(1/1)

 

Lithophyllon undulatum Rehberg, 1892  

カワラサンゴ

Fungiidae Dana, 1846 クサビライシ科

Lithophyllon Rehberg, 1892 カワラサンゴ属

撮影:野村恵一(中種子町馬立の岩屋、水深6m)

 

周縁個体の莢の長径は4mm〜1cm。

成長形:サンゴ礁域ではいびつな楕円形の被覆状群体に、温帯域では数十cmを超える大きな葉状または板状群体になる。葉状・板状群体は幾重にも重なりながら成長する。これらの群体は、深場では水平方向に、浅場では群体周縁が波打ち、斜め上方向に成長することが多い。

軟体部の色彩と特徴:主に褐色〜緑色。黄緑色の明るい群体も見られる。昼間でも円錐状の太い触手を5mm程度伸ばしていることがある。

骨格の特徴:個体は楕円形で、群体上面のみに分布する。幼群体では中心個体を認識できるが、群体の成長とともに周縁個体しか認識できなくなる。周縁個体の莢は長径が4mm〜1cm、個体の数や大きさ、間隔は群体によって異なる。周縁個体はサムナステロイド型に配列し、部分的に同心円状に配列する。周縁個体の隔壁・肋は4次まで発達し、上縁には棘状の装飾を持つ細長い鋸歯がよく発達する。1次隔壁・肋では、それらの鋸歯間が部分的に融合する。1次と2次の隔壁・肋は厚く、よく突出するが、3次と4次の隔壁・肋は薄くてあまり突出しない。1次・2次隔壁の内縁は、上方と軸柱側に向かってローブ状に張り出しながら軸柱に達する。3次隔壁は軸柱まで、4次隔壁は軸柱手前まで発達する。また4次隔壁は、軸柱手前で3次隔壁側に湾曲しながら融合する。軸柱は大きくて明瞭。共骨は、垂直方向に伸びた板状の肋とそれらを水平に連結する棒状のシナプティキュラからなる。このシナプティキュラは、肋の下方で等間隔に規則正しく配列する。群体裏面には肋が発達するが、それらの上縁に鋸歯はあまり発達しない。個体壁は緻密で表面は平滑に見える。個体壁に孔が開くことはない。

生息環境:波浪の影響の少ない礁斜面の水深10m以深、同様の岩礁斜面では水深5m以深で見られる。内湾の濁った環境では、水深5m以浅でも見られる。

国内での分布:静岡県西伊豆・長崎県対馬以南。種子島ではたまに見られる。

 

* 種子島初記録種

 

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory