ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境試料ノンターゲット分析のための不活性ガスを用いたソフトイオン化法の研究(平成 29年度)
Development of a soft ionization method using inert gas for non-target analysis of environmental samples

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
1719CD023
開始/終了年度
2017~2019年
キーワード(日本語)
ノンターゲット分析,精密質量,多次元ガスクロマトグラフィ,ソフトイオン化
キーワード(英語)
non-target analysis, accurate mass, comprehensive multi dimensional gas chromatography, soft ionization

研究概要

本研究では、従来のターゲット分析では見逃してきた可能性のある「リスク懸念物質の捕捉」や 「毒性物質スクリーニング」、「複合影響評価」にも利用可能なGC×GC-HRTOFMSによる包括的かつ超高感度なノンターゲット分析手法構築の一環として、新たに不活性ガスによるソフトイオン化法を検討し、環境試料中に存在する有機ハロゲン化合物の分子イオンの包括的超高感度検出の実現を目的とする。確立した手法を用いて様々な環境試料を測定し、化合物の同定を試みることにより、ノンターゲット分析における不活性ガスによるソフトイオン化法の有効性と応用可能性を明らかにする。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

これまで開発してきたGC×GC-HRTOFMSによるノンターゲット分析手法に、新たに不活性ガスによるソフトイオン化法を検討し、複雑な環境試料中に存在する有機ハロゲン化合物の分子イオンの超高感度検出の実現と手法の評価を行うことを目的とする。具体的には、?有機ハロゲン化合物の混合標準溶液を用いて、分子イオンの高感度検出が可能なソフトイオン化条件を決定する。?本ソフトイオン化における環境試料マトリックスの影響を評価する。?様々な環境試料を測定して化合物を同定し、本ソフトイオン化法の有効性を明らかにする。

今年度の研究概要

今年度は、有機ハロゲン化合物の混合標準溶液を用いて、分子イオンを最も高感度に検出できる不活性ガスを用いたソフトイオン化条件を決定する。具体的には、ソフトイオン化に関わる様々な装置パラメーター(ガス流量、イオン源温度、電子加速電圧等)を変えて有機ハロゲン化合物の混合標準溶液を測定し、得られた質量スペクトルを詳細に比較解析し、最適な条件を決定する。

関連する研究課題

課題代表者

家田 曜世

  • 環境計測研究センター
    応用計測化学研究室
  • 研究員
  • 修士(地球環境科学)
  • 化学
portrait