(1/1)

 

Acropora muricata (Linnaeus, 1758)  

スギノキミドリイシ

Acroporidae Verrill, 1902 ミドリイシ科

Acropora Oken, 1815 ミドリイシ属

撮影:鈴木 豪(中種子町大塩屋、1m)

 

第2分枝の直径は1.2cm程度。

成長形:樹枝状〜芝草状群体。

軟体部の色彩と特徴:緑色〜褐色。枝全体または枝の先端部のみが青色がかったものもある。

骨格の特徴:第2分枝まで発達。第1分枝は20cm以上伸び、下方では円柱形、先端10cmほどは円錐形になる。先端から10cm付近での直径は1.2cm程度。第2分枝は円錐形で、第1分枝の先端から10cmほどの間でよく発達し、長さは5cm未満、基部での直径は1cm未満のものが多い。第1分枝と第2分枝のなす角は通常50〜80°くらいで、たまに90°を超えるものもある。中軸個体は多孔質ではないが、もろくてつぶれやすい。外径2.5〜3.5mmであまり突出せず(2mm未満)、1次隔壁は1/2〜3/4Rまで発達。放射個体には2タイプあり、一つは円形開口の管状〜密着管状、外径1〜2.5mm。もう一つは円形開口の埋在〜密着管状、外径0.5〜1.5mm。後者は前者の基部近くでよく発達する。1次隔壁の長さは両タイプとも1/2〜2/3Rほど。共骨は、放射個体の外側で肋状、それ以外のところでは網目状になり、表面には単一尖端棘や側偏棘が見られる。

生息環境:潮通しのよい礁池・礁湖や、波浪の影響の少ない礁斜面や岩礁域の水深10m以浅で見られる。

国内での分布:和歌山県串本・長崎県五島福江島以南。種子島では普通種。

補足:本種はAcropora intermedia トゲスギミドリイシなど他の樹枝状ミドリイシ類と混同されているため、種子島以南での生息状況については再検討が必要である。

* 種子島初記録種

 

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory