(1/1)

 

Goniopora djiboutiensis Vaughan, 1907  

キクメハナガササンゴ

Poritidae Gray, 1840 ハマサンゴ科

Goniopora de Blainville, 1830 ハナガササンゴ属

撮影:野村恵一(中種子町馬立の岩屋、水深8m)

 

莢の長径は5mm前後。

成長形:被覆状〜塊状群体。

軟体部の色彩と特徴:淡褐色〜灰緑色や黄緑色で、口と触手が白っぽくなる。昼間もポリプはよく伸長する。触手は短く真ん中が太く、先端は尖ることが多い。

骨格の特徴:個体も莢も多角形で、多くの莢は長径が5mm前後、稀に6mmを超える個体が同一群体内に1〜2個見られることがある。莢は深さ1〜1.5mm程度と浅く、隔壁は突出せず、3次まで発達、厚さは次数によらずほぼ同じで、等間隔で規則正しく配列する。隔壁の上縁と側面には、先端の尖った顆粒状の鋸歯と微小突起がよく発達する。1次・2次隔壁は莢心近くまで達して絡み合い、スポンジ状の軸柱を形成する。また、隔壁間にシナプティキュラ輪がよく発達するため、中央窩の大部分は軸柱に見える。3次隔壁は2次隔壁の半分程度の長さで、その両側を挟んで融合し、典型的なハナガササンゴ型の配列パターンになる。1次・2次隔壁の内縁には、5〜6個またはそれ以上のパリが莢心を囲むように発達する。その内側に小さな棒状突起が見られることは稀だが、小幅体が発達することがある。

生息環境:波浪の影響の少ない礁斜面や岩礁斜面、内湾や浅礁湖で見られる。

国内での分布:和歌山県串本・長崎県上五島中通島以南。種子島では普通種。

補足:本種はGoniopora lobata ハナガササンゴ、G. cf.norfolkensis オオハナガササンゴ、G. pendulus ユレハナガササンゴ(本ガイド未掲載種)やG. aff.somaliensis などと混同されているため、国内での生息状況については再検討が必要である。また、骨格形態がよく類似するG. cf.djiboutiensis との更なる分類学的検討が必要である。

* 種子島初記録種

 

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory