(1/1)

 

Montipora peltiformis Bernard, 1897  

ムラサキコモンサンゴ(新称)

Acroporidae Verrill, 1902 ミドリイシ科

Montipora de Blainville, 1830 コモンサンゴ属

撮影:野村恵一(西之表市西浦、水深7m)

 

莢径は0.7〜0.8mm。

成長形:被覆状、表面には不規則な瘤状突起が散在。群体の長径は最大で約60cm。

軟体部の色彩と特徴:共肉は褐色、ポリプは紫色または褐色。

骨格の特徴:群体周縁を除いて個体は密集して分布し、個体間隔は個体1個分以内である。個体は共骨に埋没するが、わずかに突出する場合もある。莢径は0.7〜0.8mm。隔壁は棘状の列よりなるが、個体により方向隔壁が歯状板を形成する場合がある。方向隔壁は概して不明瞭であるが、片側1枚のみが認められる場合があり、長さは約0.8Rである。1次隔壁は完全・不規則で長さは0.5R以下、2次隔壁は不完全・不規則、長さは0.4R以下で、個体により1次・2次隔壁が亜等長に揃う場合がある。莢壁輪は明瞭なリング状。共骨上にはややコンパクトな微小突起が不均一に分布し、個体の周囲でわずかに発達する傾向がある。また、個体周囲の微小突起同士が接合して個体を不完全に取り囲む場合がある。

生息環境:水深10m以浅の浅所。

国内での分布:和歌山県串本以南。種子島ではやや普通。

補足:本種は個体が密集して均一に分布すること、微小突起はややコンパクトで不均一に分布すること、微小突起が接合して細長いシワ状の畝状突起を形成しないこと等の特徴で、微小突起を持つ他の種と区別される。本種はシワ状の畝状突起を持つとしてイタイボコモンサンゴの和名が与えられたが(白井・佐野, 1985)、この和名は誤同定に基づく。新称和名は本種が紫色のポリプを持つものが多いことに因む。

* 種子島初記録種

西平・Veron (1995)での出現記録:M. undataとして記録した可能性あり

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory