(1/1)

 

Favites aff. valenciennesi (Milne Edwards and Haime, 1849)

ニセタカクキクメイシ(新称)

Meruliniidae Verrill, 1865 サザナミサンゴ科

Favites Link, 1807 カメノコキクメイシ属

撮影:杉原 薫(中種子町馬立の岩屋、水深6m)

 

隣接個体が部分的に肋を共有する。

成長形:準塊状〜塊状群体。

軟体部の色彩と特徴:褐色〜緑色。群体表面や一部の個体の莢内が不規則に灰色がかり、まだら模様に見える。個々の個体はキクメイシ属のようにドーナツ型に盛り上がって見える。

骨格の特徴:個体は角ばった円形〜楕円形、莢の長径は5mm〜1cmで、7〜8mmのものが多い。個体間隔は一様に狭いが、配列は完全なプロコイド型。隣接個体の境界には、多毛類の棲管と思われる管状や溝状の間隙が各個体を囲むように一様に分布する。莢壁は厚く、ややすぼみながら1mm程度突出する。隔壁・肋は薄いが、4次まで発達し、莢壁上縁で肥厚し、わずかに突出する。隔壁の傾斜は緩やかで、莢内は浅く見える。1次・2次隔壁は軸柱まで達する。3次隔壁も一部はほぼ軸柱まで達するが、残りは1次・2次隔壁の1/2〜2/3の長さにとどまる。4次隔壁は莢壁上縁ではよく発達するが、莢内では1次・2次隔壁の1/2未満の長さにしかならない。1〜3次隔壁の内縁にはパリ状葉が発達しやすい。肋は莢壁の外側に沿ってよく発達する。隔壁・肋の上縁には整然と並んだ鋸歯が、側面には顆粒状突起がよく発達する。肋は、隣接する個体間で上縁の鋸歯が連結する箇所が多く認められる。軸柱はよく発達し、長径が1〜1.5mmほどの円形〜楕円形。群体骨格を割ると、個体境界できれいに割れやすい。

生息環境:礁池・浅礁湖の岩盤上や、礁斜面や岩礁斜面の水深10m以浅で見られる。

国内での分布:和歌山県串本・熊本県天草牛深以南。種子島では普通種。

補足:本種はこれまでFavites valenciennesi タカクキクメイシと混同されていたため(深見・野村, 2009)、国内での生息状況については再検討が必要。

   

西平・Veron (1995)での出現記録:○

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory