(1/1)

 

Scapophyllia cylindrica Milne Edwards and Haime, 1849  

オオサザナミサンゴ

Meruliniidae Verrill, 1865 サザナミサンゴ科

Scapophyllia Milne Edwards and Haime, 1848 オオサザナミサンゴ属

撮影:深見裕伸(西之表市西浦、水深6m)

 

莢の長径は2〜5mm。

成長形:被覆状〜準塊状群体。直径と高さが数cmほどの円柱状の突出部が不規則に形成されることが多い。群体周縁は固着基盤からわずかに遊離するが、上方にめくれたり大きく波打ったりすることはない。

軟体部の色彩と特徴:薄い褐色や緑色、ピンク色が多い。

骨格の特徴:個体は、莢の長径が2〜5mmほどの多角形。個体配列は主にメアンドロイド型だが、群体の中心近くや円柱部では一部セリオイド型になることもある。隔壁は3次まで発達する。1次・2次隔壁は厚いが、莢壁上縁では薄くなり、よく突出する。これらの隔壁は軸柱まで達し、軸柱のすぐ外側にはパリ状葉が発達しやすい。3次隔壁は薄く、莢壁内縁に沿ってわずかに発達するだけで、軸柱まで達することはない。隔壁の上縁には、先端が分岐し、ややねじれた鋸歯が、側面には先端が尖った微小突起がそれぞれよく発達する。そのため、隔壁は実際よりも厚く、ザラついて見える。軸柱は小さく、1次・2次隔壁の内縁から伸びた2〜3本のトラベキュラで形成されるが、未発達の個体も多い。また、メアンドロイド型に配列した複数の個体が1つの軸柱を共有することはなく、隣接する軸柱間には肥厚した隔壁が存在する。コリンは厚さ1〜1.5mmほどで、途中に孔が開くことはない。群体裏面は、周縁が2〜5mmほどの間隔で放射状にゆるく波打っており、その表面に同心円状のエピテカは形成されない。下方で凸状に盛り上がった部分には、連続性の悪い肋が5〜8本程度見られ、その上縁には形や大きさの異なる鋸歯が散在する。また、上方で線状に凹んだ部分では、不規則に孔が開くことがある。

生息環境:礁斜面の水深5〜15mで見られる。波浪の弱い礁縁〜礁斜面上部でも見られることがある。

国内での分布:種子島以南。種子島では稀。

補足:本種はMerulina ampliata サザナミサンゴと混同されているため、国内での生息状況については再検討する必要がある。

* 種子島初記録種

 

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory