ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2016年11月22日


「国立研究開発法人国立環境研究所と環境省国立水俣病総合研究センターとの連携に関する協定」締結式の開催について(終了しました)

(筑波研究学園都市記者会、水俣報道記者クラブ、環境省記者クラブ同時配付)

平成28年11月22日(火)
国立研究開発法人国立環境研究所
企画部研究推進室 研究企画主幹
         松崎 慎一郎

環境省国立水俣病総合研究センター
総務課長
           大竹 敦
 

 国立研究開発法人国立環境研究所(以下、国立環境研究所)と環境省国立水俣病総合研究センター(以下、国立水俣病総合研究センター)は、平成28年11月29日(火)14:30~15:00に、連携協力に関する協定の締結式を行います。

1.目的

 国立環境研究所と国立水俣病総合研究センターは、相互の包括的な連携を強化することにより、地球規模における水銀及び水銀化合物の人為的な排出からの人の健康及び環境の保護に資するため、連携協定を締結します。今後、両研究所は、従来以上に緊密に連携して地球規模における水銀及び水銀化合物の環境対策に資する研究を進めていきます。

2.日時

平成28年11月29日(火) 14:30~15:00

3.場所

国立水俣病総合研究センター 1階 会議室
(〒867-0008 熊本県水俣市浜4058-18)

4.署名者

国立環境研究所理事長       住 明正
国立水俣病総合研究センター所長  望月 靖

5.次第

(1)開式
(2)協定の締結(署名)
(3)挨拶(両機関)
(4)質疑等

関連新着情報

関連記事

関連研究報告書

関連研究者