(1/1)

 

Euphyllia fimbriata (Spengler, 1799)  

ナガレハナサンゴ

Euphylliidae Alloiteau, 1952 ハナサンゴ科

Euphyllia Dana, 1846 ナガレハナサンゴ属

撮影:深見裕伸(西之表市西浦、水深12m)

 

フラベロメアンドロイド型の群体。

成長形:花束状群体。遠くから見ると半球形の塊状に見える。直径1mを超えることも珍しくない。

軟体部の色彩と特徴:主に緑色で、灰色または黄色がかった明るい色になる。触手は昼間でもよく伸長する。触手先端は腎臓型(または錨型)で、弧状になった縁は白っぽくなることが多い。樹枝状部の側面は、下方まで乳白色の共肉で覆われることが多い。

骨格の特徴:個体配列は、ファセロイド〜フラベロメアンドロイド型。樹枝状部先端の個体は、外縁がやや外側に開いた円形〜楕円形で、一つの莢の長径は2〜3cm。莢心に軸柱を欠くが、軸柱相当部が同じ莢内に4個以上存在して莢がいびつになり、長径が5cmを超えることがよくある。5次隔壁・肋まで発達し、次数ごとに高さと長さが異なる。それらの上縁と側面には鋸歯や顆粒状の装飾はほとんど発達しない。1次隔壁の上縁は莢壁上縁で上方によく突出し、そこから莢心に向かって急傾斜で落ち込む。また、莢心近くでは1次隔壁の内縁がやや湾曲する。2次隔壁の形状も同様だが、1次隔壁ほどは突出せず、莢心まで達しないものや内縁が湾曲しないものが見られる。肋も同様に5次まで発達するが、5次肋が未発達の個体もある。1次・2次隔壁は長さ1cmを超え、断続的に群体の基部まで伸びることがあるが、それ以外の肋は長さ1cmに満たないものがほとんど。

生息環境:水の濁った砂礫底を好む。波当たりが弱い礁斜面や岩礁斜面の水深10m以深で見られ、内湾や礁池・浅礁湖にも稀に生息することがある。

国内での分布:静岡県西伊豆・長崎県上五島中通以南。種子島では稀。

補足:本種はEuphyllia ancora と混同されており、国内での生息状況の再検討が必要である。E. ancora は個体配列がフラベロメアンドロイド型のみで、E. fimbriata に比べ莢の短径が小さく(群体上に形成された長い谷状部の幅が狭く)、隔壁数も少ない。ナガレハナサンゴの和名を担うのは本来E. fimbriata であることから、E. ancora の新称和名を、細く長い谷状部をもつことに因んでホソナガレハナサンゴとする。

* 種子島初記録種

 

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory