(1/1)

 

Astreopora macrostoma Veron and Wallace, 1984  

オオクチアナサンゴ

Acroporidae Verrill, 1902 ミドリイシ科

Astreopora de Blainville, 1830 アナサンゴ属

撮影:杉原 薫(西之表市大久保港、水深5m)

 

莢径は3mm前後。

成長形:被覆状〜準塊状群体。周縁が張り出して厚い板状になり、遊離した裏面に支根状の垂れ下がり部が不規則に形成されることがある。

軟体部の色彩と特徴:褐色〜淡褐色や緑色。

骨格の特徴:個体は、共骨表面から乳頭状に3mmほど突出するものから、ほぼ埋在しているものまで様々。群体中心付近の個体は向きが不規則だが、群体周縁では横を向くことが多い。隣接する個体の間隔は不揃い。莢は円形〜やや楕円形で、長径3mm前後。隔壁は通常2次まで発達し、莢壁上縁でわずかに突出する。1次隔壁は板状で、莢壁上縁は非常に短いが、莢下方は長く、莢心近くまで伸びる。1次隔壁の中には、内縁が湾曲して隣接する1次隔壁に融合したものも見られる。2次隔壁は板状、稀に針状で、非常に短く、莢壁上縁から莢下方までほぼ同じ長さ。共骨は多孔質で、表面には太くて長い細分尖端棘が密集する。突出した個体の莢壁外側では、棘が隔壁の延長部に放射状に並び、その一部は板状に融合して1次・2次肋を形成することがある。

生息環境:遮蔽的な湾、波浪の影響の少ない礁斜面や岩礁域で見られる。

国内での分布:和歌山県串本以南。種子島では普通種。

補足:本種はAstreopora gracilis センベイアナサンゴ(本ガイド未掲載種)やA. incrustans などと混同されており、国内での生息状況については再検討が必要である。

   

西平・Veron (1995)での出現記録:○

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory