(1/1)

 

Montipora cf. informis Bernard, 1897

和名なし

Acroporidae Verrill, 1902 ミドリイシ科

Montipora de Blainville, 1830 コモンサンゴ属

撮影:野村恵一(中種子町馬立の岩屋、水深5m)

 

莢径は0.6〜0.7mm。

成長形:被覆状。群体表面は平滑か不明瞭な大小の瘤状突起が散在。群体の長径は約40cm。

軟体部の色彩と特徴:共肉は褐色。

骨格の特徴:個体は疎らに、かつ不均一に分布し、個体間隔は個体1〜4個分である。個体の多くは共骨に埋没するが、一部はわずかに突出する。莢径は0.6〜0.7mm。隔壁は基本的に棘状の列よりなるが、方向隔壁や1次隔壁の一部は歯状板を形成する場合がある。1次隔壁と2次隔壁は明瞭に長さが異なる。方向隔壁は1対が認められ、長さは約0.6〜0.8Rである。1次隔壁は完全・規則的で長さは0.7R以下、2次隔壁は不規則・不完全で長さは0.4R以下で、概して発達が悪い。莢壁輪は明瞭でリング状。微小突起は背が低く、概してコンパクトで、均一に密生する。また、大きさや形もほぼ均一であるが、個体によっては莢壁輪と接合した不完全な管状の共骨壁を形成する場合がある。

生息環境:水深10m以浅の浅所。

国内での分布:種子島以南。種子島では稀。

補足:Montipora informis (本ガイド未掲載種)のタイプ標本によく似るが、群体型や隔壁の構造に相違が認められる。微小突起を持つ他の種とは、本種の微小突起は短くてほぼ一様に密生すること、1次隔壁が長くかつ2次隔壁が未発達なこと、個体が疎らに分布することの特徴で区別される。

   

西平・Veron (1995)での出現記録:○

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory