ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2017年11月14日

受賞のお知らせ ~
石河 正寛 特別研究員らが環境システム優秀論文賞を受賞

概要

受賞者氏名: 石河正寛, 松橋啓介, 有賀敏典 (社会環境システム研究センター)
賞の名称:  環境システム優秀論文賞
授賞機関:  公益社団法人土木学会環境システム委員会
受賞年月日: 2017年10月22日
受賞対象:  建物ポイントデータの床面積補正を通じた民生部門エネルギー消費量の推計, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. G (Environmental Research), 72 (6), II_87-II_94, 2016

左から 松橋啓介 室長、石河正寛 特別研究員、有賀敏典 研究員

ひとこと

環境システム研究論文集第44巻に登載された論文の中で、環境システムに関する独創的な業績を挙げ、学術・技術の進歩・発展に顕著な貢献をなす優れた論文と認められ表彰されました。本研究は、建物別の地図情報が持つ床面積データを、都道府県別および市別の統計情報と整合させるための補正係数を求めることで、地域詳細なエネルギー消費量の推計精度を向上させるものです。具体的には、住宅地図から抽出された建物ポイントデータを集計し、固定資産概要書等および住宅・土地統計の用途区分と照合可能な区分を探りあて、戸建住宅、集合住宅、非住宅の用途別に補正係数を求めました。今後、自治体や街区等でのエネルギー消費量削減策の効果の見積りへの活用が期待されます。なお、本研究は環境研究総合推進費2-1404およびJST/RISTEX「多世代参加型ストックマネジメント手法の普及を通じた地方自治体での持続可能性の確保」、ならびに環境省「CO2テクノロジーアセスメント推進事業委託業務」の支援を受けて実施された成果です。