(1/1)

 

Favites aff. pentagona (Esper, 1795)

シモフリゴカクキクメイシ(新称)

Meruliniidae Verrill, 1865 サザナミサンゴ科

Favites Link, 1807 カメノコキクメイシ属

撮影:目ア拓真(中種子町馬立の岩屋、水深8m)

 

莢の長径は7〜9mm。

成長形:被覆状〜準塊状群体。

軟体部の色彩と特徴:主に灰緑色や暗褐色。隔壁上縁が白くなり、群体表面(特に莢壁上縁)に霜が降ったように見えることが多い。口と口盤の色彩が異なることがある。

骨格の特徴:個体は多角形〜細長く伸びた多角形で、莢の長径は6mm〜1.2cmで、7〜9mmのものが多い。個体配列は完全なセリオイド型だが、多毛類の棲管と思われる管状や長い溝状の間隙が、莢壁を2分するように不規則に形成されることがある。莢壁は基部で1〜1.5mmほどだが、上方に向かうにつれ薄くなり、頂部での厚さは0.5mm未満になる。隔壁は4次まで発達し、厚さは次数ごとの違いが不明瞭、傾斜はよく揃って緩やかに見える。莢径が8mmほどの個体では、隔壁数は25〜30枚程度。1次・2次隔壁は軸柱まで達、内縁は肥厚し、パリ状葉やパリが顕著に発達する。3次隔壁は1次・2次隔壁の1/2〜2/3ほどの長さで、軸柱に達しない。4次隔壁は非常に短く、莢壁内側面からわずかに張り出す程度。隔壁上縁には、形が不揃いで表面に尖った微小突起を伴う鋸歯が発達する。隔壁の側面には、微小な顆粒状の装飾が見られる。軸柱は1〜2mmほどで通常は認識しやすいが、小さな個体やパリ状葉やパリの発達が悪い個体では不明瞭で目立たない。

生息環境:岩礁斜面の水深15m以浅で見られる。

国内での分布:和歌山県串本・熊本県天草牛深〜トカラ列島中之島。種子島ではたまに見られる。

補足:本種はこれまでFavites pentagona ゴカクキクメイシやCoelastrea sp. 1 などと混同されているため、国内での生息状況については再検討が必要である。

* 種子島初記録種

 

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory