(1/1)

 

Cycloseris explanulata (van der Horst, 1922)  

アミメマンジュウイシ(新称)

Fungiidae Dana, 1846 クサビライシ科

Cycloseris Milne Edwards and Haime, 1849 マンジュウイシ属

撮影:杉原 薫(長崎県上五島中通島青木、水深15m)

 

個体の長径は2.5〜4mmで不揃い。

成長形:固着性の被覆状群体。群体周縁は基盤から離れるが、葉状になって上方にめくれることはない。

軟体部の色彩と特徴:黄緑色〜緑色。生時でもよく密集・突出した1次隔壁を認識できる。昼間でも先端の白い触手をわずかに伸ばしていることがある。

骨格の特徴:個体は長径2.5〜4mmの角ばった円形〜楕円形で、それらの配列はサムナステロイド型になる。群体上での個体の大きさや間隔は不揃い。隔壁・肋は3次まで発達し、低次のものほど厚く、莢壁上縁付近でよく突出する。またこれらの上縁には複数の尖端をもつ鋸歯が、側面には先端の尖った微小突起がよく発達する。そのため、肉眼では群体表面がザラついて見える。1次・2次隔壁は軸柱まで達する。3次隔壁は軸柱まで達せず、その手前で2次隔壁に融合する。1次隔壁の中には、隣接する個体と1次肋でつながらずに、隔壁上縁で厚く肥厚して花弁状になることがある。軸柱は、隔壁内縁から伸びた複数のパリと棒状突起で形成されるが、パリが未発達の個体も多い。個体間隔が広いところでは、隣接する肋間を格子状につなぐシナプティキュラがよく発達する。そのため共骨表面がきれいな網目状に見える。肋は、群体の裏面でも確認できるが、次数は不明瞭でどれも目立たない。

生息環境:岩礁斜面の水深15m以深、または内湾の水深5m以深の岩盤上や巨礫上で見られる。

国内での分布:静岡県西伊豆・長崎県上五島中通島以南。種子島では記録されていない。

補足:本種の新称和名は、個体配列がサムナステロイド型で、隣接する隔壁間が多数のシナプティキュラで格子状に連なって網目状に見えることに由来する。

   

西平・Veron (1995)での出現記録:○

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory