(1/1)

 

Acropora efflorescens (Dana, 1846) sensu Veron, 2000

タイハイミドリイシ

Acroporidae Verrill, 1902 ミドリイシ科

Acropora Oken, 1815 ミドリイシ属

撮影:鈴木 豪(中種子町馬立の岩屋、水深不明)

 

第2分枝の直径は5〜8mm。

成長形:薄い卓状〜板状群体。卓状部の厚さ2.5cm未満。群体が小さい時はきれいな大杯型だが、成長とともにその形は崩れ、群体周縁が下方に張り出してくる。

軟体部の色彩と特徴:緑色〜褐色。

骨格の特徴:第2分枝まで発達。第2分枝の形状は様々で、中軸個体のみが発達したものもある。放射個体が発達した第2分枝は円錐〜円柱形で、大きいもので直径5〜8mm、長さ1cm程度と短い。隣接した第2分枝の中軸個体間の距離は1.2cm未満。これらの枝は、群体の成長とともに不明瞭または埋在して分からなくなることが多い。中軸個体は多孔質だが堅固で、外径2〜2.5mm、3〜5mmほど突出。1次隔壁は長さ1/2〜2/3R。放射個体は管状〜密着管状で、埋在するものもある。外径1〜2mmほどで円形の開口部をもつ。中軸個体周辺では、3〜4mmほど不規則に突出することがある。1次隔壁は長さ1/2R。共骨は、放射個体の外側で肋状、放射個体間では網目状で、それらの表面には側偏棘(一部は単一尖端棘)が並ぶ。

生息環境:外洋に面した、またはやや遮蔽された岩礁域の水深15m以浅で見られる。

国内での分布:和歌山県串本・熊本県天草牛深〜種子島。種子島では稀。

補足:Veron (2000)は本種をAcropora efflorescens と同定している。Wallace (1999)やWallace et al. (2012)は、A. efflorescens A. cytherea ハナバチミドリイシのシノニムとしているが、両種は第2分枝の配列や中軸個体の形態が異なるため、更なる分類学的検討が必要と思われる。本種の和名は串本海中公園センター(1977)に基づく。

   

西平・Veron (1995)での出現記録:○

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory