(1/1)

 

Dipsastraea pallida (Dana, 1846)  

ウスチャキクメイシ

Meruliniidae Verrill, 1865 サザナミサンゴ科

Dipsastraea de Blainville, 1830 キクメイシ属

撮影:杉原 薫(中種子町馬立の岩屋、水深6m)

 

莢の長径は6mm〜1cm。

成長形:準塊状〜塊状群体。

軟体部の色彩と特徴:主に緑色〜褐色。橙色や淡褐色、群体表面がまだら模様になったものも見られる。口盤は小さく、口の部分の色彩が明るくよく目立つ。

骨格の特徴:個体はきれいな円形〜やや楕円形で、莢の長径は6mm〜1cm。個体配列は完全なプロコイド型で、莢壁は薄く、1〜3mmほど円筒状に突出する。突出の程度は群体ごとによく揃う。隔壁・肋は薄く、4次まで発達し、莢壁上縁でよく突出する。1次・2次隔壁は軸柱まで達し、内縁にパリ状葉が発達する。一方3次隔壁は1次・2次隔壁の2/3〜1/2、4次隔壁は1/3の長さ。肋はよく発達し、個体間隔が広いところでは対応する隔壁よりも長く伸びてよく目立つ。隔壁と肋の上縁には分岐した鋸歯がよく発達する。また側面には、小さな顆粒状突起が発達する。軸柱は円形〜楕円形で明瞭、長径は1.5〜2mmほど。莢壁と莢壁上縁の隔壁・肋が突出する割には、発達したパリ状葉と軸柱の存在によって、莢内はそれほど深く見えない。

生息環境:礁池や浅礁湖の浅瀬から礁斜面や岩礁斜面の水深10m以浅で見られる。岩礁斜面や遮蔽的な内湾でもたまに見られる。

国内での分布:和歌山県串本・長崎県対馬以南。種子島ではたまに見られる。

補足:本種はDipsastraea speciosa キクメイシをはじめD. matthaii アラキクメイシやD. lizardensis リザードキクメイシ(本ガイド未掲載種)などと混同されている。よって国内での生息状況を再検討する必要がある。

* 種子島初記録種

西平・Veron (1995)での出現記録:Favia veroniとして記録した可能性あり

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory