ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

海洋環境に放出された残留性有機化学物質の動態解明(平成 29年度)
Study on dynamics of persistent organic pollutants discharged into marine environment

予算区分
KZ その他公募
研究課題コード
1617KZ004
開始/終了年度
2016~2017年
キーワード(日本語)
残留性有機汚染物質,大量海水ろ過装置
キーワード(英語)
persistent organic pollutants,large-volume seawater filtration apparatus

研究概要

海水中の化学物質は極めて微量であるが、バンドーン採水器等による従来の海水採水法では、船上にて海水と大気の接触が生じるため、船体の塗料や油脂類に起因する化学物質の汚染が懸念される。そこで、本研究では残留性有機化学物質の二次的汚染を避けるため、水中にて海水のろ過が実施可能な投げ込み式の海水ろ過装置を開発し、化学物質の深度別分析を試みる。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:モニタリング・研究基盤整備

全体計画

実験水槽を利用して海水・地下水を用いた大容量採水の最終動作試験を予定している。具体的には、投げ込み式の大量海水ろ過装置のバッテリー容量を変更して通水量を1000L以上に設定できるようにした上で、ろ過流速と採水時間を変化させながら添加回収試験・破過試験を行い、試料捕集方法の最適条件を決定する。

今年度の研究概要

実験水槽において地下水を用いた大容量採水の動作試験を実施する。昨年度に実施した表層海水の結果と今年度実施する地下水の結果を比較することで、深層海水に含まれる化学物質を捕集するためのろ過装置条件を決定する。

関連する研究課題

課題代表者

高澤 嘉一

  • 環境計測研究センター
    応用計測化学研究室
  • 主任研究員
  • 博士 (工学)
  • 化学,物理学,農学
portrait

担当者