(1/1)

 

Montipora sp. TANEGA.  

タネガシマコモンサンゴ(新称)

Acroporidae Verrill, 1902 ミドリイシ科

Montipora de Blainville, 1830 コモンサンゴ属

撮影:野村恵一(西之表市大原、水深10m)

 

莢径は0.8〜0.9mm。

成長形:基盤は被覆状または準塊状で、基盤からは指状ならびに瘤状の大型突起が不均一に突出する。基盤の周縁は板状に張り出す。群体によっては柱状突起も備える。

軟体部の色彩と特徴:共肉・ポリプ共に緑褐色で、触手の先端は明色に色分けされる。

骨格の特徴:個体の分布には疎密があり、大型突起上ではほぼ個体1個分間隔で均一に分布するが、大型突起間では個体はさらに密集する。また、大型突起上では共骨壁が発達するが、規則的なセリオイド構造は持たず、しばしば壁の中に個体が数個並ぶ。個体は大きく、莢径は0.8〜0.9mm。莢壁輪は明瞭なリング状、その周囲には裸地帯が認められる。隔壁は変異が大きく、大型突起間に分布する個体では隔壁はほとんど発達せず、莢内が円柱状に深く空いて見える。大型突起上の個体では、最上部の隔壁は短く、莢底に向かうにつれて長くなり、莢底部では方向隔壁と1次隔壁は互いに接合して小さな軸柱栓を形成する傾向がある。共骨は繊細でスポンジ状、棘も概して短く繊細で、単純な針状か細長い薄片状をなす。

生息環境:水深10m以浅の浅所。

国内での分布:種子島以外では記録されていない。種子島ではやや稀。

補足:共骨壁を持つ他の種に似るが、隔壁の構造、莢壁輪やその周囲の構造、共骨や棘の構造等に相違が認められる。なお、本種は未記載種である可能性がある。新称和名は種子島が初産地であることに因む。

   

西平・Veron (1995)での出現記録:○

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory