ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

いただいたお問い合わせ、ご意見に対する回答をご紹介します。

お問い合わせ一覧

Q.欧州のサーキュラーエコノミーについて教えてください。
 資源効率を高めることで、私たちの暮らしへの直接なインセンティブはあるのでしょうか?
→A.循環型社会システム研究室 田崎室長が回答しました。

お問い合わせへの回答はこちら

A.エネルギーに比べると、資源の消費削減のインセンティブが低いのはご指摘の通りです。

 日本の一部の企業からも、資源への取り組みが進まない理由として、同じような理由が挙げられているようです。

 ただ、欧州の「サーキュラーエコノミー」においては、ごみのリサイクルを無理に進めて、リサイクル品をなんとか使ってもらうというのではなく、いかに経済的価値のあるリサイクル素材・リサイクル品を創り出すかという発想がポイントになります。

 天然資源よりも、循環資源を使うことに経済性がでるような状況を目指すため、そこに到達してしまえば、インセンティブの議論が不要になるとも言えます。

 またサーキュラーエコノミーでは、経済性だけでなく、リサイクル素材は品質が悪い(粗悪品)といった認識を払拭できるように、品質基準を作るといった取り組みもされています。

 サーキュラーエコノミーでは、雇用効果や経済性を強調しすぎるため、本当にそこまで実現できるのかについての議論はありますが、日本のこれまでの方向性とは違う側面が入っているので、今後の動向や日本への影響は注目どころになりそうです。

 サーキュラーエコノミーは、日本では「循環経済」と訳されていることが多いので、関連事項を調べる際には検索語として、この用語も使用されてみるとよいと思います。
(解説:資源循環・廃棄物研究センター 循環型社会システム研究室 田崎室長)