ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

4月22日(土)環境サイエンスカフェ「2050年に向けた低炭素社会の道のりは?」を開催します

画像をクリックすると大きくなります。


国立環境研究所 春の環境講座
環境サイエンスカフェ -2050年に向けた低炭素社会の道のりは?


日時  2017年4月22日(土) 1回目 11:00-11:40、2回目 14:50-15:30 (各回40分)
会場  国立環境研究所 地球温暖化棟1階 交流会議室
講師  1回目 高倉潤也(社会環境システム研究センター 特別研究員)
    2回目 亀山康子(社会環境システム研究センター 副センター長)
定員  各回約15名(予約不要、開始時間に直接会場にお越しください)
参加費 無料
主催  国立環境研究所 社会環境システム研究センター/社会対話・協働推進オフィス

日本は温室効果ガスの排出量を2050年までに80%削減することを目標に掲げています。
では、どうやって目標値まで減らすことができるのでしょうか。技術革新?社会の変化?
目指すべき未来の低炭素化について、ぜひ皆さんのお考えをお聞かせください。
研究者と共にざっくばらんに語りましょう。

1回目と2回目で講師をつとめる研究者は異なります。
同じテーマでも、メンバーが違えば語られる内容も変わるかもしれません。
どちらにも参加したいという方、もちろん歓迎します!
カフェですので飲み物やおやつもあります。お気軽にご参加ください。

隣の会場では、どんな対策をどの程度行えば二酸化炭素をどのくらい減らすことができるのか、数値で効果を知ることのできる「2050低炭素ナビ」も体験していただけます。
10個の質問に答えて、あなたの選ぶ未来がどのくらい低炭素化を実現できるのか、試してみてください。

国立環境研究所 春の環境講座

環境サイエンスカフェは、国立環境研究所「春の環境講座」の一企画です。
毎年「科学技術週間」に合わせて開催する一般公開イベントで、所内で様々な企画を実施します。
詳しくはこちらをご覧ください。