(1/1)

 

Montipora confusa Nemenzo, 1967  

ミダレアミメコモンサンゴ(新称)

Acroporidae Verrill, 1902 ミドリイシ科

Montipora de Blainville, 1830 コモンサンゴ属

撮影:野村恵一(西之表市西浦、水深10m)

 

莢径は0.8〜0.9mm。

成長形:被覆状の基盤から指状または柱状の不規則で短い大型突起を上方に伸ばす。基盤周縁の一部は板状に張り出す。群体の長径は約60cm。

軟体部の色彩と特徴:共肉は淡褐色、ポリプは褐色。

骨格の特徴:群体表面は葉脈様の網目状隆起に被われるが、隆起の太さや形は不規則である。個体は隆起間に並び、共骨中に埋没していて突出しない。莢径は0.8〜0.9mm。隔壁は棘状の列よりなり、概して不完全・不規則。方向隔壁は個体によって片側1本のみ認められ、長さは0.7〜0.8R。1次隔壁は長さ0.7R以下、2次隔壁が長さ0.4R以下で、両者の長さは明瞭に異なる。莢壁輪は明瞭で、たいてい薄いリング状をなすが、ドーナツ状に盛り上がる場合もある。共骨は微小突起を欠く。

生息環境:水深10m付近の浅所。

国内での分布:種子島のみから知られる。種子島では稀。

補足:Montipora sp. AMIME. アミメコモンサンゴに似るが、この種の網目状隆起は細く比較的均一に分布することと柱状突起を持たないことで本種と区別される。新称和名は網目状隆起が不規則なことに因む。

* 種子島初記録種

 

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory