(1/1)

 

Symphyllia radians Milne Edwards and Haime, 1849  

ダイノウサンゴ

Lobophylliidae Dai and Horng, 2009 オオトゲサンゴ科

Symphyllia Milne Edwards and Haime, 1848 ダイノウサンゴ属

撮影:永田俊輔(西之表市大原、水深6m)

 

コリン上縁は厚く見える。

成長形:準塊状〜塊状群体。直径40〜50cm程度のドーム型〜半球形になることがある。

軟体部の色彩と特徴:主に緑色〜褐色で、赤みを帯びたものもある。口盤の色彩が異なることが多い。

骨格の特徴:個体配列はメアンドロイド型で、複数の個体が長く連なってコリンがよく形成される。コリンは高さ1〜1.5mmでよく揃い、厚さ3〜6mmで基部のほうがやや厚い。並列するコリン上縁の間隔は1.5〜2mm。隔壁は5次まで発達し、莢心に向かって急傾斜で落ち込む。1〜3次隔壁はほぼ同じ厚さで1mm前後、コリン上縁でよく突出する。4次・5次隔壁は薄く0.5mm前後で、コリン上では突出しない。コリン上縁では、低次と高次の隔壁が交互に規則正しく配列する様子がよく分かる。またコリン頂部では、隣接個体の隔壁・肋を分割するように細い溝が不規則に形成されることがある。隔壁上縁には鋸歯がよく発達し、低次のものほど大きく、よく突出する。鋸歯は、軸柱近くでは短く先端が丸いが、コリン上端に向かうにつれて長くなり、先端が尖って上方を向きやすい。肋は群体周縁の裏面に見られるが、次数による厚さや突出度合の違いが不明瞭で見分けるのが困難。また、それらの上縁での鋸歯の発達は非常に悪い。軸柱は円形〜楕円形で、長径4〜5mm、群体周縁の個体を除けばよく発達する。コリン間で隣接する軸柱間の距離は1.5〜2cmでよく揃う。

生息環境:礁池や浅礁湖から礁斜面や岩礁斜面の様々な環境に生息する。

国内での分布:和歌山県串本・長崎県五島福江島以南。種子島では普通種。

補足:本種はSymphyllia recta ホソダイノウサンゴ(本ガイド未掲載種)と混同されているため、国内での生息状況の再検討が必要である。

* 種子島初記録種

西平・Veron (1995)での出現記録:Goniastrea asperaとして記録した可能性あり

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory