallothionein
    発表者 : 遠山千春, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : J.Biochem.Biophys.Methods, 23:207‐216 (1991)
  • Alteration in protein synthesis in primary cultures of rat kidney proximal tubule epithelial cells by exposure to gallium, indium, and arsenite
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Toxicol.Appl.Pharmacol., 106:462‐468 (1990)
  • Induction of protein synthesis by exposure to 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin in primary cultured rat liver parenchymal cells and rat livers
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Eisei Kagaku, 36:22p. (1990)
  • Comparison of cadmium-binding protein induction among mayfly larvae of heavy metal resistant (Baetis Thermicus) and susceptible species (B.Yoshinensis and B.Sahoensis)
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Comp.Biochem.Physiol., 93C:345‐347 (1989)
  • Inhibitory effects of cadmium on rat ornithine carbamoyltransferase and urea synthesis in the rat liver parenchymal cells
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Res.Commun.Chem.Pathol.Pharmacol., 63:411‐422 (1989)
  • The major cadmium-binding protein before induction of metallothionein in the rat liver is alcohol dehydrogenase
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Eisei Kagaku, 35:S‐21 (1989)
  • Binding of cadmium and copper in the mayfly baetis thermicus larvae that inhabit a river polluted with heavy metals
    発表者 : 菅谷芳雄, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Comp.Biochem.Physiol., 91C:487‐492 (1988)
  • A cadmium-binding protein in rat liver identified as ornithine carbamoyl transferase
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Biochem.J., 250:735‐742 (1988)
  • Accumulation of newly synthesized serum proteins by cadmium in cultured rat liver parenchymal cells
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Biochem.Pharmacol., 36:3657‐3661 (1987)
  • Cadmium inhibits protein secretion from cultured rat liver parenchymal cells
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Biochem.Pharmacol., 36:2647‐2652 (1987)
  • Cadmium-induced inhibition of protein secretion from liver: pretreatment effect and specificity among cadmium, copper and zinc
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Biochem.Pharmacol., 36(13):2225‐2227 (1987)
  • Detection of a zinc-containing protein as the primary cadmium-binding protein before induction of metallothionein in rat liver
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : EISEI KAGAKU, 33(6):423‐430 (1987)
  • Identification of cadmium-binding proteins using western blotting technique
    発表者 : 柴田康行, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Toxicology of Metals: Clinical and Experimental Research (Brown S.S. & Kodama Y. ed.,EllisHorwood,448p.), 301‐302 (1987)
  • Characterization of cadmium-binding proteins detected in rat liver by the western blotting technique
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Suzuki K.T.
    掲載誌 : J.Biochem.Toxicol., 2:67‐71 (1987)
  • メタロチオネイン遺伝子の発現調節と重金属代謝
    発表者 : 青木康展, 鈴木和夫
    掲載誌 : 衛生化学, 32(2):70‐84 (1986)
  • Detection of metallothionein on nitrocellulose membrane using western blotting technique and its application to identification of cadmium-binding proteins
    発表者 : 柴田康行, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Anal.Biochem., 157:117‐122 (1986)
  • Effect of cadmium on secretion of proteins from rat liver
    発表者 : Mitane Y., Aoki Y.(青木康展), Uehara H., Takano Y., Suzuki K.T.
    掲載誌 : Eisei Kagaku, 32:P‐27 (1986)
  • Inhibition of protein secretion from liver by cadmium
    発表者 : Suzuki K.T., Uehara H., Takano Y., Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Biochem.Pharmacol., 34:4171‐4173 (1985)
  • Depression of serum cholinesterase activity by cadmium
    発表者 : Uehara H., Aoki Y.(青木康展), Shimojo N., Suzuki K.T.
    掲載誌 : Toxicology, 36:131‐138 (1985)
  • Excretion process of copper from copper pre-loaded rat liver parenchymal cells
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Suzuki K.T.
    掲載誌 : Biochem.Pharmacol., 34:1713‐1716 (1985)
  • Effects of diet on tissue accumulation of cadmium and its toxicological indicators
    発表者 : 西川雅高, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Eisei Kagaku, 31:P‐50 (1985)
  • Difference in tolerance mechanism to cadmium among three insect larvae (midge, fleshfly and silkworm)
    発表者 : Suzuki K.T., Yamamura M., Hatakeyama S., Aoki Y.(青木康展), Masui H., Matsubara F., Sumi Y., Suzuki T.
    掲載誌 : J.Pharmacobio-Dyn., 8:S25 (1985)
  • Effect of cadmium-feeding on tissue concentrations of elements in germ-free silkworm (bombyx mori) larvae and distribution of cadmium in the alimentary canal
    発表者 : 西川雅高, Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Comp.Biochem.Physiol., 79C:249‐253 (1984)
  • Excretion of cadmium and change in the relative ratio of iso-cadmium-binding proteins during metamorphosis of fleshfly (Sarcophaga peregrina)
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Suzuki K.T.
    掲載誌 : Comp.Biochem.Physiol., 78C:315‐317 (1984)
  • Accumulation of cadmium and induction of its binding protein in the digestive tract of fleshfly (Sarcophaga peregrina) larvae
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Suzuki K.T., Kubota K.
    掲載誌 : Comp.Biochem.Physiol., 77C:279‐282 (1984)
  • Separation of metallothionein on gel permeation, ion exchange and reversed-phase columns by HPLC-AAS
    発表者 : Suzuki K.T., Sunaga H., Aoki Y.(青木康展), Yamamura M.
    掲載誌 : J.Pharm.Dyn., 7:S‐5 (1984)
  • Gel permeation, ion-exchange and reversed-phase columns for separation of metallothioneins by high-performance liquid chromatography-atomic absorption spectrophotometry
    発表者 : Suzuki K.T., Sunaga H., Aoki Y.(青木康展), Yamamura M.
    掲載誌 : J.Chromatogr., 281:159‐166 (1983)
  • Health risk assessment of air pollutants: Air pollutant genotoxicity and its enhancement by suppression of phase II drug-metabolizing enzymes
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : Genes and Environment, 34(4):186-190 (2012)
  • 昆虫のメタロチオネインと重金属耐性に果たす役割
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    掲載誌 : 環境毒性学会誌, 14(1):39-46 (2011)
  • ベンゼンはなぜ動物には有害か 毒性研究を広く自然界を見渡して考える
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 科学, 77(9):986-989 (2007)
  • 有害大気汚染物質の発がん影響 −化学物質のリスク評価・管理の観点から−
    発表者 : 青木康展, 松本理
    掲載誌 : 呼吸器内科, 23(5):492-498 (2013)
  • 化学物質暴露の健康リスク評価と毒性発現メカニズム
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 環境情報科学, 34(4):24-29 (2006)
  • 組換え魚飼育管理の問題
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 海洋と生物, 28(2):158-163 (2006)
  • 温室効果ガス排出大幅削減の実現方策「環境エネルギー技術革新計画」
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : ファルマシア, 44(12):1193-1198 (2008)
  • 改正「化審法」の施行
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : ファルマシア, 47(9):865-870 (2011)
  • 第15章 職業上の安全と環境保健の専門家のための基本計算
    発表者 : 青木康展, 河原純子, 松本理, 道川武紘
    掲載誌 : 環境のための数学・統計学ハンドブック (2017)
  • SBO 62 地球環境の保全に関する国際的な取組みについて説明できる. SBO 63 人が生態系の一員であることをふまえて環境問題を討議する(態度)
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 衛生薬学 健康と環境 (2016)
  • Nrf2 as a possible determinant of the threshold for carcinogenesis
    発表者 : Aoki Y.(青木陽二)
    掲載誌 : Thresholds of genotoxic carcinogens: From mechanisms to regulation (2016)
  • Chapter7: Potency of air pollutants at DNA adduct formation and assessment by in vivo mutagenesis
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(橋本顯子), Sato H. (佐藤陽美), Matsumoto M.(松本理)
    掲載誌 : DNA Adducts: Formation, Detection and Mutagenesis (2010)
  • -
    発表者 : 青木康展
    掲載誌 : 環境中の化学物質と健康(ポピュラー・サイエンス277) (2006)
研究成果(口頭)
  • all
  • 研究発表
  • 研究講演
  • 研究講演
    アクリルアミドの有害性評価と曝露量評価
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : フォーラム2017 衛生薬学・環境トキシコロジー (2017)
    予稿集名 : 同予稿集, 147
  • 研究講演
    イントロダクション:遺伝毒性物質による発がんメカニズムと現実のリスク評価の狭間を考える
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 第44回日本毒性学会学術年会 (2017)
    予稿集名 : J. Toxicol. Sci., 42(Supplement):S123
  • 発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 精講:食品健康影響評価−加熱時に生じるアクリルアミドを題材として− (2017)
    予稿集名 : なし
  • 研究講演
    大気中に含まれる発がん性化学物質のリスク評価と管理
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会第137年会 (2017)
    予稿集名 : 同予稿集, 111
  • 研究講演
    食品健康影響評価における曝露量評価の重要性:アクリルアミドを例にして
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 第43回日本毒性学会学術大会 (2016)
    予稿集名 : J. Toxicol. Sci., 41(Supplement):S40
  • 研究講演
    有害大気汚染物質の環境基準・指針値設定における遺伝毒性試験の役割
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 第43回日本毒性学会学術大会 (2016)
    予稿集名 : J. Toxicol. Sci., 41(Sipplement):S129
  • 発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 食品安全委員会セミナー「加熱時に生じるアクリルアミドの食品健康影響評価及び低減対策について」 (2016)
    予稿集名 : なし
  • 研究講演
    環境変異原によって誘発された生体内突然変異の解析とそのリスク評価
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第45回大会 (2016)
    予稿集名 : 同予稿集, 51
  • 研究発表
    過去の都市大気から採取した浮遊粒子抽出物がgpt deltaマウス肺で示す変異原性
    発表者 : 青木康展, 中島大介, 松本みちよ, 松本理, 柳澤利枝, 後藤純雄, 増村健一, 能美健彦
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第45回大会 (2016)
    予稿集名 : 同予稿集, 132
  • 発表者 : 河原純子, 今泉圭隆, 黒田啓介, 青木康展, 鈴木規之
    学会等名称 : 2016年度 第29回日本リスク研究学会年次大会 (2016)
    予稿集名 : 同論文集
  • 発表者 : Udagawa O.(宇田川理), KATO A.(加藤綾華), Kobayashi Y.(小林弥生), Aoki Y.(青木康展), Hirano S.(平野靖史郎)
    学会等名称 : 2015 Cellular & Molecular Mechanisms of Toxicity Gordon Research Conference (2015)
    予稿集名 : Abstracts, 16
  • 研究発表
    Threshold of mutagenesis induced by a reactive oxygen species-generating compound, potassium bromate, in the small intestine of gpt delta mice
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : Gordon Research Conference on Cellular & Molecular Mechanism of Toxicity (2015)
    予稿集名 : Abstract
  • 発表者 : Furuhama A.(古濱彩子), Hasunuma K.(蓮沼和夫), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 8th International Symposium on Computational Methods in Toxicology and Pharmacology Integrating Internet Resources (CMTPI-2015) (2015)
    予稿集名 : Abstracts, 35
  • 発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 化学物質の安全管理に関するシンポジウム:化学物質規制における新たな課題と背景 (2015)
    予稿集名 : なし
  • 研究発表
    都市大気浮遊粒子抽出物がgpt deltaマウス肺で示す変異原性と突然変異スペクトル
    発表者 : 青木康展, 中島大介, 松本みちよ, 松本理, 柳澤利枝, 後藤純雄, 増村健一, 能美健彦
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第44回大会 (2015)
    予稿集名 : 同予稿集, 137
  • 研究講演
    環境中の重金属に対する耐性機構
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 第17回日本水環境学会シンポジウム (2014)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 発表者 : 青木康展, 松本みちよ, 柳澤利枝, 松本理, 中島大介
    学会等名称 : フォーラム2014衛生薬学・環境トキシコロジー (2014)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 発表者 : Furuhama A.(古濱彩子), Hasunuma K.(蓮沼和夫), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 16th International Workshop on Quantitative Structure-Activity Relationships in Environmental and Health Sciences (QSAR2014) (2014)
    予稿集名 : Abstracts, 134
  • 発表者 : Takumi S., Aoki Y.(青木康展), Sano T.(佐野友春), Suzuki T.(鈴木武博), Nohmi T., Nohara K.(野原恵子)
    学会等名称 : SOCIETY OF TOXICOLOGY 53rd Annual Meeting (2014)
    予稿集名 : Abstracts
  • 研究講演
    Transgenic animal models as a tool for risk assessment of environmental mutagens
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 4th Asian Conference on Environmental Mutagens (2014)
    予稿集名 : Abstract
  • 研究発表
    Mutyh遺伝子欠損マウスを用いた酸化ストレス誘発消化管がんの解析
    発表者 : 大野みずき, 鷹野典子, 佐々木史子, 田口健一, 中別府雄作, 青木康展, 能美健彦, 中津可道, 續輝久
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第43回大会 (2014)
    予稿集名 : 同予稿集, 88
  • 研究発表
    ベンゾ[a]ピレンを気管内投与したgpt deltaマウス肺中に誘導された突然変異の加齢に伴う変化
    発表者 : 青木康展, 橋本顯子, 菅原良樹, 荒井孝子, 後藤佐多良, 増村健一, 能美健彦
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第43回大会 (2014)
    予稿集名 : 同予稿集, 116
  • 研究発表
    CONTRIBUTION OF BENZO[A]PYRENE TO MUTAGENICITY IN AMBIENT AIR COLLECTED AT 11 SITES IN JAPAN FROM 2007 TO 2009
    発表者 : Goto S., Yagishita M., Kageyama S., Shiraishi F.(白石不二雄), Aoki Y.(青木康展), Wang Q., Mineki S., Ohshima S., Nakajima D.(中島大介)
    学会等名称 : 2013 International Symposium of Polycyclic Aromatic Compounds (2013)
    予稿集名 : Abstracts
  • 研究発表
    CONCENTRATIONS OF PAHs, O-PAHs AND PASHs IN TOTAL SUSPENDED PARTICULATE AND GASEOUS PHASE IN JAPAN
    発表者 : Yagishita M., Kageyama S., Shiraishi F.(白石不二雄), Terasaki M., Aoki Y.(青木康展), Wang Q., Ohshima S., Goto S., Nakajima D.(中島大介)
    学会等名称 : 2013 International Symposium of Polycyclic Aromatic Compounds (2013)
    予稿集名 : Abstracts
  • 研究講演
    Environmental and human health impacts of pollutants generated by energy production
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : Harvard Project for Asia and International Relations 2013 Asia Conference (2013)
    予稿集名 : -
  • 研究講演
    Risk Assessment of Environmental Chemicals
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : ILSI HESI Workshop (2013)
    予稿集名 : -
  • 研究発表
    事故以前の被ばく線量分布に基づくリスク管理目標設定に関する考察
    発表者 : 鈴木規之, 滝上英孝, 松橋啓介, 青木康展
    学会等名称 : 環境放射能除染研究発表会第2回 (2013)
    予稿集名 : 同要旨集, 81
  • 研究講演
    有害大気汚染物質のリスク評価
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 化学物質の安全管理に関するシンポジウム (2013)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 発表者 : Furuhama A.(古濱彩子), Aoki Y.(青木康展), Shiraishi H.(白石寛明)
    学会等名称 : 5th JCS International Symposium on Theoretical Chemistry (2013)
    予稿集名 : Abstract
  • 研究発表
    In Vivo Mutagenicity of Arsenic
    発表者 : Takumi S., Aoki Y.(青木康展), Nohara K.(野原恵子)
    学会等名称 : NIES Arsenic Workshop 2013 (2013)
    予稿集名 : Abstracts, 17
  • 発表者 : 古濱彩子, 今井宏治, 蓮沼和夫, 青木康展
    学会等名称 : 構造活性相関シンポジウム第41回 (2013)
    予稿集名 : 同予稿集, 61-62
  • 研究発表
    大気中の高懸念PAHs;ベンゾ[c]フルオレンの大気中濃度と国内分布
    発表者 : 柳下真由子, 影山志保, 白石不二雄, 大島茂, 王青躍, 後藤純雄, 青木康展, 中島大介
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第42回大会 (2013)
    予稿集名 : 同予稿集, 123-123
  • 研究講演
    In vivo mutagenesis resulting from oxidative stress in mice with suppressed phase II drug-metabolizing enzyme expression
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 11th International conference on environmental mutagens (2013)
    予稿集名 : Abstract
  • 研究発表
    臭素酸カリウムがgpt geltaマウス小腸で誘導する突然変異の閾値と変異スペクトルの用量依存性変化
    発表者 : 青木康展, 松本みちよ, 松本理, 増村健一, 續輝久, 能美健彦
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第42回大会 (2013)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 研究講演
    有害大気汚染物質の健康リスク評価・管理の現状とこれからの姿
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 薬学シンポジウム-大気(空気)と健康- (2013)
    予稿集名 : なし
  • 研究発表
    Comparison of Risk Assessment Values of Hazardous Chemicals Estimated Based on Animal Inhalation Studies with the Guideline Values for Ambient Air Based on Epidemiological Studies
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Matsumoto Y., Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology (2012)
    予稿集名 : The Journal of Toxicological Sciences (The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology, Program and Abstracts), 37(Suppl. ?):S 412
  • 研究発表
    マンガンによるカドミウムの内皮細胞毒性の防御
    発表者 : 安藤麗香, 橋涼香, 山本千夏, 青木康展, 鍜冶利幸
    学会等名称 : 日本毒性学会第39回学術年会 (2012)
    予稿集名 : 同要旨集
  • 研究発表
    Manganese protects against cadmium cytotoxicity via a lower expression of ZIP8 and ZIP14 in vascular endothelial cells
    発表者 : Ando R., Takahashi S., Yamamoto C., Aoki Y.(青木康展), Kaji T.
    学会等名称 : 6th International Congress of Asian Society of Toxicology (2012)
    予稿集名 : Abstracts
  • 発表者 : Furuhama A.(古濱彩子), Aoki Y.(青木康展), Shiraishi H.(白石寛明)
    学会等名称 : The 15th International Workshop on Quantitative Structure-Activity Relationships (QSAR2012) in Environmental and Health Sciences (2012)
    予稿集名 : Abstracts, 62
  • 研究発表
    Comparative study on the utilities of animal experimental data for risk assessment of inhalation exposure of chemicals
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Matsumoto Y., Matsumoto M.(松本理)
    学会等名称 : SOT 2012 Annual Meeting (2012)
    予稿集名 : Abstract of SOT 2012 Annual Meeting, 27
  • 研究発表
    マウス肝臓脂質代謝経路に無機ヒ素が及ぼす影響
    発表者 : 内匠正太, 青木康展, 佐野友春, 野原恵子
    学会等名称 : 環境ホルモン学会第15回研究発表会 (2012)
    予稿集名 : 同予稿集, 125
  • 研究講演
    遺伝子導入動物を用いて環境を測る
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 埼玉大学・国立環境研究所共催シンポジウム 我々を取り巻く環境と健康 (2012)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 発表者 : 古濱彩子, 青木康展, 白石寛明
    学会等名称 : 構造活性相関シンポジウム第40回 (2012)
    予稿集名 : 同予稿集, 42-43
  • 研究発表
    gpt deltaマウスを用いた無機ヒ素によるin vivo突然変異解析
    発表者 : 内匠正太, 青木康展, 佐野友春, 鈴木武博, 能美健彦, 野原恵子
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第41回大会 (2012)
    予稿集名 : 同予稿集, 146
  • 研究発表
    Distribution of polycyclic aromatic sulfur heterocycles in total suspended particle and gaseous phase in Japan
    発表者 : Yagishita M., Kageyama S., Takemura T., Shiraishi F.(白石不二雄), Aoki Y.(青木康展), Shiraishi H.(白石寛明), Wang Q., Ohshima S., Goto S., Nakajima D.(中島大介)
    学会等名称 : International Symposium on Aerosols in East Asia and Their Impacts on Plants and Human Health (2012)
    予稿集名 : Abstracts, 144-145
  • 研究発表
    化学物質の複合曝露によるリスク評価への発がん性試験とtransgenic rodent変異原性試験の活用
    発表者 : 青木康展, 松本理, 中島大介
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第41回 (2012)
    予稿集名 : 同予稿集, 158
  • 研究発表
    カドミウムの内皮細胞毒性に対するマンガンの防御作用
    発表者 : 安藤麗香, 山本千夏, 青木康展, 鍜冶利幸
    学会等名称 : フォーラム2012 衛生薬学・環境トキシコロジー (2012)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 発表者 : Furuhama A.(古濱彩子), Aoki Y.(青木康展), Shiraishi H.(白石寛明)
    学会等名称 : Ninth Triennial Congress of the WORLD ASSOCIATION OF THEORETICAL AND COMPUTATIONAL CHEMISTS WATOC 2011 (2011)
    予稿集名 : Abstracts of Ninth Triennial Congress of the WORLD ASSOCIATION OF THEORETICAL AND COMPUTATIONAL CHEMISTS WATOC 2011
  • 研究講演
    化学物質の健康リスク評価に必要な基盤研究
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 日本衛生学会学術総会第81回 (2011)
    予稿集名 : 第81回日本衛生学会学術総会講演集
  • 発表者 : 佐藤陽美, 中島大介, 影山志保, 後藤 純雄, 松下 秀鶴, 渡辺 徹志, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第131年会 (2011)
    予稿集名 : 同要旨集, 30P-0888
  • 発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : Environmental Health 2011 Oral programme (2011)
  • 研究講演
    有害大気汚染物質の健康リスク評価手法等に関するガイドラインの検討状況について
    発表者 : 青木康展, 松本理
    学会等名称 : 環境リスク評価ワークショップ「有害大気汚染物質の環境基準・指針値設定ガイドラインの策定に向けて」 (2011)
    予稿集名 : 環境リスク評価ワークショップ「有害大気汚染物質の環境基準・指針値設定ガイドラインの策定に向けて」プログラム
  • 発表者 : 古濱彩子, 青木康展, 白石寛明
    学会等名称 : 第39回構造活性相関シンポジウム (2011)
    予稿集名 : 第39回構造活性相関シンポジウム講演要旨集, 75-78
  • 研究発表
    大気汚染物質によるgpt deltaマウス肺中の突然変異とヒト肺がん組織中p53遺伝子の突然変異の比較
    発表者 : 青木康展, 松本理, 能美健彦
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第40回大会 (2011)
    予稿集名 : 日本環境変異原学会第40回大会予稿集, 118
  • 研究講演
    Health risk assessemnt of air pollutants: Air pollutant genotoxicity and its enhancement on suppression of phase II drug-metabolizing enzymes
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : International Symposium on Genotoxic and Carcinogenic Thresholds (2011)
    予稿集名 : Abstract, 28
  • 研究発表
    国内5地点で採取した都市大気浮遊粉じんの変異原性
    発表者 : 影山志保, 稲葉洋平, 佐藤陽美, 松本理, 青木康展, 嵐谷奎一, 矢島博文, 中島大介, 後藤純雄
    学会等名称 : 第16回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会 (2010)
    予稿集名 : なし, 9
  • 発表者 : 古濱彩子, 青木康展, 白石寛明
    学会等名称 : 第4回分子科学討論会2010大阪 (2010)
    予稿集名 : 同要旨集 , 1B027
  • 研究発表
    化学物質の体内動態など毒性発現メカニズムを考慮したリスク評価値算出の考え方
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 第51回大気環境学会年会 (2010)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 122
  • 研究発表
    Functional prediction analysis based on global gene expression by using Nrf2 Knockout mouse liver exposed to TCDD
    発表者 : Sato H. (佐藤陽美), Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展), Itoh K., Yamamoto M.
    学会等名称 : 12th Int.Congr.Toxicol. (2010)
    予稿集名 : Toxicol.Lett., 196(Suppl.1):S208
  • 発表者 : Furuhama A.(古濱彩子), Hasunuma K.(蓮沼和夫), Aoki Y.(青木康展), Yoshioka Y., Shiraishi H.(白石寛明)
    学会等名称 : 14th Int.Workshop QSARs Environ.Health Sci. (2010)
    予稿集名 : Abstracts, 40
  • 発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 環境リスク評価ワークショップ「有害大気汚染物質の環境基準・指針値設定ガイドライン策定に向けて」 (2010)
    予稿集名 : なし
  • 研究発表
    室内環境における幼児の1日肺換気量
    発表者 : 河原純子, 田中 千晶, 田中 茂穂, 青木康展, 米元純三
    学会等名称 : 室内環境学会平成22年度学術大会 (2010)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 162-163
  • 研究発表
    In vivo mutagenicity of ambient air in the lungs of gpt delta transgenic mice;A case study in Tsukuba city,Japan
    発表者 : Sato H. (佐藤陽美), Nakajima D.(中島大介), Kageyama S.(影山志保), Sakashita Y. (阪下由香利), Yanagisawa R.(柳澤利枝), Masumura K., Nohmi T., Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 2nd Asian Conf.Environ.Mutagens (2010)
    予稿集名 : Abstracts
  • 研究発表
    大気中の発がん物質のリスク評価 −疫学研究データと動物実験データに基づく評価値の比較−
    発表者 : 松本理, 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第39回大会 (2010)
    予稿集名 : 同要旨集, 152
  • 研究発表
    External validation of ecotoxicity prediction QSAR system,“KAshinhou Tool for Ecotoxicity” (KATE)
    発表者 : Hasunuma K.(蓮沼和夫), Furuhama A.(古濱彩子), Aoki Y.(青木康展), Sugaya Y.(菅谷芳雄), Yoshioka Y., Shiraishi H.(白石寛明)
    学会等名称 : 2nd Korea-Jpn.Symp.Environ.Chem./韓国環境分析学会秋季学術大会 (2010)
    予稿集名 : Abstracts, 249
  • 研究発表
    日本人幼児の1日肺換気量
    発表者 : 河原純子, 田中 千晶, 田中 茂穂, 青木康展, 米元純三
    学会等名称 : 日本リスク研究学会第23回年次大会 (2010)
    予稿集名 : 同講演論文集
  • 研究発表
    大気中の粒子状物質抽出物がgpt deltaマウス肺中に示す変異原性;2009年つくば市内,1989年バンコク市内の試料について
    発表者 : 青木康展, 佐藤陽美, 中島大介, 影山志保, 阪下由香利, 柳澤利枝, 後藤純雄, 松下秀鶴, 増村健一
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第39回大会 (2010)
    予稿集名 : 同要旨集, 131
  • 研究発表
    ディーゼルナノ粒子長期曝露によりgpt deltaマウス肺・肝臓に誘導される突然変異
    発表者 : 佐藤陽美, 阪下由香利, 増村健一, 古山昭子, 平野靖史郎, 能美健彦, 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第38回大会 (2010)
    予稿集名 : 同要旨集, 132
  • 発表者 : 古濱彩子, 青木康展, 白石寛明
    学会等名称 : 第3回分子科学討論会 (2009)
    予稿集名 : 同要旨集, 1P097
  • 発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 10th Int.Conf.Environ.Mutagens(ICEM) (2009)
    予稿集名 : Abstracts, 70
  • 研究講演
    遺伝子導入動物を用いた変異原物質の検出
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 長浜バイオ大学 バイオサイエンス学部「生理活性物質概論」講義 (2009)
    予稿集名 : なし
  • 発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(橋本顯子), Matsumoto M.(松本理), Sugawara Y., Goto S., Masumura K., Nohmi T.
    学会等名称 : CCT Meet.PPTOXII: Role of Environmental Stressors in the Developmental Origins of Disease (2009)
    予稿集名 : Abstracts, VI.15
  • 研究発表
    有害大気汚染物質に関わる大気環境基準(指針値)設定におけるリスク評価
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 日本リスク研究学会 第22回年次大会 (2009)
    予稿集名 : 同講演論文集, 22:327-328
  • 研究発表
    化学物質のがん原性試験とin vivo mutagenicity試験結果の相関性
    発表者 : 青木康展, 松本理
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第38回大会 (2009)
    予稿集名 : 同要旨集, 155
  • 研究発表
    In vivo mutagenesis induced by the air pollutants in the testis of gpt delta transgenic mice
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(橋本顯子), Amanuma K.(天沼喜美子), Matsumoto M.(松本理), Masumura K., Nohmi T.
    学会等名称 : 21st Cent.Adv.Mol.Toxicol.Environ.Chem.Pathog.Dis. (2009)
    予稿集名 : Abstracts, 173
  • 研究発表
    Assessment of in vivo mutagenesis induced by environmental chemicals using transgenic animals for detecting mutagens
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 2nd Int.Conf.Environ.Health Sci. (2009)
    予稿集名 : Speaker's Presentation Materials, 189-196
  • 研究講演
    毒性発現メカニズムの解明と検出手法開発の課題
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 科学技術振興機構(JST)研究開発センター(CRDS) 2008年 科学技術未来戦略ワークショップ (2008)
    予稿集名 : なし
  • 研究講演
    環境リスク評価へのバイオテクノロジーの貢献
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 第36回北陸大学術フロンティア特別講演会北陸大院セミナー (2008)
    予稿集名 : なし
  • 研究発表
    PBTA-6とベンゾ[a]ピレンがrpsL遺伝子導入ゼブラフッシュのエラと肝膵臓で示す変異原性
    発表者 : 天沼喜美子, 刀根英, 長屋雅人, 松本理, 渡辺徹志, 若林敬二, 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第37回大会 (2008)
    予稿集名 : 同予稿集, 133
  • 研究発表
    In vivo mutagenesis induced in the testis of gpt delta transgenic mice by inhalation of diesel exhuast
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(橋本顯子), Amanuma K.(天沼喜美子), Masumura K., Nohmi T.
    学会等名称 : Gordon Res.Conf.Mech.Toxicity (2008)
    予稿集名 : -
  • 研究発表
    遺伝子組換え赤色蛍光ゼブラフィッシュの検出方法と生物多様性に及ぼす影響
    発表者 : 天沼喜美子, 中嶋信美, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第128年会 (2008)
    予稿集名 : 同要旨集, (3)
  • 発表者 : 古濱彩子, 青木康展, 白石寛明
    学会等名称 : 第36回構造活性相関シンポジウム (2008)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 61-62
  • 研究発表
    化学物質の健康リスク評価における動物実験データの有用性に関する検討
    発表者 : 松本理, 松本幸雄, 青木康展
    学会等名称 : 日本リスク研究学会 第21回年次大会 (2008)
    予稿集名 : 同講演論文集, 21:195-200
  • 研究発表
    Risk assessment of chlorinated organic compounds using immortalized rat hepatocytes and toxicological information
    発表者 : Tanno K.(*1), Minota S.(*1), Aoki Y.(青木康展), Yonemoto J.(米元純三), Sone H(曽根秀子)
    学会等名称 : 27th Int.Symp.Halogenat.Persistent Org.Pollut.-DIOXIN 2007(Poster Session) (2007)
    予稿集名 : Organohalogen Compd., 69
  • 研究発表
    Spectra of wateborne Benzo [a] pyrene-induced mutations in the gill and hepatopancreas of rpsL transgenic zebrafish
    発表者 : Amanuma K.(天沼喜美子), Tone S.(*1), Nagaya M., Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 11th Int.Congr.Toxicol.(Poster Session) (2007)
    予稿集名 : Abstracts
  • 研究発表
    ベンゾ[a]ピレン曝露したrpsLトランスジェニックゼブラフィッシュのエラと膵肝臓に誘発される突然変異の特徴
    発表者 : 天沼喜美子, 長屋雅人, 刀祢英, 太田宗宏, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第127年会 (2007)
    予稿集名 : 同要旨集, (2)
  • 研究発表
    rpsLトランスジェニックゼブラフィッシュを用いた6価クロムの変異原性検出
    発表者 : 山田智佐子, 天沼喜美子, 平野靖史郎, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第127年会 (2007)
    予稿集名 : 同要旨集, (2)
  • 研究発表
    2,3,7,8-四塩素化ジベンゾ-p-ジオキシン(TCDD)を投与したNrf2ノックアウトマウスの肝臓における網羅的遺伝子発現解析
    発表者 : 松本理, 佐藤陽美, 伊東健, 山本雅之, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第127年会 (2007)
    予稿集名 : 同要旨集
  • 研究発表
    rpsLトランスジェニックゼブラフィッシュを用いた7,12-Dimethylbenz[a]anthracene (DMBA)の変異原性検出
    発表者 : 並松三保子, 天沼喜美子, 松本理, 中杉修身, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第127年会 (2007)
    予稿集名 : 同要旨集
  • 研究発表
    Comprehensive gene expression analysis in male Nrf2KO mice treated with 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin(TCDD)
    発表者 : Sato H.(*1), Matsumoto M.(松本理), Itoh K.(*2), Yamamoto, M.(*2), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : SOT.46th Annu.Meet. (2007)
    予稿集名 : Abstracts(CD-ROM)
  • 研究発表
    In vivo mutations by 3,6-dinitrobenzo[e]pyrene instilled into the lung of gpt delta transgenic mice
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Takano H.(高野裕久), Amanuma K.(天沼喜美子), Yanagisawa R.(柳澤利枝), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 1st Asian Conf.Environ.Mutagens/36th Annu.Meet.Jpn.Environ.Mutagen Soc.(Poster Session) (2007)
    予稿集名 : Program & Abstracts
  • 研究発表
    金魚を用いたphenylbenzotriazole-6(PBTA-6)の変異原性の評価
    発表者 : 出口雄也, 豊泉友康, 増田修一, 木苗直秀, 渡辺徹志, 天沼喜美子, 青木康展, 戸塚ゆ加里, 若林敬二
    学会等名称 : 第12回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会 (2006)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 研究発表
    宇宙放射線がゼブラフィッシュ体内の突然変異発生に及ぼす影響
    発表者 : 太田宗宏, 天沼喜美子, 鈴木雅雄, 阿部知子, 谷田貝文夫, 内田智子, 松本理, 青木康展
    学会等名称 : 第12回小型魚類研究会 (2006)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 研究発表
    べンチマークドース法を用いた1,2-ジクロロエタンの吸入曝露による発がんユニットリスクの算出
    発表者 : 松本理, 松本幸雄, 青木康展
    学会等名称 : 第47回大気環境学会年会 (2006)
    予稿集名 : 同講演要旨集(CD-ROM)
  • 研究発表
    ダイオキシン類ならびにPCBに関する新たな毒性評価の必要性−ダイオキシン類はPCB代謝物よりも毒性が高い?−
    発表者 : 青木康展, 宮崎航, 岩崎俊晴, 天野出月, 六反田奈和, 長岡りん, 竹下彰, 鯉渕典之
    学会等名称 : 日本生理学会大会第83回 (2006)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 研究発表
    Detection of benzo[a]pyrene-induced mutations in gill and hepatopancreas of adult rpsL transgenic zebrafish
    発表者 : Amanuma K.(天沼喜美子), Nagaya M., Tone S., Yamada C., Namimatsu M., Ohta M., Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第35回大会 (2006)
    予稿集名 : 同プログラム・要旨集
  • 研究発表
    Evaluation of mutagenic activity of PBTA-6 using fish and rat
    発表者 : Deguchi Y., Toyoizumi T., Masuda S., Amanuma K.(天沼喜美子), Aoki Y.(青木康展), Watanabe T., Totsuka Y., Wakabayashi K., Kinae N.
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第35回大会 (2006)
    予稿集名 : 同プログラム・要旨集
  • 研究発表
    PBTA-6の薬物代謝酵素系に及ぼす影響
    発表者 : 出口雄也, 豊泉友康, 増田修一, 天沼喜美子, 青木康展, 渡辺徹志, 戸塚ゆ加里, 若林敬二, 木苗直秀
    学会等名称 : 平成18年度日本水環境学会中部支部学術集会 (2006)
    予稿集名 : 同要旨集
  • 研究発表
    大気中粒子の気道への沈着量予測と健康リスク評価への応用
    発表者 : 丸山若重, 平野靖史郎, 古山昭子, 青木康展, 小林隆弘
    学会等名称 : 第46回大気環境学会年会 (2005)
    予稿集名 : 同講演要旨集
  • 研究発表
    PBPKモデルと肝臓での結節形成実験を用いたダイオキシンの定量的リスク評価
    発表者 : 丸山若重, 青木康展
    学会等名称 : 日本内分泌攪乱化学物質学会 第8回研究発表会 (2005)
    予稿集名 : 同研究発表会要旨集
  • 研究発表
    N-methyl-N'-nitro-N-nitorosoguanidine-induced mutations in adults and embryos of RPSL transgenic zebrafish
    発表者 : Amanuma K.(天沼喜美子), Nakamura T., Nagaya M., Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 9th Int.Conf.Environ.Mutagens/36th Annu.Meet.Environ.Mutagen Soc. (2005)
    予稿集名 : Abstracts
  • 研究発表
    Development of in vivo mutagenicity assay system using rpsL transgenic zebrafish for monitoring environmental mutagens
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Amanuma K.(天沼喜美子)
    学会等名称 : 9th Int.Conf.Environ.Mutagens/36th Annu.Meet.Environ.Mutagen Soc. (2005)
    予稿集名 : Abstracts
  • 研究発表
    In vivo mutagebusuty of diesel exhaust and its components,benzo[a]Pyrene and 1,6-dinitripyrene,in the lungs of gpt delta mice
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(橋本顯子), Amanuma K.(天沼喜美子), Hiyoshi K.(*1), Yanagisawa R.(柳澤利枝), Takano H.(高野裕久), Masumura K.(*2), Nohmi T.(*2)
    学会等名称 : 9th Int.Conf.Environ.Mutagens/36th Annu.Meet.Environ.Mutagen Soc. (2005)
    予稿集名 : Abstracts
  • 研究発表
    Mutagenic activity of airborne particles in central metropolition Tokyo over the past 20years
    発表者 : 中島大介, Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 9th Int.Conf.Environ.Mutagens/36th Annu.Meet.Environ.Mutagen Soc. (2005)
    予稿集名 : Abstracts
  • 研究発表
    Alterations in gene expression by 2378-tetrachloro-p-dibenzodioxin (TCDD) in livers of Nrf2 knockout mice
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : Soc.Toxicol.44th Annu.Meet. (2005)
    予稿集名 : Abstracts(CD-ROM)
  • 研究発表
    Relative potencies of three dioxin congeners based on liver foci formation assay and liver concentrations in rat and human estimated PBPK models
    発表者 : Maruyama W.(丸山若重), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : Soc.Toxicol.44th Annu.Meet. (2005)
    予稿集名 : Abstracts
  • 研究発表
    Enhanced mutagenesis in the lung of Nuf2 knockout gpt delta mice
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(*1), Amanuma K.(天沼喜美子), Matsumoto M.(松本理), Hiyoshi K.(*1), Takano H.(高野裕久), Masumura K.(*1), Itoh K.(*1), Nohmi T.(*1), Yamamoto M.(山元恵)
    学会等名称 : JST-ERATO: yamamoto Environ. Response Proj. Int. Symp. 'Molecular Mechanism of Environmental Response to Food & Oxygen' (2005)
    予稿集名 : Abstracts
  • 研究発表
    食品由来の化学物質の体内運命予測-小児のリスク評価への応用
    発表者 : 丸山若重, 松崎加奈恵, 青木康展
    学会等名称 : 日本リスク研究学会 第18回研究発表会 (2005)
    予稿集名 : 同講演論文集
  • 研究発表
    光るメダカと組換え魚飼育管理の問題
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 平成16年度第2回日本水産学会水産増殖懇話会講演会 (2005)
    予稿集名 : なし
  • 研究発表
    遺伝子導入魚を用いた環境モニタリング手法の開発
    発表者 : 青木康展, 天沼喜美子
    学会等名称 : 環境バイオテクノロジー学会 第22回シンポジウム (2004)
    予稿集名 : 同要旨集
  • 研究発表
    薬物動態モデルと文献データを活用したダイオキシンの人への健康リスク評価
    発表者 : 丸山若重, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第124年会 (2004)
    予稿集名 : 同要旨集CD-ROM
  • 研究発表
    薬物動態モデルと文献データを活用したダイオキシンの人への健康リスク評価
    発表者 : 丸山若重, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第124年会 (2004)
    予稿集名 : 同要旨集(CD-ROM)
  • 研究発表
    Detection of N-methyl-N'-nitro-N-nitrosoguanidine-induced mutations in gill and hepatopancreas of rpsL transgenic
    発表者 : Amanuma K.(天沼喜美子), Nakamura T., Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : Soc.Toxicol.43rd Annu.Meet. (2004)
    予稿集名 : Toxicologist(CD-ROM), 78
  • 研究発表
    Accelerated DNA adduct formation in lung,nasal mucosa,and liver of rats exposed to urbun air in Kawasaki,Japan
    発表者 : Sato H.(*1), Suzuki K.T.(*1), Sone H.(曽根秀子), Yamano Y.(*2), Kagawa J.(*2), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : Soc.Toxicol.43rd Annu.Meet. (2004)
    予稿集名 : Toxicologist(CD-ROM), 78
  • 研究発表
    遺伝子組替えゼブラフィッシュによる変異原性の評価
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 平成15年度つくば新技術講座 10.化学物質の安全性評価のための新たな技術 (2004)
    予稿集名 : なし
  • 研究発表
    ディーゼル粒子の気管内投与によりgpt deltaマウスの肺に生じた突然変異スペクトルの解析
    発表者 : 橋本顯子, 天沼喜美子, 日吉孝子, 柳澤利枝, 高野裕久, 増村健一, 能美健彦, 青木康展
    学会等名称 : 第33回日本環境変異原学会/第18回日本動物実験代替法学会 合同学術大会 (2004)
    予稿集名 : 同講演要旨集
  • 研究発表
    ダイオキシン類が甲状腺ホルモン受容体を介する転写に及ぼす影響の検討
    発表者 : 宮崎航, 岩崎俊晴, 天野出月, 六反田奈和, 長岡りん, 竹下彰, 黒田洋一郎, 青木康展, 遠山千春, 鯉淵典之
    学会等名称 : 日本内分泌撹乱化学物質学会 第7回研究発表会 (2004)
    予稿集名 : 同研究発表会要旨集
  • 研究発表
    ダイオキシン同族体によるラット肝臓結節形成とリスク評価への応用
    発表者 : 丸山若重, 青木康展
    学会等名称 : フォーラム2004:衛生薬学・環境トキシコロジー (2004)
    予稿集名 : 同講演要旨集
  • 研究発表
    B[a]Pを気管内投与したNrf2ノックアウトgpt deltaマウスの肺中に生じた突然変異スペクトルの解析
    発表者 : 橋本顯子, 天沼喜美子, 松本理, 日吉孝子, 高野裕久, 増村健一, 伊東健, 能美健彦, 山本雅之, 青木康展
    学会等名称 : フォーラム2004:衛生薬学・環境トキシコロジー (2004)
    予稿集名 : 同講演要旨集
  • 研究発表
    大気中の化学物質の複合曝露による発がんリスクの評価
    発表者 : 松本理, 丸山若重, 平野靖史郎, 青木康展, 松本幸雄, 金再奎, 中杉修身
    学会等名称 : 第44回大気環境学会年会 (2003)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 614
  • 研究発表
    Increased susceptibility of Nrf2 knockout mice to diesel exhaust-acceleratedDNA adduct formation in the lung and mutagenicity(Poster session)
    発表者 : 西村典子, Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : JBS Bio-Front.Symp.2003 (2003)
    予稿集名 : -
  • 研究発表
    環境から曝露される化学物質の生体影響評価-変異原物質を例として-
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 平成15年度日本環境変異原学会公開シンポジウム「生活環境中の化学物質のリスクをどう評価するか」 (2003)
    予稿集名 : 同要旨集, 10-11
  • 研究発表
    gpt deltaトランスジェニックマウスを用いたBenzo(a)pyreneの気管内投与による突然変異の解析
    発表者 : 橋本顯子, 天沼喜美子, 日吉孝子, 高野裕久, 増村健一, 能美健彦, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第123年会 (2003)
    予稿集名 : 同要旨集, 184
  • 研究発表
    化学物質の複合曝露による発がんリスクの評価方法に関する検討
    発表者 : 松本理, 丸山若重, 平野靖史郎, 青木康展, 中杉修身
    学会等名称 : 日本リスク研究学会 第16回研究発表会 (2003)
    予稿集名 : 同講演論文集, 16:277-282
  • 研究発表
    トランスジェニックゼブラフィッシュの成魚を用いた変異原性の検出-MNNGはエラと膵肝臓に突然変異を誘発する-
    発表者 : 天沼喜美子, 三木佳子, 中村卓, 橋本顯子, 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第32回大会 (2003)
    予稿集名 : 同プログラム・要旨集, 113
  • 研究発表
    アクリジンマスタードICR-191を曝露したトランスジェニックゼブラフィッシュの胚と成魚における変異原性の検出
    発表者 : 中村卓, 天沼喜美子, 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第32回大会 (2003)
    予稿集名 : 同プログラム・要旨集, 112
  • 研究発表
    Benzo[a]pyreneおよび1,6-dinitropyrene投与gpt deltaトランスジェニックマウスの肺に生じた突然変異スペクトルの解析
    発表者 : 橋本顯子, 天沼喜美子, 日吉孝子, 高野裕久, 増村健一, 能美健彦, 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第32回大会 (2003)
    予稿集名 : 同プログラム・要旨集, 79
  • 研究発表
    ディーゼル曝露gpt deltaトランスジェニックマウスの肺に生じた突然変異スペクトルの解析
    発表者 : 橋本顯子, 天沼喜美子, 田村憲治, 増村健一, 能美健彦, 青木康展
    学会等名称 : フォーラム2003:衛生薬学・環境トキシコロジー (2003)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 122
  • rpsLトランスジェニックゼブラフィッシュによる変異原性と発生異常の検出 N-methyl-N'-nitrosoguanidine(MNNG)を用いた検討
    発表者 : 天沼喜美子, 三木佳子, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会第122年会 (2002)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 3
  • 低分子量Gタンパク質RhoAの発現に対するダイオキシン類の影響
    発表者 : 高永博美(*1), 足立達美(*2), 国本学(*1), 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会第122年会 (2002)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 3
  • ディーゼル排気が実験動物肺で示す変異原性
    発表者 : 青木康展, 佐藤陽美(*1), 嵯峨井勝(*2), 鈴木和夫(*1)
    学会等名称 : 日本薬学会第122年会 (2002)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 1
  • ディーゼル排気ガスの角膜への影響
    発表者 : 小野瀬淳一(*1), 佐藤陽美(*1), 豊田英尚(*1), 戸井田敏彦(*1), 高橋良樹(*2), 秋葉清(*2), 江連洋治(*2), 青木康展, 今成登志男(*1)
    学会等名称 : 日本薬学会第122年会 (2002)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 3
  • 研究発表
    TCDD曝露によるホルツマンラット胎盤の低酸素状態マーカータンパクの誘導
    発表者 : 石村隆太, 川上隆茂, 大迫誠一郎, 青木康展, 遠山千春
    学会等名称 : 日本内分泌撹乱化学物質学会 第5回研究発表会 (2002)
    予稿集名 : 同研究発表会要旨集, 318
  • 研究発表
    母乳由来ダイオキシンの乳児体内組織への蓄積と健康リスク評価
    発表者 : 丸山若重, 青木康展
    学会等名称 : 日本内分泌撹乱化学物質学会 第5回研究発表会 (2002)
    予稿集名 : 同研究発表会要旨集, 56
  • 研究発表
    rpsLトランスジェニックゼブラフィッシュ胚を用いた変異原性の検出-MNNG,AF2による突然変異の解析と形態異常-
    発表者 : 天沼喜美子, 刀祢英, 三木佳子, 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第31回大会 (2002)
    予稿集名 : 同要旨集, 70
  • 研究発表
    TCDDに曝露した胎盤における低酸素状態マーカータンパク質の誘導
    発表者 : 石村隆太, 大迫誠一郎, 川上隆茂, 青木康展, 遠山千春
    学会等名称 : 第75回日本生化学会大会 (2002)
    予稿集名 : 生化学, 74(8)(8):189
  • 研究発表
    加齢に伴う熱ショックタンパク質遺伝子の誘導発現能のF344ラット亜系統差
    発表者 : 高橋良哉, 豊田恵美, 青木康展, 鈴木和夫, 後藤佐多良
    学会等名称 : 第75回日本生化学会大会 (2002)
    予稿集名 : 同抄録集, 74(8)(8):966
  • 研究発表
    ディーゼル排気を曝露したNrf2ノックアウトマウス肺中におけるDNA付加体生成の促進
    発表者 : 青木康展, 佐藤陽美, 西村典子, 高橋智, 伊東健, 山本雅之
    学会等名称 : フォーラム2002:衛生薬学・環境トキシコロジー (2002)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 45
  • 研究発表
    薬物動態モデルの環境中化学物質リスク評価への応用
    発表者 : 丸山若重, 青木康展
    学会等名称 : フォーラム2002:衛生薬学・環境トキシコロジー (2002)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 73
  • 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin(TCDD) affects glucose kinetics in rat placenta
    発表者 : Ishimura R.(石村隆太), Kawakami T.(Kawakami T.), Aoki Y.(青木康展), Yonemoto J.(米元純三), Tohyama C.(遠山千春), Ohsako S.(大迫誠一郎)
    学会等名称 : 21st Int.Symp.Halogenat.Environ.Org.Pollut.& POPs (2001)
    予稿集名 : Organohalogen Compd., 53
  • Coplanar polychrolinated biphenyl(co-PCB) affects steroidgenic enzyme mRNA expression in the neonatal mouse testis in vitro
    発表者 : Fukuzawa N.H.(*1)(Fukuzawa N.H.(*1)), Nagano R.(*2)(Nagano R.(*2)), Baba T.(*1)(Baba T.(*1)), Aoki Y.(青木康展), Tohyama C.(遠山千春), Ohsako S.(大迫誠一郎)
    学会等名称 : 21st Int.Symp.Halogenat.Environ.Org.Pollut.& POPs (2001)
    予稿集名 : Organohalogen Compd., 53
  • Detection and characterization of TCDD-inducible protein(HSP27) in the rat placenta
    発表者 : Ishimura R.(石村隆太), Ohsako S.(大迫誠一郎), Aoki Y.(青木康展), Tohyama C.(遠山千春)
    学会等名称 : Endocr.Soc.83rd Annu.Meet. (2001)
    予稿集名 : Abstracts
  • 3,3',4,4',5-pentachlorobiphenylのマウス新生仔精巣の器官培養系におけるステロイド合成酵素mRNA発現への影響
    発表者 : 福澤徳穂(*1), 永野麗子(*2), 馬場忠(*1), 青木康展, 遠山千春, 大迫誠一郎
    学会等名称 : 第4回日本外因性内分泌撹乱化学物質学会 (2001)
    予稿集名 : 同研究発表会要旨集
  • TCDD投与による妊娠ラット血中キニノーゲン分子種の変化
    発表者 : 青木康展, 川上隆茂, 大迫誠一郎, 石村隆太, 遠山千春
    学会等名称 : 日本内分泌攪乱化学物質学会第4回発表会 (2001)
    予稿集名 : 同要旨集
  • 低用量のダイオキシンを投与したラット肝臓における抗酸化応答遺伝子metallothioneinとhemeoxygenase-1の発現と酸化ストレスマーカーの誘導
    発表者 : 青木康展, 佐藤己喜夫(*1), 西村典子, 鈴木純子, 石村隆太, 松崎靖司(*1), 遠山千春
    学会等名称 : メタロネチオネイン2001 (2001)
    予稿集名 : 同講演要旨集
  • ダイオキシンによるラット肝メタロチオネインの誘導
    発表者 : 西村典子, 鈴木純子, 宮原裕一, 佐藤雅彦, 佐藤巳喜夫(*1), 米元純三, 青木康展, 遠山千春
    学会等名称 : メタロチオネイン2001 (2001)
    予稿集名 : 同講演要旨集
  • 低用量のダイオキシンを投与したラット肝臓における抗酸化応答遺伝子metallothionein(MT)とheme oxygenase-1(HO-1)の発現と酸化ストレスマーカーの誘導
    発表者 : 青木康展, 佐藤巳喜夫(*1), 西村典子, 鈴木純子, 石村隆太, 松崎靖司, 遠山千春
    学会等名称 : 第74回日本生化学会大会 (2001)
    予稿集名 : 生化学, 73(8)
  • Detection of mutations caused by compounds in aquatic environments using rpsL transgenic zebrafish
    発表者 : Amanuma K.(天沼喜美子), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 8th Int.Conf.Environ.Mutagens (2001)
    予稿集名 : Mutation Res., 483(Suppl.1)
  • Mutational spectra of chemical agent-induced mutations in the embryos of rpsL transgenic zebrafish
    発表者 : Tone S.(*1), Amanuma K.(天沼喜美子), Saito H.(*1), Sigeoka T.(*1), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 8th Int.Conf.Environ.Mutagens (2001)
    予稿集名 : Mutation Res., 483(Suppl.1)
  • Induction of cytochrome P450 1B1 in lung,liver,and kindney of rats exposed to diesel exhaust
    発表者 : Yokoi T.(*1), Hatanaka N.(*1), Kizu R.(*1), Hayakawa K., Aoki Y.(青木康展), Nakajima M.(中嶋美冬), Yamazaki H.
