(1/1)

 

Platygyra contorta Veron, 1990  

ミダレノウサンゴ

Meruliniidae Verrill, 1865 サザナミサンゴ科

Platygyra Ehrenberg, 1834 ノウサンゴ属

撮影:永田俊輔(西之表市大久保港、水深8m)

 

コリン頂部間の距離は4〜8mm。

成長形:被覆状〜準塊状群体。群体周縁がめくれ上がったり、群体表面に直径と高さが3〜4cmほどのコブ状突出部が不規則に形成されたりすることがある。

軟体部の色彩と特徴:淡褐色〜褐色または緑色。コリンと隔壁の上縁が他よりも明るい色になりやすい。暖温域では、軟体がコリン頂部近くの隔壁上縁で小球状に膨らみ、数珠状に見えることがある。

骨格の特徴:個体配列はセリオイド〜準メアンドロイド型で、稀に群体の一部がメアンドロイド型になることがある。コリンは厚さ1〜3mm、高さ3〜7mm、並列するコリンの頂部間の距離は4〜8mmと、同一群体上でも不均一になりやすい。ただし群体突出部の個体は概して大きく、上方に向かってラッパ状に開いたように見える。コリンがよく突出したところでは、その頂部近くで孔が開いたり、大きな裂け目ができたりすることがある。3次隔壁まで発達し、上縁には大きさの不揃いな鋸歯がよく発達する。1次・2次隔壁は軸柱に達し、軸柱を囲むようにパリ状葉が発達することがある。また、コリン頂部近くでは、鋸歯が長く伸びて、やや不規則な方向を向きやすい。そのため同属他種に比べると、群体表面が縮れて(乱れて)見える。3次隔壁は長さが不揃いで、軸柱手前までよく発達するものや、コリンの側面にわずかに発達するものがある。軸柱は明瞭で、直径1〜1.5mmの円形、1次・2次隔壁の内縁から伸びた複数のトラベキュラで形成される。

生息環境:やや遮蔽的な礁斜面の水深10〜20m付近、やや遮蔽的な岩礁斜面や内湾の水深10m以浅で見られる。

国内での分布:静岡県西伊豆・長崎県対馬以南。種子島ではたまに見られる。

補足:本種はParagoniastrea russelli ( 旧学名はFavites russelli で本ガイド未掲載種) と混同されているが、両種は全くの別種である。よって国内での生息状況について再検討が必要である。

* 種子島初記録種

 

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory