ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
:2020/10/19 17:59:20

山形 与志樹

YAMAGATA Yoshiki

氏名
山形 与志樹(やまがた よしき)
所属/職名
地球環境研究センター(気候変動リスク評価研究室)/主席研究員
研究課題
空間詳細な土地利用シナリオ、都市と地域の炭素管理、地球環境レジーム分析
学位の種類
学術博士
専門とする学問分野
システム工学,数学,地理学
専門とする環境分野
地球温暖化,陸域生態系リモートセンシング,土地利用モデル
研究概要
システムアプローチによる地球温暖化リスク評価・管理に関するモデリング研究
個別研究課題
研究成果(誌上)
  • all
  • 査読付き 原著論文
  • 総説・解説
  • 書籍
  • その他
  • Kyojima smart community studio: Urban systems design, Japan
    発表者 : Yamagata Y.(山形与志樹), Yoshida T.(吉田崇紘), Binder R., Chen H., Chang S., Murayama A., Tobey M., Yang P.
    掲載誌 : The International Geodesign Collaboration: Changing Geography by Design, 132-133  (2020)
  • Modeling and design of smart buildings
    発表者 : Chang S., Yang P., Yamagata Y.(山形与志樹), Tobey M.
    掲載誌 : Urban Systems Design Creating Sustainable Smart Cities in the Internet of Things Era, 59-86 (2020)
  • Measuring quality of walkable urban environment through experiential modeling
    発表者 : Yamagata Y.(山形与志樹), Yoshida T.(吉田崇紘), Yang P., Chen H., Ilmola L.
    掲載誌 : Urban Systems Design Creating Sustainable Smart Cities in the Internet of Things Era, 373-392 (2020)
  • Modeling and design of smart mobility systems
    発表者 : Fourie P. J., Jittrapirom P.(JITTRAPIROM Peraphan), Binder R., Tobey M., Medina S.O., Maheshwari T., Yamagata Y.(山形与志樹)
    掲載誌 : Urban Systems Design Creating Sustainable Smart Cities in the Internet of Things Era, 163-197 (2020)
  • Case studies toward smart communities
    発表者 : Yamagata Y.(山形与志樹), Yoshida T.(吉田崇紘), Chang S., Jittrapirom P.(JITTRAPIROM Peraphan), Coleman S., Robinson J. B., Cremades R., Neumann D.
    掲載誌 : Urban Systems Design Creating Sustainable Smart Cities in the Internet of Things Era, 257-288 (2020)
  • Urban systems and the role of big data
    発表者 : Yamagata Y.(山形与志樹), Yang P., Chang S., Tobey M., Binder R., Fourie P. J., Jittrapirom P.(JITTRAPIROM Peraphan), Kobashi T.(小端拓郎), Yoshida T.(吉田崇紘), Aleksejeva J.(ALEKSEJEVA Jelena)
    掲載誌 : Urban Systems Design Creating Sustainable Smart Cities in the Internet of Things Era, 23-58 (2020)
  • Chapter 9 - Smart city and ICT infrastructure with vehicle to X applications toward urban decarbonization
    発表者 : Kobashi T.(小端拓郎), Yamagata Y.(山形与志樹), Yoshida T.(吉田崇紘), CHANG S.(CHANG Soowon), Y. Mochizuki, A. Ahl, Aleksejeva J.(ALEKSEJEVA Jelena)
    掲載誌 : Urban Systems Design, 289-333 (2020)
  • Mathematical preparation
    発表者 : Seya H., Yamagata Y.(山形与志樹)
    掲載誌 : Spatial Analysis Using Big Data: Methods and Urban Applications, 9-31 (2020)
  • Smart buildings of urban communities
    発表者 : Chang S., Tobey M., Saha N., Yamagata Y.(山形与志樹), Yang P.
    掲載誌 : Urban Systems Design Creating Sustainable Smart Cities in the Internet of Things Era, 87-124 (2020)
  • Urban systems design: shaping smart cities by integrating urban design and systems science
    発表者 : Yang P., Yamagata Y.(山形与志樹)
    掲載誌 : Urban Systems Design Creating Sustainable Smart Cities in the Internet of Things Era, 1-22 (2020)
  • Integrating mobility in urban design
    発表者 : Binder R., Tobey M., Jittrapirom P.(JITTRAPIROM Peraphan), Steidl P.J. , Yamagata Y.(山形与志樹), Yang P.
    掲載誌 : Urban Systems Design Creating Sustainable Smart Cities in the Internet of Things Era, 125-162 (2020)
  • Understanding the potentials of green bonds and green certification schemes for the development of future smart cities
    発表者 : Suzuki M., Yoshitaka M., Milovidova A., Cai H., Yamagata Y.(山形与志樹)
    掲載誌 : Urban Systems Design Creating Sustainable Smart Cities in the Internet of Things Era, 393-407 (2020)
  • Spatial modeling and design of smart communities
    発表者 : Yoshida T.(吉田崇紘), Yamagata Y.(山形与志樹), Chang S., Gooyert V. D., Seya H., Murakami D., Jittrapirom P.(JITTRAPIROM Peraphan), Voulgaris G.
    掲載誌 : Urban Systems Design Creating Sustainable Smart Cities in the Internet of Things Era, 199-255 (2020)
  • Spatial heat-wave assessments using geotagged Twitter data
    発表者 : Murakami D., Yamagata Y.(山形与志樹)
    掲載誌 : Spatial Analysis Using Big Data: Methods and Urban Applications, 227-238 (2020)
  • Spatial scenario creation based on downscale methods
    発表者 : Murakami D., Yamagata Y.(山形与志樹)
    掲載誌 : Spatial Analysis Using Big Data: Methods and Urban Applications, 259-270 (2020)
  • Models in quantitative geography
    発表者 : Murakami D., Yamagata Y.(山形与志樹)
    掲載誌 : Spatial Analysis Using Big Data: Methods and Urban Applications, 159-178 (2020)
  • Spatial econometric models
    発表者 : Seya H., Yoshida T.(吉田崇紘), Yamagata Y.(山形与志樹)
    掲載誌 : Spatial Analysis Using Big Data: Methods and Urban Applications, 113-158 (2019)
  • Quasi real time energy use estimation using Google’s popular time data
    発表者 : Yoshida T.(吉田崇紘), Yamagata Y.(山形与志樹)
    掲載誌 : Spatial Analysis Using Big Data: Methods and Urban Applications, 271-280 (2019)
  • Evaluating walkability using mobile GPS data
    発表者 : Yamagata Y.(山形与志樹), MURAKAMI D., Yoshida T.(吉田崇紘)
    掲載誌 : Spatial Analysis Using Big Data: Methods and Urban Applications, 239-257 (2019)
  • 発表者 : Yamagata Y.(山形与志樹), Sharifi A.(SHARIFI Ayyoob)
    掲載誌 : Resilience-Oriented Urban Planning (2018)
  • Estimation of Biomass and Net Primary Production (NPP) in West Siberian Boreal Ecosystems: In Situ and Remote Sensing Methods
    発表者 : Pregon A., Kosykh N. P., Mironycheva-Tokareva N. P., Ciais P., Yamagata Y.(山形与志樹)
    掲載誌 : Novel Methods for Monitoring and Managing Land and Water Resources in Siberia, 233-252 (2016)
  • Urban Economics Model for Land - Use Planning. Modeling Urban Heatwave Risk in Adelaide, South Australia. Flood Risk Management in Cities. Resilient Community Clustering: A Graph Theoretical Approach. Agent - Based Modeling- A tool for Urban Resilience Research?. Urban Resilience Assessment: Multiple Dimensions, Criteria, and Indicators
    発表者 : Yamagata Y.(山形与志樹), Seya H., Maruyama D.
    掲載誌 : Urban Resilience Atransformative Approach, 25-43 45-62 63-77 115-133 135-151 259-276  (2016)
  • Satellite laser altimetry: a powerful tool to enhance the capability of global forest inventory
    発表者 : Yamagata Y.(山形与志樹), Hayashi M.(林真智), Pingchun(PINGCHUN)
    掲載誌 : LIVING LAND, 131-133 (2015)
  • Latest High-Resolution Remote Sensing and Visibility Analysis for Smart Environment Design
    発表者 : Yamagata Y.(山形与志樹), Murakami D.(村上大輔), Seya H.
    掲載誌 : Remote Sensing of Water Resources, Disasters, and Urban Studies, 599-612 (2015)
  • Urban Growth Mapping of Mega Cities: Mulutisensor Approach
    発表者 : Bagan H.(哈斯巴干), Yamagata Y.(山形与志樹)
    掲載誌 : Remote Sensing of Water Resources, Disasters, and Urban Studies, 581-598 (2015)
  • Towards climate risk resilient cities: spatially explicit land-use scenarios
    発表者 : Yamagata Y.(山形与志樹)
    掲載誌 : CLIMATE EXCHANGE, 216-217  (2012)
  • Forest biomass for regional energy supply in Austria
    発表者 : Yamagata Y.(山形与志樹), Kraxner F., Aoki K.
    掲載誌 : Designing Our Future: Local Perspectives on Bioproduction, Ecosystems and Humanity, 220-233 (2011)
  • 第4章 森林などの二酸化炭素吸収源に関する温暖化対策
    発表者 : 山形与志樹
    掲載誌 : 持続可能な低炭素社会, 51-65. (2009)
  • Q23:植林による温暖化対策. Q24:森林減少の防止による温暖化対策
    発表者 : 山形与志樹
    掲載誌 : ココが知りたい地球温暖化(気象ブックス26), 138-142. 143-148. (2009)
  • Geostatistics and Gaussian process models
    発表者 : Murakami D., Yamagata Y.(山形与志樹), Hirano H.
    掲載誌 : Spatial Analysis Using Big Data: Methods and Urban Applications, 57-122 (2020)
  • Development study of the forest carbon monitoring sysytem using remote sensing
    発表者 : Yamagata Y.(山形与志樹), Bagan H.(哈斯巴干), Ito A.(伊藤昭彦), Adachi M.(安立美奈子)
    掲載誌 : FORESTS FOR PEOPLE, 78-80 (2011)
研究成果(口頭)
  • all
  • 研究発表
  • 研究講演
所の刊行物
委員会活動
  • 2019年度 : Guest Research Scholar (International Institute for Applied Systems Analysis (IIASA))
  • 2018年度 : 宇宙航空研究開発機構第2回地球観測研究公募査読委員 (宇宙航空研究開発機構)
  • 2018年度 : IPCC第2作業部会国内幹事会メンバー (環境省 地球環境局 他)
  • 2018年度 : 平成30年度JICA課題別研修「市場メカニズムを活用した持続的森林・自然資源管理」及び「森林リモートセンシング」コースに係る講師 ((独)国際協力機構)
  • 2018年度 : 平成30年度モデル構築・分析WG委員 (経済産業省 産業技術環境局)
  • 2018年度 : IPCC国内連絡会メンバー (環境省 地球環境局 他)
  • 2018年度 : 「CO2排出削減のための要素研究調査に係るワーキンググループ」委員 (新エネルギー・産業技術総合開発機構)
  • 2018年度 : 学位論文審査員 (上智大学)
  • 2018年度 : 客員教授(統合都市シミュレータのデータ同化手法の開発) (情報・システム研究機構統計数理研究所)
  • 2018年度 : 非常勤講師(Energy and Environment Science and Policy Linkages) (上智大学)
  • 2018年度 : 非常勤講師(環境起学特別講義 I) (北海道大学大学院環境科学院)
  • 2017年度 : 日本学術会議連携会員 (内閣府 日本学術会議事務局)
  • 2017年度 : 客員教授(統合都市シミュレータのデータ同化手法の開発) (情報・システム研究機構統計数理研究所)
  • 2017年度 : 非常勤講師(Energy and Environment Science and Policy Linkages) (上智大学)
  • 2017年度 : 非常勤講師(環境起学特別講義 I) (北海道大学大学院環境科学院)
  • 2016年度 : 平成28年度統合モデルWG委員 (経済産業省 産業技術環境局)
  • 2016年度 : 日本学術会議連携会員(地域研究委員会・環境学委員会・地球惑星科学委員会合同 地球環境変化の人間的側面(HD)分科会委員) (内閣府 日本学術会議事務局)
  • 2016年度 : 非常勤講師(システムデザイン・マネジメント研) (慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科)
  • 2016年度 : 客員教授(統合都市シミュレータのデータ同化手法の開発)   (情報・システム研究機構統計数理研究所)
  • 2016年度 : 非常勤講師(環境起学特別講義 I) (北海道大学大学院環境科学院)
  • 2015年度 : 平成27年度統合モデルWG委員 (経済産業省 産業技術環境局)
  • 2015年度 : 日本学術会議連携会員(地域研究委員会・環境学委員会・地球惑星科学委員会合同 地球環境変化の人間的側面(HD)分科会) (内閣府 日本学術会議事務局)
  • 2015年度 : 客員教授(統合都市シミュレータのデータ同化手法の開発) (情報・システム研究機構統計数理研究所)
  • 2015年度 : 非常勤講師(環境起学特別講義I) (北海道大学大学院環境科学院)
  • 2014年度 : 招へい教員(客員教授) (北海道大学大学院地球環境科学研究院)
  • 2014年度 : 平成26年度統合モデルWG委員 (経済産業省 産業技術環境局)
  • 2014年度 : 非常勤講師(地球温暖化対策特別講義) (北海道大学大学院環境科学院)
  • 2014年度 : 非常勤講師(21世紀の環境・エネルギー問題と科学・技術の役割-1) (筑波大学理工学群)
  • 2014年度 : 日本学術会議連携会員(地域研究委員会・環境学委員会・地球惑星科学委員会合同 IHDP分科会) (内閣府 日本学術会議事務局)
  • 2014年度 : 客員教授(統合都市シミュレータのデータ同化手法の開発) (情報・システム研究機構統計数理研究所)
  • 2013年度 : 湿地が有する生態系サービスの経済価値評価検討会検討委員 (環境省 自然環境局)
  • 2013年度 : 非常勤講師(地球温暖化対策特別講義) (北海道大学大学院環境科学院)
  • 2013年度 : 日本学術会議委員(地域研究委員会・環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IHDP分科会 UGEC小委員会委員) (内閣府 日本学術会議事務局)
  • 2013年度 : 統合モデルWG委員 (経済産業省 産業技術環境局)
  • 2013年度 : 非常勤講師(21世紀の環境・エネルギー問題と科学・技術の役割-1) (筑波大学理工学群)
  • 2013年度 : 日本学術会議連携会員(地域研究委員会・環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IHDP分科会) (内閣府 日本学術会議事務局)
  • 2013年度 : 領域アドバイザー(社会技術研究開発センター) ((独)科学技術振興機構)
  • 2013年度 : 日本学術会議連携会員(環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP・DIVERSITAS合同分科会) (内閣府 日本学術会議事務局)
  • 2013年度 : 客員教授(統合都市シミュレータのデータ同化手法の開発) (情報・システム研究機構統計数理研究所)
  • 2013年度 : 科学技術・学術審議会専門委員 (文部科学省 研究開発局)
  • 2012年度 : 日本学術会議 地域研究委員会・環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IHDP分科会 ESG小委員会委員 (内閣府 日本学術会議)
  • 2012年度 : 「平成24年度温室効果ガス排出量算定方法検討会 森林等の吸収源分科会」委員 (環境省 地球環境局)
  • 2012年度 : 平成24年度森林等の吸収源問題に関するWG委員 (環境省 地球環境局)
  • 2012年度 : 非常勤講師(地球温暖化対策特別講義) (北海道大学大学院環境科学院)
  • 2012年度 : 統合モデルWG委員 (経済産業省 産業技術環境局)
  • 2012年度 : 非常勤講師(21世紀の環境・エネルギー問題と科学・技術の役割-1) (筑波大学理工学群)
  • 2012年度 : 客員教授 (情報・システム研究機構統計数理研究所)
  • 2011年度 : 環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP・DIVERSITAS合同分科会連携会員 (内閣府 日本学術会議)
  • 2011年度 : 地域研究委員会・環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IHDP分科会連携会員 (内閣府 日本学術会議)
  • 2011年度 : 客員教授 (情報・システム研究機構統計数理研究所)
  • 2011年度 : 平成23年度温室効果ガス排出量算定方法検討会 森林等の吸収源分科会委員 (環境省 地球環境局)
  • 2011年度 : 平成23年度森林等の吸収源問題に関するWG委員 (環境省 地球環境局)
  • 2011年度 : モデル構築・評価WG委員会委員 ((公財)地球環境産業技術研究機構)
  • 2011年度 : 平成23年度SDシナリオWG委員会委員 ((公財)地球環境産業技術研究機構)
  • 2011年度 : 非常勤講師(地球温暖化対策特別講義) (北海道大学大学院環境科学院)
  • 2011年度 : Research Scholar (IIASA(国際応用システム分析研究所))
  • 2011年度 : 非常勤講師(21世紀の環境・エネルギー問題と科学・技術の役割1) (筑波大学理工学群)
  • 2011年度 : 領域アドバイザー(社会技術研究開発センター) ((独)科学技術振興機構)
  • 2010年度 : 科学技術・学術審議会専門委員 (文部科学省 研究開発局)
  • 2010年度 : 平成22年度温室効果ガス排出量算定方法検討会 森林等の吸収源分科会委員 (環境省 地球環境局)
  • 2010年度 : 非常勤講師(地球温暖化対策特別講義) (北海道大学大学院環境科学院)
  • 2010年度 : 平成22年度生物多様性に配慮したREDDプラス・プロジェクトに向けたMRV指針等のコンセプト作成業務 専門家検討会委員 (環境省 自然環境局)
  • 2010年度 : 平成22年度森林等の吸収源問題に関するWG委員 (環境省 地球環境局)
  • 2010年度 : 平成22年度SDシナリオWG委員会委員 ((財)地球環境産業技術研究機構)
  • 2010年度 : モデル構築・評価WG委員会委員 ((財)地球環境産業技術研究機構)
  • 2010年度 : 領域アドバイザー(社会技術研究開発センター) ((独)科学技術振興機構)
  • 2010年度 : 非常勤講師(総合科目「21世紀の環境・エネルギー問題と科学・技術の役割」) (筑波大学理工学群)
  • 2009年度 : 森林炭素モニタリングシステムの構築に関する検討会メンバー (文部科学省 研究開発局)
  • 2009年度 : 地域研究委員会・環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IHDP分科会VRA小委員会委員 (内閣府 日本学術会議事務局)
  • 2009年度 : 平成21年度温室効果ガス排出量算定方法検討会 森林等の吸収源分科会委員 (環境省 地球環境局)
  • 2009年度 : 平成21年度森林等の吸収源問題に関するワーキンググループ委員 (環境省 地球環境局)
  • 2009年度 : 発展途上国における吸収源活動に関する情報交換会有識者メンバー (環境省 地球環境局)
  • 2009年度 : 非常勤講師(地球温暖化対策特別講義) (北海道大学大学院環境科学院)
  • 2009年度 : 平成21年度SDシナリオWG委員会委員 ((財)地球環境産業技術研究機構)
  • 2009年度 : 世界の超長期食糧需給予測システム開発基礎研究事業検討会委員 (みずほ総合研究所(株))
  • 2009年度 : 科学技術・学術審議会専門委員 (文部科学省 研究開発局)
  • 2009年度 : 平成21年度地球規模生物多様性モニタリング分科会検討委員 (環境省 自然環境局生物多様性センター)
  • 2009年度 : 領域アドバイザー(社会技術研究開発センター) ((独)科学技術振興機構)
  • 2009年度 : 非常勤講師(21世紀の環境・エネルギー問題と科学・技術の役割) (筑波大学理工学群)
  • 2008年度 : 平成20年度温室効果ガス排出量算定方法検討会森林等の吸収源分科会委員 (環境省 地球環境局)
  • 2008年度 : 日本学術会議連携会員 (内閣府 日本学術会議事務局)
  • 2008年度 : 科学技術・学術審議会専門委員 (文部科学省 研究開発局)
  • 2008年度 : 森林等の吸収源問題に関するWG委員 (環境省 地球環境局)
  • 2008年度 : 世界銀行森林炭素パートナーシップ基金技術評価委員 (世界銀行(World Bank))
  • 2008年度 : 領域アドバイザー(社会技術研究開発センター) ((独)科学技術振興機構)
  • 2008年度 : 非常勤講師(21世紀の環境・エネルギー問題と科学・技術の役割) (筑波大学理工学群)
  • 2007年度 : 日本学術会議連携会員(任期の延長) (内閣府 日本学術会議事務局)
  • 2007年度 : 非常勤講師(21世紀の環境・エネルギー問題と科学・技術の役割) (筑波大学第三学群工学基礎学類)
  • 2007年度 : 非常勤講師(地球温暖化対策特別講義) (北海道大学大学院地球環境科学研究院)
  • 2006年度 : 森林総合研究所重点研究分野評価会議評価委員 ((独)森林総合研究所)
  • 2006年度 : 森林等の吸収源問題に関するWG 委員 (環境省 地球環境局)
  • 2006年度 : 環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP合同分科会GLP小委員会委員 (内閣府 日本学術会議事務局)
  • 2006年度 : 日本学術会議連携会員の任期延長 (内閣府 日本学術会議事務局)
  • 2006年度 : 森林吸収源計測・活用体制整備強化事業への参画 (林野庁 森林整備部)
  • 2006年度 : CDM/JIプロジェクト支援委員会植林技術専門委員 ((財)地球環境センター)
  • 2006年度 : 平成18年度温室効果ガス排出量算定方法検討会 吸収源分科会委員 (環境省 地球環境局)
  • 2006年度 : 日本学術会議連携会員 (内閣府 日本学術会議事務局)
  • 2006年度 : 非常勤講師(地球温暖化対策特別講義) (北海道大学大学院環境科学院)
  • 2019年度 : Guest Senior Research Scholar(国際応用システム分析研究所(IIASA)客員研究員) (International Institute for Applied Systems Analysis (IIASA))
  • 2019年度 : 博士学位論文審査委員会委員 (慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科)
  • 2019年度 : モデル構築・分析WG委員 (経済産業省 産業技術環境局)
  • 2019年度 : IPCC国内連絡会及び第三作業部会幹事会委員 (環境省 地球環境局 他)
  • 2019年度 : IPCC第2作業部会国内幹事会メンバー (環境省 地球環境局 他)
  • 2019年度 : 平成31年度 W-BRIDGE 評議委員  (早稲田大学 環境総合研究センター)
  • 2019年度 : 平成31年度JICA課題別研修「市場メカニズムを活用した持続的森林・自然資源管理」及び「森林リモートセンシング」コースに係る講師 ((独)国際協力機構)
  • 2019年度 : 大学講師(非常勤)(大学院 システムデザイン・マネジメント研究科) (慶應義塾)
  • 2019年度 : 客員教授(統合都市シミュレータのデータ同化手法の開発) (情報・システム研究機構統計数理研究所)
  • 2019年度 : 非常勤講師(環境起学特別講義Ⅰ) (北海道大学大学院環境科学院)
  • 2019年度 : 非常勤講師(Energy and Environment : Science and Policy Linkages) (上智大学)
  • 2020年度 : モデル構築・分析WG委員 (経済産業省 産業技術環境局)
  • 2020年度 : ゼロエミ山梨脱炭素化研究アドバイザリー業務 ((一社)ゼロエミやまなし)
  • 2020年度 : IPCC国内連絡会及び第三作業部会幹事会委員 (環境省 地球環境局 他)
  • 2020年度 : IPCC第2作業部会国内幹事会メンバー (環境省 地球環境局 他)
  • 2020年度 : 大学講師(非常勤)(大学院 システムデザイン・マネジメント研究科) (慶應義塾大学)
  • 2020年度 : 客員教授(統合都市シミュレータのデータ同化手法の開発) (情報・システム研究機構統計数理研究所 )
  • 2020年度 : 非常勤講師(環境起学特別講義Ⅰ) (北海道大学大学院環境科学院)
  • 2020年度 : 評議員(非常勤) ((公財)未来工学研究所)
  • 2020年度 : 研究参与(非常勤) ((公財)未来工学研究所)
  • 2020年度 : 非常勤講師(URBAN SYSTEMS DESIGN OF SMART CITIES FOR ACHIEVING SDGS、地球環境と科学技術Ⅱ) (上智大学)

この研究者の関連情報・記事