ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

レーザー蒸発型エアロゾル質量分析計を用いたブラックカーボンの新規データ活用法開発(平成 29年度)
Development of new data analysis of mass spectrum of black carbon with a laser evaporator aerosol mass spectrometer

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
1719CD010
開始/終了年度
2017~2019年
キーワード(日本語)
ぶらっくカーボン,スートエアロゾル質量分析計
キーワード(英語)
Black carbon,Soot Particle Aerosol Mass Spectrometer

研究概要

大気エアロゾルに含まれるブラックカーボン(BC)は吸入による健康影響を引き起こし、また、気候に直接間接的に影響をおよぼすため、重要な成分である。近年、レーザー誘起白熱法でBCを蒸発させたのちに、電子衝撃法でイオン化し、高分解能型飛行時間型質量分析計で測定するオンライン測定装置“SP-AMS”が登場した。本提案課題では、各種のBC発生源および環境中において、SP-AMSでBCの質量スペクトルを測定し、大気中BCの発生源寄与推定手法を確立する。また、工業ナノ材料の一つである、カーボンナノチューブ(CNT)の吸入による健康影響が懸念されている。SP-AMSは、これまでにないリアルタイムかつ高感度のCNT検出法として期待されるが、大気エアロゾルに含まれるBCとCNTの識別するための手法を確立する。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

複数の燃焼発生源および人工的に発生させた含BC粒子を対象とし、SP-AMSによるBCのクラスターイオンおよび難燃性CO+およびCO2+の含酸素イオンの質量スペクトルパターンを解析する。1年目はデータの取得、整数質量スペクトルデータ解析、およびデータ解析法および発生源寄与解析法の習得、2年目はデータの取得および高分解能質量スペクトルのデータ解析、3年目は主に発生源寄与解析を行う。

今年度の研究概要

多層カーボンナノチューブ(CNT)を測定し、BCのクラスターイオンおよび難燃性CO+およびCO2+の含酸素イオンの質量スペクトルパターンを解析する。

関連する研究課題

課題代表者

藤谷 雄二

  • 環境リスク・健康研究センター
    統合化健康リスク研究室
  • 主任研究員
  • 博士(工学)
  • 工学
portrait