    学会等名称 : 8th Int.Conf.Environ.Mutagens (2001)
    予稿集名 : Mutation Res., 483(Suppl.1)
  • Decrease of androgen sensitivity in the ventral prostate of male rats exposed maternally to 2,3,7,8-tetrachlorodebenzo-p-dioxin(TCDD)
    発表者 : Ohsako S.(大迫誠一郎), Ishimura R.(石村隆太), Aoki Y.(青木康展), Tohyama C.(遠山千春), Yonemoto J.(米元純三)
    学会等名称 : 20th Int.Symp.Halogenat.Environ.Org.Pollut.& POPs (2000)
    予稿集名 : Organohalogen Compd., 49
  • マウス新生仔精巣の器官倍養系におけるco-PCBの生殖細胞分化能への影響
    発表者 : 福澤徳穂, 石村隆太, 松本理, 青木康展, 遠山千春, 大迫誠一郎
    学会等名称 : 日本内分泌攪乱化学物質学会第3回研究発表会 (2000)
    予稿集名 : 同講演要旨集
  • 発表者 : 河原純子, 今泉圭隆, 黒田啓介, 青木康展, 鈴木規之
    学会等名称 : 2016年度 第29回日本リスク研究学会年次大会 (2016)
    予稿集名 : 同論文集
  • 発表者 : Furuhama A.(古濱彩子), Hasunuma K.(蓮沼和夫), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 8th International Symposium on Computational Methods in Toxicology and Pharmacology Integrating Internet Resources (CMTPI-2015) (2015)
    予稿集名 : Abstracts, 35
  • 都市大気浮遊粒子抽出物がgpt deltaマウス肺で示す変異原性と突然変異スペクトル
    発表者 : 青木康展, 中島大介, 松本みちよ, 松本理, 柳澤利枝, 後藤純雄, 増村健一, 能美健彦
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第44回大会 (2015)
    予稿集名 : 同予稿集, 137
  • Mutyh遺伝子欠損マウスを用いた酸化ストレス誘発消化管がんの解析
    発表者 : 大野みずき, 鷹野典子, 佐々木史子, 田口健一, 中別府雄作, 青木康展, 能美健彦, 中津可道, 續輝久
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第43回大会 (2014)
    予稿集名 : 同予稿集, 88
  • CONCENTRATIONS OF PAHs, O-PAHs AND PASHs IN TOTAL SUSPENDED PARTICULATE AND GASEOUS PHASE IN JAPAN
    発表者 : Yagishita M., Kageyama S., Shiraishi F.(白石不二雄), Terasaki M., Aoki Y.(青木康展), Wang Q., Ohshima S., Goto S., Nakajima D.(中島大介)
    学会等名称 : 2013 International Symposium of Polycyclic Aromatic Compounds (2013)
    予稿集名 : Abstracts
  • 事故以前の被ばく線量分布に基づくリスク管理目標設定に関する考察
    発表者 : 鈴木規之, 滝上英孝, 松橋啓介, 青木康展
    学会等名称 : 環境放射能除染研究発表会第2回 (2013)
    予稿集名 : 同要旨集, 81
  • In Vivo Mutagenicity of Arsenic
    発表者 : Takumi S., Aoki Y.(青木康展), Nohara K.(野原恵子)
    学会等名称 : NIES Arsenic Workshop 2013 (2013)
    予稿集名 : Abstracts, 17
  • 発表者 : Furuhama A.(古濱彩子), Aoki Y.(青木康展), Shiraishi H.(白石寛明)
    学会等名称 : The 15th International Workshop on Quantitative Structure-Activity Relationships (QSAR2012) in Environmental and Health Sciences (2012)
    予稿集名 : Abstracts, 62
  • 発表者 : 古濱彩子, 青木康展, 白石寛明
    学会等名称 : 構造活性相関シンポジウム第40回 (2012)
    予稿集名 : 同予稿集, 42-43
  • 化学物質の複合曝露によるリスク評価への発がん性試験とtransgenic rodent変異原性試験の活用
    発表者 : 青木康展, 松本理, 中島大介
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第41回 (2012)
    予稿集名 : 同予稿集, 158
  • 発表者 : 古濱彩子, 青木康展, 白石寛明
    学会等名称 : 第4回分子科学討論会2010大阪 (2010)
    予稿集名 : 同要旨集 , 1B027
  • 化学物質の体内動態など毒性発現メカニズムを考慮したリスク評価値算出の考え方
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 第51回大気環境学会年会 (2010)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 122
  • Functional prediction analysis based on global gene expression by using Nrf2 Knockout mouse liver exposed to TCDD
    発表者 : Sato H. (佐藤陽美), Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展), Itoh K., Yamamoto M.
    学会等名称 : 12th Int.Congr.Toxicol. (2010)
    予稿集名 : Toxicol.Lett., 196(Suppl.1):S208
  • 室内環境における幼児の1日肺換気量
    発表者 : 河原純子, 田中 千晶, 田中 茂穂, 青木康展, 米元純三
    学会等名称 : 室内環境学会平成22年度学術大会 (2010)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 162-163
  • In vivo mutagenicity of ambient air in the lungs of gpt delta transgenic mice;A case study in Tsukuba city,Japan
    発表者 : Sato H. (佐藤陽美), Nakajima D.(中島大介), Kageyama S.(影山志保), Sakashita Y. (阪下由香利), Yanagisawa R.(柳澤利枝), Masumura K., Nohmi T., Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 2nd Asian Conf.Environ.Mutagens (2010)
    予稿集名 : Abstracts
  • 日本人幼児の1日肺換気量
    発表者 : 河原純子, 田中 千晶, 田中 茂穂, 青木康展, 米元純三
    学会等名称 : 日本リスク研究学会第23回年次大会 (2010)
    予稿集名 : 同講演論文集
  • ディーゼルナノ粒子長期曝露によりgpt deltaマウス肺・肝臓に誘導される突然変異
    発表者 : 佐藤陽美, 阪下由香利, 増村健一, 古山昭子, 平野靖史郎, 能美健彦, 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第38回大会 (2010)
    予稿集名 : 同要旨集, 132
  • 発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 10th Int.Conf.Environ.Mutagens(ICEM) (2009)
    予稿集名 : Abstracts, 70
  • 有害大気汚染物質に関わる大気環境基準(指針値)設定におけるリスク評価
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 日本リスク研究学会 第22回年次大会 (2009)
    予稿集名 : 同講演論文集, 22:327-328
  • Assessment of in vivo mutagenesis induced by environmental chemicals using transgenic animals for detecting mutagens
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 2nd Int.Conf.Environ.Health Sci. (2009)
    予稿集名 : Speaker's Presentation Materials, 189-196
  • In vivo mutagenesis induced in the testis of gpt delta transgenic mice by inhalation of diesel exhuast
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(橋本顯子), Amanuma K.(天沼喜美子), Masumura K., Nohmi T.
    学会等名称 : Gordon Res.Conf.Mech.Toxicity (2008)
    予稿集名 : -
  • 化学物質の健康リスク評価における動物実験データの有用性に関する検討
    発表者 : 松本理, 松本幸雄, 青木康展
    学会等名称 : 日本リスク研究学会 第21回年次大会 (2008)
    予稿集名 : 同講演論文集, 21:195-200
  • Risk assessment of chlorinated organic compounds using immortalized rat hepatocytes and toxicological information
    発表者 : Tanno K.(*1), Minota S.(*1), Aoki Y.(青木康展), Yonemoto J.(米元純三), Sone H(曽根秀子)
    学会等名称 : 27th Int.Symp.Halogenat.Persistent Org.Pollut.-DIOXIN 2007(Poster Session) (2007)
    予稿集名 : Organohalogen Compd., 69
  • Spectra of wateborne Benzo [a] pyrene-induced mutations in the gill and hepatopancreas of rpsL transgenic zebrafish
    発表者 : Amanuma K.(天沼喜美子), Tone S.(*1), Nagaya M., Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 11th Int.Congr.Toxicol.(Poster Session) (2007)
    予稿集名 : Abstracts
  • Comprehensive gene expression analysis in male Nrf2KO mice treated with 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin(TCDD)
    発表者 : Sato H.(*1), Matsumoto M.(松本理), Itoh K.(*2), Yamamoto, M.(*2), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : SOT.46th Annu.Meet. (2007)
    予稿集名 : Abstracts(CD-ROM)
  • In vivo mutations by 3,6-dinitrobenzo[e]pyrene instilled into the lung of gpt delta transgenic mice
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Takano H.(高野裕久), Amanuma K.(天沼喜美子), Yanagisawa R.(柳澤利枝), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 1st Asian Conf.Environ.Mutagens/36th Annu.Meet.Jpn.Environ.Mutagen Soc.(Poster Session) (2007)
    予稿集名 : Program & Abstracts
  • 金魚を用いたphenylbenzotriazole-6(PBTA-6)の変異原性の評価
    発表者 : 出口雄也, 豊泉友康, 増田修一, 木苗直秀, 渡辺徹志, 天沼喜美子, 青木康展, 戸塚ゆ加里, 若林敬二
    学会等名称 : 第12回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会 (2006)
    予稿集名 : 同予稿集
  • ダイオキシン類ならびにPCBに関する新たな毒性評価の必要性−ダイオキシン類はPCB代謝物よりも毒性が高い?−
    発表者 : 青木康展, 宮崎航, 岩崎俊晴, 天野出月, 六反田奈和, 長岡りん, 竹下彰, 鯉渕典之
    学会等名称 : 日本生理学会大会第83回 (2006)
    予稿集名 : 同予稿集
  • Evaluation of mutagenic activity of PBTA-6 using fish and rat
    発表者 : Deguchi Y., Toyoizumi T., Masuda S., Amanuma K.(天沼喜美子), Aoki Y.(青木康展), Watanabe T., Totsuka Y., Wakabayashi K., Kinae N.
