(1/1)

 

Paragoniastrea sp.   

和名なし

Meruliniidae Verrill, 1865 サザナミサンゴ科

Paragoniastrea Huang, Benzoni and Budd, 2014 ウネカメノコキクメイシ属(新称)

撮影:永田俊輔(西之表市大久保港、水深8m)

 

莢の長径は通常7〜8mm。

成長形:被覆状〜準塊状群体。

軟体部の色彩と特徴:暗褐色〜赤褐色。

骨格の特徴:個体はやや角ばった円形〜多角形、莢の長径は5mm〜1cmで、7〜8mmのものが多い。個体はプロコイド型またはセリオイド型に配列し、個体間には、管状または溝状の多毛類の棲管が不規則に発達する。隔壁・肋は4次まで発達する。ただし4次隔壁は、莢壁上縁からその内側にわずかに発達するか未発達の場合がほとんど。隔壁数は莢径8mmほどの個体で30〜40枚になる。肋は、個体間がよく離れた部分で形成されることがあるが、短くて目立たない。隔壁と肋の上縁には鋸歯が、鋸歯と隔壁の側面には微小突起がよく発達する。1次・2次隔壁は隔壁上縁で肥厚しやすく、そこから上方と莢内に張り出したあと、急傾斜で落ち込みながら軸柱まで達する。これらの隔壁の内縁にはパリ状葉が発達することが多い。軸柱は明瞭で、1次・2次隔壁から伸びたトラベキュラで形成される。3次隔壁は長さが不揃いで、軸柱近くまで伸びるものもあれば、隔壁内縁にわずかに発達するものも見られる。莢壁は厚めで、わずかに上方に突出する。軸柱は長径が1.2mm前後の円形または楕円形で、明瞭な個体もあれば不明瞭なものもある。

生息環境:岩礁斜面の水深15m以浅で見られる。

国内での分布:千葉県館山・長崎県対馬以南。種子島では普通種。

補足:本種はParagoniastrea australensis ウネカメノコキクメイシやFavites abdita カメノコキクメイシ(本ガイド未掲載種)などと混同されており、国内での生息状況の再検討が必要である。

   

西平・Veron (1995)での出現記録:○

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory