ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

大気汚染の環境疫学研究(平成 29年度)
Air pollution epidemiology

予算区分
AQ センター調査研究
研究課題コード
1517AQ001
開始/終了年度
2015~2017年
キーワード(日本語)
大気汚染,疫学調査,粒子状物質,オゾン
キーワード(英語)
air pollution,epidemiology,particulate matter,ozone

研究概要

大気汚染の健康影響に関わる日本国内の疫学研究に基づくエビデンスは、他の先進諸国に比し少ない現状にある。よりよい生活環境を目指した環境行政を推進するために疫学調査によるエビデンスが求められる。PM2.5の大気環境基準は2009年に制定されたが、国内の新たなエビデンスに基づいた経時的な改定が必要とされている。また、他の大気汚染物質についても同様の視点が求められている。本研究では、国内の既存のデータベースを用いた解析を行い、大気汚染の健康影響に関わる国内知見を創出する。また、大学等研究教育機関における疫学研究の支援を行なうことによる環境疫学者の人材育成支援とネットワーク形成を目指す。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

本課題では、国内の既存のデータベースを用いた解析を行うとともに、大学等研究教育機関における疫学研究の支援を行ない、環境疫学者の人材育成支援とネットワーク形成を目指す。

今年度の研究概要

前年度に引き続き、既存のデータベースを用いた解析を進め、英文原著論文による公表を目指す。また大気汚染の疫学研究に活用可能な曝露推計方法についての研究を進める。また、大学等研究教育機関における疫学研究の支援を行なうことによる環境疫学研究者の人材育成支援とネットワーク形成を目指す。

外部との連携

兵庫医科大学医学部、京都大学医学研究科、京都大学工学研究科

関連する研究課題

課題代表者

山崎 新

  • 環境リスク・健康研究センター
    環境疫学研究室
  • 室長
  • 博士(社会健康医学)
  • 医学
portrait

担当者