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第35回大会 (2006)
    予稿集名 : 同プログラム・要旨集
  • PBTA-6の薬物代謝酵素系に及ぼす影響
    発表者 : 出口雄也, 豊泉友康, 増田修一, 天沼喜美子, 青木康展, 渡辺徹志, 戸塚ゆ加里, 若林敬二, 木苗直秀
    学会等名称 : 平成18年度日本水環境学会中部支部学術集会 (2006)
    予稿集名 : 同要旨集
  • 大気中粒子の気道への沈着量予測と健康リスク評価への応用
    発表者 : 丸山若重, 平野靖史郎, 古山昭子, 青木康展, 小林隆弘
    学会等名称 : 第46回大気環境学会年会 (2005)
    予稿集名 : 同講演要旨集
  • PBPKモデルと肝臓での結節形成実験を用いたダイオキシンの定量的リスク評価
    発表者 : 丸山若重, 青木康展
    学会等名称 : 日本内分泌攪乱化学物質学会 第8回研究発表会 (2005)
    予稿集名 : 同研究発表会要旨集
  • N-methyl-N'-nitro-N-nitorosoguanidine-induced mutations in adults and embryos of RPSL transgenic zebrafish
    発表者 : Amanuma K.(天沼喜美子), Nakamura T., Nagaya M., Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 9th Int.Conf.Environ.Mutagens/36th Annu.Meet.Environ.Mutagen Soc. (2005)
    予稿集名 : Abstracts
  • Development of in vivo mutagenicity assay system using rpsL transgenic zebrafish for monitoring environmental mutagens
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Amanuma K.(天沼喜美子)
    学会等名称 : 9th Int.Conf.Environ.Mutagens/36th Annu.Meet.Environ.Mutagen Soc. (2005)
    予稿集名 : Abstracts
  • In vivo mutagebusuty of diesel exhaust and its components,benzo[a]Pyrene and 1,6-dinitripyrene,in the lungs of gpt delta mice
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(橋本顯子), Amanuma K.(天沼喜美子), Hiyoshi K.(*1), Yanagisawa R.(柳澤利枝), Takano H.(高野裕久), Masumura K.(*2), Nohmi T.(*2)
    学会等名称 : 9th Int.Conf.Environ.Mutagens/36th Annu.Meet.Environ.Mutagen Soc. (2005)
    予稿集名 : Abstracts
  • Mutagenic activity of airborne particles in central metropolition Tokyo over the past 20years
    発表者 : 中島大介, Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 9th Int.Conf.Environ.Mutagens/36th Annu.Meet.Environ.Mutagen Soc. (2005)
    予稿集名 : Abstracts
  • Alterations in gene expression by 2378-tetrachloro-p-dibenzodioxin (TCDD) in livers of Nrf2 knockout mice
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : Soc.Toxicol.44th Annu.Meet. (2005)
    予稿集名 : Abstracts(CD-ROM)
  • Relative potencies of three dioxin congeners based on liver foci formation assay and liver concentrations in rat and human estimated PBPK models
    発表者 : Maruyama W.(丸山若重), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : Soc.Toxicol.44th Annu.Meet. (2005)
    予稿集名 : Abstracts
  • Enhanced mutagenesis in the lung of Nuf2 knockout gpt delta mice
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(*1), Amanuma K.(天沼喜美子), Matsumoto M.(松本理), Hiyoshi K.(*1), Takano H.(高野裕久), Masumura K.(*1), Itoh K.(*1), Nohmi T.(*1), Yamamoto M.(山元恵)
    学会等名称 : JST-ERATO: yamamoto Environ. Response Proj. Int. Symp. 'Molecular Mechanism of Environmental Response to Food & Oxygen' (2005)
    予稿集名 : Abstracts
  • 食品由来の化学物質の体内運命予測-小児のリスク評価への応用
    発表者 : 丸山若重, 松崎加奈恵, 青木康展
    学会等名称 : 日本リスク研究学会 第18回研究発表会 (2005)
    予稿集名 : 同講演論文集
  • 光るメダカと組換え魚飼育管理の問題
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 平成16年度第2回日本水産学会水産増殖懇話会講演会 (2005)
    予稿集名 : なし
  • 遺伝子導入魚を用いた環境モニタリング手法の開発
    発表者 : 青木康展, 天沼喜美子
    学会等名称 : 環境バイオテクノロジー学会 第22回シンポジウム (2004)
    予稿集名 : 同要旨集
  • 薬物動態モデルと文献データを活用したダイオキシンの人への健康リスク評価
    発表者 : 丸山若重, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第124年会 (2004)
    予稿集名 : 同要旨集CD-ROM
  • 薬物動態モデルと文献データを活用したダイオキシンの人への健康リスク評価
    発表者 : 丸山若重, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第124年会 (2004)
    予稿集名 : 同要旨集(CD-ROM)
  • Detection of N-methyl-N'-nitro-N-nitrosoguanidine-induced mutations in gill and hepatopancreas of rpsL transgenic
    発表者 : Amanuma K.(天沼喜美子), Nakamura T., Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : Soc.Toxicol.43rd Annu.Meet. (2004)
    予稿集名 : Toxicologist(CD-ROM), 78
  • Accelerated DNA adduct formation in lung,nasal mucosa,and liver of rats exposed to urbun air in Kawasaki,Japan
    発表者 : Sato H.(*1), Suzuki K.T.(*1), Sone H.(曽根秀子), Yamano Y.(*2), Kagawa J.(*2), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : Soc.Toxicol.43rd Annu.Meet. (2004)
    予稿集名 : Toxicologist(CD-ROM), 78
  • 遺伝子組替えゼブラフィッシュによる変異原性の評価
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 平成15年度つくば新技術講座 10.化学物質の安全性評価のための新たな技術 (2004)
    予稿集名 : なし
  • ダイオキシン類が甲状腺ホルモン受容体を介する転写に及ぼす影響の検討
    発表者 : 宮崎航, 岩崎俊晴, 天野出月, 六反田奈和, 長岡りん, 竹下彰, 黒田洋一郎, 青木康展, 遠山千春, 鯉淵典之
    学会等名称 : 日本内分泌撹乱化学物質学会 第7回研究発表会 (2004)
    予稿集名 : 同研究発表会要旨集
  • ダイオキシン同族体によるラット肝臓結節形成とリスク評価への応用
    発表者 : 丸山若重, 青木康展
    学会等名称 : フォーラム2004:衛生薬学・環境トキシコロジー (2004)
    予稿集名 : 同講演要旨集
  • B[a]Pを気管内投与したNrf2ノックアウトgpt deltaマウスの肺中に生じた突然変異スペクトルの解析
    発表者 : 橋本顯子, 天沼喜美子, 松本理, 日吉孝子, 高野裕久, 増村健一, 伊東健, 能美健彦, 山本雅之, 青木康展
    学会等名称 : フォーラム2004:衛生薬学・環境トキシコロジー (2004)
    予稿集名 : 同講演要旨集
  • 大気中の化学物質の複合曝露による発がんリスクの評価
    発表者 : 松本理, 丸山若重, 平野靖史郎, 青木康展, 松本幸雄, 金再奎, 中杉修身
    学会等名称 : 第44回大気環境学会年会 (2003)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 614
  • Increased susceptibility of Nrf2 knockout mice to diesel exhaust-acceleratedDNA adduct formation in the lung and mutagenicity(Poster session)
    発表者 : 西村典子, Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : JBS Bio-Front.Symp.2003 (2003)
    予稿集名 : -
  • 環境から曝露される化学物質の生体影響評価-変異原物質を例として-
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 平成15年度日本環境変異原学会公開シンポジウム「生活環境中の化学物質のリスクをどう評価するか」 (2003)
    予稿集名 : 同要旨集, 10-11
  • gpt deltaトランスジェニックマウスを用いたBenzo(a)pyreneの気管内投与による突然変異の解析
    発表者 : 橋本顯子, 天沼喜美子, 日吉孝子, 高野裕久, 増村健一, 能美健彦, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第123年会 (2003)
    予稿集名 : 同要旨集, 184
  • 化学物質の複合曝露による発がんリスクの評価方法に関する検討
    発表者 : 松本理, 丸山若重, 平野靖史郎, 青木康展, 中杉修身
    学会等名称 : 日本リスク研究学会 第16回研究発表会 (2003)
    予稿集名 : 同講演論文集, 16:277-282
  • トランスジェニックゼブラフィッシュの成魚を用いた変異原性の検出-MNNGはエラと膵肝臓に突然変異を誘発する-
    発表者 : 天沼喜美子, 三木佳子, 中村卓, 橋本顯子, 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第32回大会 (2003)
    予稿集名 : 同プログラム・要旨集, 113
  • アクリジンマスタードICR-191を曝露したトランスジェニックゼブラフィッシュの胚と成魚における変異原性の検出
    発表者 : 中村卓, 天沼喜美子, 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第32回大会 (2003)
    予稿集名 : 同プログラム・要旨集, 112
  • Benzo[a]pyreneおよび1,6-dinitropyrene投与gpt deltaトランスジェニックマウスの肺に生じた突然変異スペクトルの解析
    発表者 : 橋本顯子, 天沼喜美子, 日吉孝子, 高野裕久, 増村健一, 能美健彦, 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第32回大会 (2003)
    予稿集名 : 同プログラム・要旨集, 79
  • ディーゼル曝露gpt deltaトランスジェニックマウスの肺に生じた突然変異スペクトルの解析
    発表者 : 橋本顯子, 天沼喜美子, 田村憲治, 増村健一, 能美健彦, 青木康展
    学会等名称 : フォーラム2003:衛生薬学・環境トキシコロジー (2003)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 122
  • TCDD曝露によるホルツマンラット胎盤の低酸素状態マーカータンパクの誘導
    発表者 : 石村隆太, 川上隆茂, 大迫誠一郎, 青木康展, 遠山千春
    学会等名称 : 日本内分泌撹乱化学物質学会 第5回研究発表会 (2002)
    予稿集名 : 同研究発表会要旨集, 318
  • 母乳由来ダイオキシンの乳児体内組織への蓄積と健康リスク評価
    発表者 : 丸山若重, 青木康展
    学会等名称 : 日本内分泌撹乱化学物質学会 第5回研究発表会 (2002)
    予稿集名 : 同研究発表会要旨集, 56
  • rpsLトランスジェニックゼブラフィッシュ胚を用いた変異原性の検出-MNNG,AF2による突然変異の解析と形態異常-
    発表者 : 天沼喜美子, 刀祢英, 三木佳子, 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第31回大会 (2002)
    予稿集名 : 同要旨集, 70
  • TCDDに曝露した胎盤における低酸素状態マーカータンパク質の誘導
    発表者 : 石村隆太, 大迫誠一郎, 川上隆茂, 青木康展, 遠山千春
    学会等名称 : 第75回日本生化学会大会 (2002)
    予稿集名 : 生化学, 74(8)(8):189
  • 加齢に伴う熱ショックタンパク質遺伝子の誘導発現能のF344ラット亜系統差
    発表者 : 高橋良哉, 豊田恵美, 青木康展, 鈴木和夫, 後藤佐多良
    学会等名称 : 第75回日本生化学会大会 (2002)
    予稿集名 : 同抄録集, 74(8)(8):966
  • ディーゼル排気を曝露したNrf2ノックアウトマウス肺中におけるDNA付加体生成の促進
    発表者 : 青木康展, 佐藤陽美, 西村典子, 高橋智, 伊東健, 山本雅之
    学会等名称 : フォーラム2002:衛生薬学・環境トキシコロジー (2002)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 45
  • 薬物動態モデルの環境中化学物質リスク評価への応用
    発表者 : 丸山若重, 青木康展
    学会等名称 : フォーラム2002:衛生薬学・環境トキシコロジー (2002)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 73
  • 過去の都市大気から採取した浮遊粒子抽出物がgpt deltaマウス肺で示す変異原性
    発表者 : 青木康展, 中島大介, 松本みちよ, 松本理, 柳澤利枝, 後藤純雄, 増村健一, 能美健彦
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第45回大会 (2016)
    予稿集名 : 同予稿集, 132
  • 発表者 : Udagawa O.(宇田川理), KATO A.(加藤綾華), Kobayashi Y.(小林弥生), Aoki Y.(青木康展), Hirano S.(平野靖史郎)
    学会等名称 : 2015 Cellular & Molecular Mechanisms of Toxicity Gordon Research Conference (2015)
    予稿集名 : Abstracts, 16
  • Threshold of mutagenesis induced by a reactive oxygen species-generating compound, potassium bromate, in the small intestine of gpt delta mice
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : Gordon Research Conference on Cellular & Molecular Mechanism of Toxicity (2015)
    予稿集名 : Abstract
  • 発表者 : 青木康展, 松本みちよ, 柳澤利枝, 松本理, 中島大介
    学会等名称 : フォーラム2014衛生薬学・環境トキシコロジー (2014)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 発表者 : Furuhama A.(古濱彩子), Hasunuma K.(蓮沼和夫), Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 16th International Workshop on Quantitative Structure-Activity Relationships in Environmental and Health Sciences (QSAR2014) (2014)
    予稿集名 : Abstracts, 134
  • 発表者 : Takumi S., Aoki Y.(青木康展), Sano T.(佐野友春), Suzuki T.(鈴木武博), Nohmi T., Nohara K.(野原恵子)
    学会等名称 : SOCIETY OF TOXICOLOGY 53rd Annual Meeting (2014)
    予稿集名 : Abstracts
  • ベンゾ[a]ピレンを気管内投与したgpt deltaマウス肺中に誘導された突然変異の加齢に伴う変化
    発表者 : 青木康展, 橋本顯子, 菅原良樹, 荒井孝子, 後藤佐多良, 増村健一, 能美健彦
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第43回大会 (2014)
    予稿集名 : 同予稿集, 116
  • CONTRIBUTION OF BENZO[A]PYRENE TO MUTAGENICITY IN AMBIENT AIR COLLECTED AT 11 SITES IN JAPAN FROM 2007 TO 2009
    発表者 : Goto S., Yagishita M., Kageyama S., Shiraishi F.(白石不二雄), Aoki Y.(青木康展), Wang Q., Mineki S., Ohshima S., Nakajima D.(中島大介)
    学会等名称 : 2013 International Symposium of Polycyclic Aromatic Compounds (2013)
    予稿集名 : Abstracts
  • 発表者 : 古濱彩子, 今井宏治, 蓮沼和夫, 青木康展
    学会等名称 : 構造活性相関シンポジウム第41回 (2013)
    予稿集名 : 同予稿集, 61-62
  • 大気中の高懸念PAHs;ベンゾ[c]フルオレンの大気中濃度と国内分布
    発表者 : 柳下真由子, 影山志保, 白石不二雄, 大島茂, 王青躍, 後藤純雄, 青木康展, 中島大介
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第42回大会 (2013)
    予稿集名 : 同予稿集, 123-123
  • 臭素酸カリウムがgpt geltaマウス小腸で誘導する突然変異の閾値と変異スペクトルの用量依存性変化
    発表者 : 青木康展, 松本みちよ, 松本理, 増村健一, 續輝久, 能美健彦
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第42回大会 (2013)
    予稿集名 : 同予稿集
  • Comparison of Risk Assessment Values of Hazardous Chemicals Estimated Based on Animal Inhalation Studies with the Guideline Values for Ambient Air Based on Epidemiological Studies
    発表者 : Matsumoto M.(松本理), Matsumoto Y., Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology (2012)
    予稿集名 : The Journal of Toxicological Sciences (The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology, Program and Abstracts), 37(Suppl. ?):S 412
  • マンガンによるカドミウムの内皮細胞毒性の防御
    発表者 : 安藤麗香, 橋涼香, 山本千夏, 青木康展, 鍜冶利幸
    学会等名称 : 日本毒性学会第39回学術年会 (2012)
    予稿集名 : 同要旨集
  • Manganese protects against cadmium cytotoxicity via a lower expression of ZIP8 and ZIP14 in vascular endothelial cells
    発表者 : Ando R., Takahashi S., Yamamoto C., Aoki Y.(青木康展), Kaji T.
