ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

最終処分場での硫黄酸化細菌が改質硫黄水銀固型化物の水銀溶出・揮発に及ぼす影響評価(平成 31年度)
Effect of sulfur-oxidizing bacteria on elution and volatilization of mercury from sulfur polymer solidification/stabilization of mercury under waste landfills

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
1921CD016
開始/終了年度
2019~2021年
キーワード(日本語)
廃棄物最終処分場,水銀,硫黄酸化細菌
キーワード(英語)
waste landfills,mercury,sulfur-oxidizing bacteria

研究概要

最終処分場における水銀廃棄物の適正な管理方法の確立が求められている。廃水銀および廃水銀等は、硫化・固型化し、改質硫黄水銀固型化物(以下、水銀固型化物)とした上で、埋設することが規定されている。水銀固型化物の物理化学的特性は、高い安定性を有するとされているが、微生物反応が及ぼす影響については、知見が不足している。本研究では、硫化金属のバイオリーチング能力と最終処分場での存在が確認されている、硫黄酸化細菌に着目し、この細菌が水銀固型化物の劣化、水銀の溶出・揮発に及ぼす影響の評価とそのメカニズムの解明を目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

初年度は、硫黄酸化細菌が水銀固型化物の劣化および水銀溶出・揮発に及ぶす影響を評価し、固相、液相、気相への移行率を明らかとする。次年度は、硫黄酸化細菌による水銀固型化物の劣化、水銀の溶出・揮発に関与する機能遺伝子の特定を試みる。最終年度は、実最終処分場における硫黄酸化細菌の実態を明らかとする。

今年度の研究概要

破砕された水銀固型化物(粒径0.5-5 mm)を対象とし、224培地を用いて、硫黄酸化細菌を振盪培養し、水溶液中の硫酸イオン濃度の変化と、水溶液および気相中の水銀濃度を明らかとする。硫黄酸化細菌が水銀固型化物の劣化および水銀溶出・揮発に及ぶす影響を定量評価し、固相、液相、気相への移行率を明らかとする。また、微生物反応による、水銀の溶出や、水銀の揮発に関与する機能遺伝子のレビューを行い、候補遺伝子を整理する。

課題代表者

尾形 有香

  • 資源循環・廃棄物研究センター
    国際廃棄物管理技術研究室
  • 研究員
  • 博士 (工学)
  • 生物工学
portrait