ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

小児における無機ひ素毒性のセレンによる修飾:テロメア長を用いた検討(平成 29年度)
Modification of inorganic arsenic toxicity by selenium in children: using the telomere length as a toxicity indicator

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
1618CD034
開始/終了年度
2016~2018年
キーワード(日本語)
ひ素,セレン,テロメア長,アジア
キーワード(英語)
Arsenic,Selenium,Telomere length,Asia

研究概要

地下水のひ素汚染はグローバル・ヘルスの重要課題の一つである.小児特有の影響が明らかになりつつある中で,テロメア長への影響は非可逆的な影響と考えられる.東南アジア・南アジアのフィールドでこれを確認するとともにひ素毒性の交絡因子として知られるセレンによる修飾の有無についても調べる.

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

東南アジア・東アジアのひ素汚染地域において環境保健学的な調査を行い,インタビューおよび生体試料の解析により,テロメア長へのひ素の影響を評価するとともに,他のエンドポイントにおいて修飾作用が確認されているセレンの及ぼす影響を検証する.

今年度の研究概要

昨年度のミャンマ調査で得た試料の化学・生化学分析,テロメア長の解析を行うとともに,必要に応じてフォローアップ調査を実施する.また,国内外の会議に参加し,についての情報交換を行う.

外部との連携

東京大学大学院医学系研究科、佐賀大学農学部、東洋大学生命科学部

関連する研究課題

課題代表者

渡辺 知保