    学会等名称 : 6th International Congress of Asian Society of Toxicology (2012)
    予稿集名 : Abstracts
  • Comparative study on the utilities of animal experimental data for risk assessment of inhalation exposure of chemicals
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Matsumoto Y., Matsumoto M.(松本理)
    学会等名称 : SOT 2012 Annual Meeting (2012)
    予稿集名 : Abstract of SOT 2012 Annual Meeting, 27
  • マウス肝臓脂質代謝経路に無機ヒ素が及ぼす影響
    発表者 : 内匠正太, 青木康展, 佐野友春, 野原恵子
    学会等名称 : 環境ホルモン学会第15回研究発表会 (2012)
    予稿集名 : 同予稿集, 125
  • gpt deltaマウスを用いた無機ヒ素によるin vivo突然変異解析
    発表者 : 内匠正太, 青木康展, 佐野友春, 鈴木武博, 能美健彦, 野原恵子
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第41回大会 (2012)
    予稿集名 : 同予稿集, 146
  • Distribution of polycyclic aromatic sulfur heterocycles in total suspended particle and gaseous phase in Japan
    発表者 : Yagishita M., Kageyama S., Takemura T., Shiraishi F.(白石不二雄), Aoki Y.(青木康展), Shiraishi H.(白石寛明), Wang Q., Ohshima S., Goto S., Nakajima D.(中島大介)
    学会等名称 : International Symposium on Aerosols in East Asia and Their Impacts on Plants and Human Health (2012)
    予稿集名 : Abstracts, 144-145
  • カドミウムの内皮細胞毒性に対するマンガンの防御作用
    発表者 : 安藤麗香, 山本千夏, 青木康展, 鍜冶利幸
    学会等名称 : フォーラム2012 衛生薬学・環境トキシコロジー (2012)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 発表者 : Furuhama A.(古濱彩子), Aoki Y.(青木康展), Shiraishi H.(白石寛明)
    学会等名称 : Ninth Triennial Congress of the WORLD ASSOCIATION OF THEORETICAL AND COMPUTATIONAL CHEMISTS WATOC 2011 (2011)
    予稿集名 : Abstracts of Ninth Triennial Congress of the WORLD ASSOCIATION OF THEORETICAL AND COMPUTATIONAL CHEMISTS WATOC 2011
  • 発表者 : 佐藤陽美, 中島大介, 影山志保, 後藤 純雄, 松下 秀鶴, 渡辺 徹志, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第131年会 (2011)
    予稿集名 : 同要旨集, 30P-0888
  • 発表者 : 古濱彩子, 青木康展, 白石寛明
    学会等名称 : 第39回構造活性相関シンポジウム (2011)
    予稿集名 : 第39回構造活性相関シンポジウム講演要旨集, 75-78
  • 大気汚染物質によるgpt deltaマウス肺中の突然変異とヒト肺がん組織中p53遺伝子の突然変異の比較
    発表者 : 青木康展, 松本理, 能美健彦
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第40回大会 (2011)
    予稿集名 : 日本環境変異原学会第40回大会予稿集, 118
  • 国内5地点で採取した都市大気浮遊粉じんの変異原性
    発表者 : 影山志保, 稲葉洋平, 佐藤陽美, 松本理, 青木康展, 嵐谷奎一, 矢島博文, 中島大介, 後藤純雄
    学会等名称 : 第16回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会 (2010)
    予稿集名 : なし, 9
  • 発表者 : Furuhama A.(古濱彩子), Hasunuma K.(蓮沼和夫), Aoki Y.(青木康展), Yoshioka Y., Shiraishi H.(白石寛明)
    学会等名称 : 14th Int.Workshop QSARs Environ.Health Sci. (2010)
    予稿集名 : Abstracts, 40
  • 大気中の発がん物質のリスク評価 −疫学研究データと動物実験データに基づく評価値の比較−
    発表者 : 松本理, 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第39回大会 (2010)
    予稿集名 : 同要旨集, 152
  • External validation of ecotoxicity prediction QSAR system,“KAshinhou Tool for Ecotoxicity” (KATE)
    発表者 : Hasunuma K.(蓮沼和夫), Furuhama A.(古濱彩子), Aoki Y.(青木康展), Sugaya Y.(菅谷芳雄), Yoshioka Y., Shiraishi H.(白石寛明)
    学会等名称 : 2nd Korea-Jpn.Symp.Environ.Chem./韓国環境分析学会秋季学術大会 (2010)
    予稿集名 : Abstracts, 249
  • 大気中の粒子状物質抽出物がgpt deltaマウス肺中に示す変異原性;2009年つくば市内,1989年バンコク市内の試料について
    発表者 : 青木康展, 佐藤陽美, 中島大介, 影山志保, 阪下由香利, 柳澤利枝, 後藤純雄, 松下秀鶴, 増村健一
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第39回大会 (2010)
    予稿集名 : 同要旨集, 131
  • 発表者 : 古濱彩子, 青木康展, 白石寛明
    学会等名称 : 第3回分子科学討論会 (2009)
    予稿集名 : 同要旨集, 1P097
  • 発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(橋本顯子), Matsumoto M.(松本理), Sugawara Y., Goto S., Masumura K., Nohmi T.
    学会等名称 : CCT Meet.PPTOXII: Role of Environmental Stressors in the Developmental Origins of Disease (2009)
    予稿集名 : Abstracts, VI.15
  • 化学物質のがん原性試験とin vivo mutagenicity試験結果の相関性
    発表者 : 青木康展, 松本理
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第38回大会 (2009)
    予稿集名 : 同要旨集, 155
  • In vivo mutagenesis induced by the air pollutants in the testis of gpt delta transgenic mice
    発表者 : Aoki Y.(青木康展), Hashimoto A.H.(橋本顯子), Amanuma K.(天沼喜美子), Matsumoto M.(松本理), Masumura K., Nohmi T.
    学会等名称 : 21st Cent.Adv.Mol.Toxicol.Environ.Chem.Pathog.Dis. (2009)
    予稿集名 : Abstracts, 173
  • PBTA-6とベンゾ[a]ピレンがrpsL遺伝子導入ゼブラフッシュのエラと肝膵臓で示す変異原性
    発表者 : 天沼喜美子, 刀根英, 長屋雅人, 松本理, 渡辺徹志, 若林敬二, 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第37回大会 (2008)
    予稿集名 : 同予稿集, 133
  • 遺伝子組換え赤色蛍光ゼブラフィッシュの検出方法と生物多様性に及ぼす影響
    発表者 : 天沼喜美子, 中嶋信美, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第128年会 (2008)
    予稿集名 : 同要旨集, (3)
  • 発表者 : 古濱彩子, 青木康展, 白石寛明
    学会等名称 : 第36回構造活性相関シンポジウム (2008)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 61-62
  • ベンゾ[a]ピレン曝露したrpsLトランスジェニックゼブラフィッシュのエラと膵肝臓に誘発される突然変異の特徴
    発表者 : 天沼喜美子, 長屋雅人, 刀祢英, 太田宗宏, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第127年会 (2007)
    予稿集名 : 同要旨集, (2)
  • rpsLトランスジェニックゼブラフィッシュを用いた6価クロムの変異原性検出
    発表者 : 山田智佐子, 天沼喜美子, 平野靖史郎, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第127年会 (2007)
    予稿集名 : 同要旨集, (2)
  • 2,3,7,8-四塩素化ジベンゾ-p-ジオキシン(TCDD)を投与したNrf2ノックアウトマウスの肝臓における網羅的遺伝子発現解析
    発表者 : 松本理, 佐藤陽美, 伊東健, 山本雅之, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第127年会 (2007)
    予稿集名 : 同要旨集
  • rpsLトランスジェニックゼブラフィッシュを用いた7,12-Dimethylbenz[a]anthracene (DMBA)の変異原性検出
    発表者 : 並松三保子, 天沼喜美子, 松本理, 中杉修身, 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会 第127年会 (2007)
    予稿集名 : 同要旨集
  • 宇宙放射線がゼブラフィッシュ体内の突然変異発生に及ぼす影響
    発表者 : 太田宗宏, 天沼喜美子, 鈴木雅雄, 阿部知子, 谷田貝文夫, 内田智子, 松本理, 青木康展
    学会等名称 : 第12回小型魚類研究会 (2006)
    予稿集名 : 同予稿集
  • べンチマークドース法を用いた1,2-ジクロロエタンの吸入曝露による発がんユニットリスクの算出
    発表者 : 松本理, 松本幸雄, 青木康展
    学会等名称 : 第47回大気環境学会年会 (2006)
    予稿集名 : 同講演要旨集(CD-ROM)
  • Detection of benzo[a]pyrene-induced mutations in gill and hepatopancreas of adult rpsL transgenic zebrafish
    発表者 : Amanuma K.(天沼喜美子), Nagaya M., Tone S., Yamada C., Namimatsu M., Ohta M., Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 日本環境変異原学会 第35回大会 (2006)
    予稿集名 : 同プログラム・要旨集
  • ディーゼル粒子の気管内投与によりgpt deltaマウスの肺に生じた突然変異スペクトルの解析
    発表者 : 橋本顯子, 天沼喜美子, 日吉孝子, 柳澤利枝, 高野裕久, 増村健一, 能美健彦, 青木康展
    学会等名称 : 第33回日本環境変異原学会/第18回日本動物実験代替法学会 合同学術大会 (2004)
    予稿集名 : 同講演要旨集
  • アクリルアミドの有害性評価と曝露量評価
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : フォーラム2017 衛生薬学・環境トキシコロジー (2017)
    予稿集名 : 同予稿集, 147
  • イントロダクション:遺伝毒性物質による発がんメカニズムと現実のリスク評価の狭間を考える
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 第44回日本毒性学会学術年会 (2017)
    予稿集名 : J. Toxicol. Sci., 42(Supplement):S123
  • 発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 精講:食品健康影響評価−加熱時に生じるアクリルアミドを題材として− (2017)
    予稿集名 : なし
  • 大気中に含まれる発がん性化学物質のリスク評価と管理
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 日本薬学会第137年会 (2017)
    予稿集名 : 同予稿集, 111
  • 食品健康影響評価における曝露量評価の重要性:アクリルアミドを例にして
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 第43回日本毒性学会学術大会 (2016)
    予稿集名 : J. Toxicol. Sci., 41(Supplement):S40
  • 有害大気汚染物質の環境基準・指針値設定における遺伝毒性試験の役割
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 第43回日本毒性学会学術大会 (2016)
    予稿集名 : J. Toxicol. Sci., 41(Sipplement):S129
  • 発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 食品安全委員会セミナー「加熱時に生じるアクリルアミドの食品健康影響評価及び低減対策について」 (2016)
    予稿集名 : なし
  • 環境中の重金属に対する耐性機構
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 第17回日本水環境学会シンポジウム (2014)
    予稿集名 : 同予稿集
  • Environmental and human health impacts of pollutants generated by energy production
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : Harvard Project for Asia and International Relations 2013 Asia Conference (2013)
    予稿集名 : -
  • Risk Assessment of Environmental Chemicals
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : ILSI HESI Workshop (2013)
    予稿集名 : -
  • 有害大気汚染物質のリスク評価
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 化学物質の安全管理に関するシンポジウム (2013)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 発表者 : Furuhama A.(古濱彩子), Aoki Y.(青木康展), Shiraishi H.(白石寛明)
    学会等名称 : 5th JCS International Symposium on Theoretical Chemistry (2013)
    予稿集名 : Abstract
  • In vivo mutagenesis resulting from oxidative stress in mice with suppressed phase II drug-metabolizing enzyme expression
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 11th International conference on environmental mutagens (2013)
    予稿集名 : Abstract
  • 有害大気汚染物質の健康リスク評価・管理の現状とこれからの姿
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 薬学シンポジウム-大気(空気)と健康- (2013)
    予稿集名 : なし
  • 遺伝子導入動物を用いて環境を測る
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 埼玉大学・国立環境研究所共催シンポジウム 我々を取り巻く環境と健康 (2012)
    予稿集名 : 同予稿集
  • 化学物質の健康リスク評価に必要な基盤研究
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 日本衛生学会学術総会第81回 (2011)
    予稿集名 : 第81回日本衛生学会学術総会講演集
  • Health risk assessemnt of air pollutants: Air pollutant genotoxicity and its enhancement on suppression of phase II drug-metabolizing enzymes
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : International Symposium on Genotoxic and Carcinogenic Thresholds (2011)
    予稿集名 : Abstract, 28
  • 遺伝子導入動物を用いた変異原物質の検出
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 長浜バイオ大学 バイオサイエンス学部「生理活性物質概論」講義 (2009)
    予稿集名 : なし
  • 毒性発現メカニズムの解明と検出手法開発の課題
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 科学技術振興機構(JST)研究開発センター(CRDS) 2008年 科学技術未来戦略ワークショップ (2008)
    予稿集名 : なし
  • 環境リスク評価へのバイオテクノロジーの貢献
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 第36回北陸大学術フロンティア特別講演会北陸大院セミナー (2008)
    予稿集名 : なし
  • 環境変異原によって誘発された生体内突然変異の解析とそのリスク評価
    発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 日本環境変異原学会第45回大会 (2016)
    予稿集名 : 同予稿集, 51
  • 発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 化学物質の安全管理に関するシンポジウム:化学物質規制における新たな課題と背景 (2015)
    予稿集名 : なし
  • Transgenic animal models as a tool for risk assessment of environmental mutagens
    発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : 4th Asian Conference on Environmental Mutagens (2014)
    予稿集名 : Abstract
  • 発表者 : Aoki Y.(青木康展)
    学会等名称 : Environmental Health 2011 Oral programme (2011)
  • 有害大気汚染物質の健康リスク評価手法等に関するガイドラインの検討状況について
    発表者 : 青木康展, 松本理
    学会等名称 : 環境リスク評価ワークショップ「有害大気汚染物質の環境基準・指針値設定ガイドラインの策定に向けて」 (2011)
    予稿集名 : 環境リスク評価ワークショップ「有害大気汚染物質の環境基準・指針値設定ガイドラインの策定に向けて」プログラム
  • 発表者 : 青木康展
    学会等名称 : 環境リスク評価ワークショップ「有害大気汚染物質の環境基準・指針値設定ガイドライン策定に向けて」 (2010)
    予稿集名 : なし
所の刊行物
委員会活動
  • 2017年度 : 平成29年度化学物質複合影響評価手法検討調査業務に関わる化学物質の複合影響研究班会議及び生態影響評価分科会委員 (環境省 大臣官房環境保健部)
  • 2017年度 : 平成29年度有害大気汚染物質の健康リスク評価手法等に関する検討会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2017年度 : 平成29年度環境リスク評価委員会企画委員会委員 (環境省 大臣官房環境保健部)
  • 2017年度 : 平成29年度有害大気汚染物質健康リスク評価作業部会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2017年度 : 中央環境審議会環境保健部会化学物質審査小委員会委員 (環境省 大臣官房環境保健部)
  • 2017年度 : 平成29年度健康リスク評価分科会検討員 (環境省 大臣官房環境保健部)
  • 2017年度 : 平成29年度化審法審査支援等検討会委員 (環境省 大臣官房環境保健部)
  • 2017年度 : [連携]非常勤講師(環境毒性学持論、他) (千葉大学大学院薬学研究院)
  • 2016年度 : 既存化学物質安全性点検体制支援システム賃貸借一式に係る技術審査委員会委員 (厚生労働省 国立医薬品食品衛生研究所)
  • 2016年度 : 平成28年度有害大気汚染物質健康リスク評価手法等に関する検討会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2016年度 : 非常勤講師(環境研究のフロンティア) (上智大学大学院地球環境学研究科)
  • 2016年度 : 平成28年度健康リスク評価分科会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2016年度 : 平成28年度環境リスク評価委員会企画委員会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2016年度 : 平成28年度化審法審査支援等検討会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部企画課化学物質審査室)
  • 2016年度 : [連携]非常勤講師(環境毒性学持論、他) (千葉大学大学院薬学研究院)
  • 2015年度 : 「平成27年度化学物質複合影響評価手法検討調査業務」に関わる化学物質の複合影響研究班会議並びに健康影響評価分科会及び生体影響評価分科会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2015年度 : 非常勤講師(環境研究のフロンティア) (上智大学大学院地球環境学研究科)
  • 2015年度 : 平成27年度有害大気汚染物質健康リスク評価手法等に関する検討会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2015年度 : 平成27年度健康リスク総合専門委員会ワーキンググループ委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2015年度 : 平成27年度健康リスク評価分科会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2015年度 : 平成27年度環境リスク評価委員会企画委員会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2015年度 : 平成27年度化審法審査支援等検討会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2015年度 : 共同実験施設運営委員会静電加速器施設課題採択部会委員 (放射線医学総合研究所)
  • 2015年度 : [連携]非常勤講師(環境毒性学特論、他) (千葉大学大学院薬学研究院)
  • 2014年度 : 平成26年度化管法対象物質検討調査等業務有識者ヒアリング委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2014年度 : 平成26年度化学物質複合影響評価手法検討調査業務に関わる化学物質の複合影響研究班会議並びに健康影響評価分科会及び生態影響評価分科会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2014年度 : 非常勤講師(環境研究のフロンティア) (上智大学大学院地球環境学研究科)
  • 2014年度 : 難分解性・高濃縮性化学物質に係る鳥類毒性試験検討調査業務に関する検討委員会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2014年度 : 平成26年度有害大気汚染物質健康リスク評価手法等に関する検討会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2014年度 : 遺伝毒性発がん物質の定量的リスク評価に関する専門家検討会委員 (厚生労働省 国立医薬品食品衛生研究所)
  • 2014年度 : 二酸化炭素分離・回収環境負荷評価分科会委員 (環境省 地球環境局総務課低炭素社会推進室)
  • 2014年度 : 平成26年度健康リスク総合専門委員会ワーキンググループ委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2014年度 : 平成26年度健康リスク評価分科会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2014年度 : 難分解性・高濃縮性化学物質に係る鳥類毒性試験検討調査業務に関する検討委員会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2014年度 : 平成26年度環境リスク評価委員会企画委員会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2014年度 : 平成26年度化審法審査支援等検討会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2014年度 : [連携]教授(環境健康科学特論) (埼玉大学大学院理工学研究科)
  • 2014年度 : 共同実験施設運営委員会静電加速器施設課題採択部会委員 ((独)放射線医学総合研究所)
  • 2014年度 : [連携]非常勤講師(環境毒性学特論、他) (千葉大学大学院薬学研究院)
  • 2013年度 : 日本毒性学会 J.Toxicol.Sci.誌 Associate Editor ((一社)日本毒性学会)
  • 2013年度 : 日本毒性学会編集委員会委員 ((一社)日本毒性学会)
  • 2013年度 : 難分解性・高濃縮性化学物質に係る鳥類毒性試験検討調査業務検討委員会委員 (環境省 総合環境政策局)
  • 2013年度 : SAICM国内実施計画に関する勉強会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2013年度 : 平成25年度有害大気汚染物質の健康リスク評価手法等に関するガイドライン策定検討会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2013年度 : 平成25年度化審法QSAR検討会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2013年度 : 遺伝毒性発がん物質の定量的リスク評価に関する専門家検討会委員 (厚生労働省 国立医薬品食品衛生研究所)
  • 2013年度 : 地域イノベーション戦略支援プログラム(グローバル型)中間評価及び事後評価に関する検討委員会委員 (文部科学省 科学技術・学術政策局)
  • 2013年度 : 非常勤講師(地球環境研究のフロンティア) (上智大学大学院地球環境学研究科)
  • 2013年度 : 食品安全委員会専門委員 (内閣府 食品安全委員会事務局)
  • 2013年度 : 平成25年度化審法審査支援等検討会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2013年度 : 平成25年度健康リスク総合専門委員会ワーキンググループ委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2013年度 : 平成25年度環境リスク評価委員会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2013年度 : 平成25年度化学物質複合影響評価手法検討調査業務委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2013年度 : 日本薬学会環境・衛生部会フォーラム委員会委員 ((公社)日本薬学会環境・衛生部会)
  • 2013年度 : 日本薬学会環境・衛生部会関連法規情報委員会委員 ((公社)日本薬学会環境・衛生部会)
  • 2013年度 : 科学技術専門家ネットワーク専門調査員 (文部科学省 科学技術政策研究所科学技術動向研究センター)
  • 2013年度 : [連携]非常勤講師(環境毒性学) (千葉大学大学院薬学研究院)
  • 2013年度 : 共同実験施設運営委員会静電加速器施設課題採択部会委員 ((独)放射線医学総合研究所)
  • 2012年度 : 「平成24年度化学物質複合影響評価手法検討調査業務」に関わる化学物質の複合影響研究班会議委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2012年度 : 非常勤講師(環境研究のフロンティア) (上智大学大学院地球環境学研究科)
  • 2012年度 : 平成24年度化学物質環境リスク評価委員会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2012年度 : 平成24年度健康リスク総合専門委員会ワーキンググループ委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2012年度 : 科学技術政策研究所専門調査員 (文部科学省 科学技術政策研究所)
  • 2012年度 : 日本生化学会役員等選挙実施委員会委員 ((社)日本生化学会)
  • 2012年度 : 平成24年度生物応答を利用した水環境管理手法の制度・運用分科会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2012年度 : 平成24年度「SAICM国内実施計画策定ワーキンググループ」委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2012年度 : 共同実験施設運営委員会静電加速器施設利用部会委員 ((独)放射線医学総合研究所)
  • 2012年度 : 有機顔料中に副生するPCBに関するリスク評価検討会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2012年度 : [連携]非常勤講師(環境毒性学) (千葉大学大学院薬学研究院)
  • 2011年度 : 有機顔料中に副生するPCBに関するリスク評価検討会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2011年度 : SAICM国内実施計画策定WG委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2011年度 : 化学物質の複合影響研究班委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2011年度 : 平成23年度健康リスク総合専門委員会WG委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2011年度 : 化審法リスク評価における変異原性の評価手法検討会委員 (経済産業省 製造産業局)
  • 2011年度 : 平成23年度有害大気汚染物質の健康リスク評価手法等に関するガイドライン策定検討会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2011年度 : 「既存化学物質安全性点検体制支援システム一式賃貸借」技術審査委員会委員 (厚生労働省 国立医薬品食品衛生研究所)
  • 2011年度 : 食品安全委員会専門委員 (内閣府 食品安全委員会事務局)
  • 2011年度 : 平成23年度健康リスク評価分科会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2011年度 : 平成23年度化学物質環境リスク評価委員会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2011年度 : 非常勤講師(環境研究のフロンティア) (上智大学大学院地球環境学研究科)
  • 2011年度 : 平成23年度生物応答を利用した水環境管理手法の制度・運用分科会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2011年度 : 平成23年度化審法審査支援等検討会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2011年度 : 科学技術政策研究所専門調査員 (文部科学省 科学技術政策研究所)
  • 2011年度 : [連携]非常勤講師(環境物質学) (千葉大学大学院薬学研究院)
  • 2011年度 : テーマ公募型事業に係る申請書の事前書面審査(ピアレビュー)ピアレビュア ((独)新エネルギー・産業技術総合開発機構)
  • 2010年度 : 平成22年度有害大気汚染物質の健康リスク評価手法等に関するガイドライン策定検討会分科会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2010年度 : 化審法リスク評価手法等検討会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2010年度 : 平成22年度生物応答を利用した水環境管理手法の制度・運用分科会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2010年度 : 平成22年度環境リスク評価委員会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2010年度 : 平成22年度健康リスク総合専門委員会WG検討員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2010年度 : 平成22年度化審法審査支援等検討会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2010年度 : 科学技術動向研究センター専門調査員 (文部科学省 科学技術政策研究所)
  • 2010年度 : 非常勤講師(生命環境科学特別講義VI) (東京大学大学院総合文化研究科)
  • 2010年度 : 平成21年度健康リスク評価分科会検討員(任期の延長) (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2010年度 : [連携]非常勤講師(環境物質学) (千葉大学大学院薬学研究院)
  • 2009年度 : 平成21年度健康リスク評価分科会検討員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2009年度 : 平成21年度WET手法等による水環境管理に関する懇談会 (環境省 水・大気環境局)
  • 2009年度 : 食品安全委員会専門委員 (内閣府 食品安全委員会事務局)
  • 2009年度 : 非常勤講師(生命環境科学特別講義VI) (東京大学大学院総合文化研究科)
  • 2009年度 : 平成21年度有害大気汚染物質に係るリストの見直し等に関する検討会委員 (環境省 水・大気環境局)
  • 2009年度 : 平成21年度環境リスク評価委員会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2009年度 : [連携]非常勤講師(環境物質学) (千葉大学大学院薬学研究院)
  • 2008年度 : 平成20年度環境中の変異原性物質に関する調査研究 変異原性評価検討WG委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2008年度 : 中央環境審議会専門委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2008年度 : 科学技術未来戦略ワークショップ「安全・品質を担保するための食成分・機能情報の定量化」への出席 ((独)科学技術振興機構)
  • 2008年度 : 平成20年度REACH化学物質安全性評価(CSA)注釈書作成検討会委員 (環境省 総合環境政策局)
  • 2008年度 : 平成20年度環境リスク評価検討会委員 (環境省 総合環境政策局環境保健部)
  • 2008年度 : [連携]非常勤講師(環境物質学) (千葉大学大学院薬学研究院)
  • 2006年度 : 科学研究費委員会専門委員  ((独)日本学術振興会)
  • 2006年度 : 「J.Health Sci」の編集審査委員 ((社)日本薬学会)
  • 2006年度 : 非常勤講師(公衆衛生学) (千葉大学薬学部)
受賞
  • 2016年 : 日本環境変異原学会学会賞 (日本環境変異原学会)
  • 2015年 : 平成27年度環境保全功労者 (環境省)
  • 2001年 : 武田計測先端技術知財団武田研究奨励賞(優秀研究賞) (武田計測先端技術知財団)
学会活動
  • 2014年度 : 日本環境変異原学会 : 日本環境変異原学会評議員
  • 2014年度 : 日本環境変異原学会 : 日本環境変異原学会理事
  • 2014年度 : 日本環境変異原学会 : 日本環境変異原学会会長
  • 2013年度 : 日本環境変異原学会 : 日本環境変異原学会会長
  • 2013年度 : 日本環境変異原学会 : 日本環境変異原学会評議員
  • 2013年度 : 日本環境変異原学会 : 日本環境変異原学会理事
  • 2011年度 : 日本環境変異原学会 : 日本環境変異原学会理事
  • 2011年度 : 日本環境変異原学会 : 日本環境変異原学会評議員
  • 2010年度 : 日本環境変異原学会 : 日本環境変異原学会 2010年大会長
  • 2009年度 : Society of Toxicology : Toxicology and Applied Pharmacology, Editorial Board
  • 2009年度 : 日本環境変異原学会 : 日本環境変異原学会評議員

この研究者の関連情報・記事