ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境試料の長期保存(スペシメンバンキング)(平成 29年度)
Time Capsule program for environmental specimens

予算区分
AP 基盤整備
研究課題コード
1620AP004
開始/終了年度
2016~2020年
キーワード(日本語)
スペシメンバンキング,タイムカプセル
キーワード(英語)
specimen banking,time capsule

研究概要

 将来の新たな汚染・環境問題の顕在化に備え、また現在十分な感度、精度で測定できない汚染の進展を将来の進んだ手法で明らかにするために、環境試料の収集、長期保存を継続する。これまで日本沿岸域で行ってきた調査地点と同一の採取点において長期保存試料を作成、分析することで、同一地点での時系列解析に適した保存試料を作成する。保存試料から環境情報を読み出すための計測手法の開発や応用、保存状態の適切さの検証を始めとする保存技術の検討などを通じて、保存試料の価値を更に高め、活用を図る。

研究の性格

  • 主たるもの:モニタリング・研究基盤整備
  • 従たるもの:

全体計画

 日本の沿岸域を7つのブロックに分け、毎年各ブロックについて10〜15地点の均質化した二枚貝試料を計画的に採取・調製し、液体窒素ガス温度下で長期保存する。また、保存開始時の均質性などの試料データを公表する。中期計画中の5年間のブロック分けは、東北〜関東太平洋沿岸、東北〜北陸太平洋沿岸、関東〜近畿太平洋沿岸、中国地方、四国地方を計画している。
 また、比較的分解しやすい物質を対象に、試料処理や保存条件の差による当該物質の濃度変化を継続的に追跡してゆくことで、保存試料から環境情報を読み出すための計測手法、保存状態の適切さを検証する。
 

今年度の研究概要

 これまでの環境試料タイムカプセル化事業の収集対象のうち、特に二枚貝を中心に環境試料を引き続き収集、保存する。収集地域は東北から北陸地方にかけての日本海沿岸域とする。保存状態の適切さの検証のために、均質化試料や既知量の物質を添加した試料を作成し、保存条件と試料中の物質濃度の変動解析を継続する。

課題代表者

田中 敦

  • 環境計測研究センター
    基盤計測化学研究室
  • 室長
  • 理学士
  • 化学
portrait

担当者