ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

生態影響試験に関する標準機関(レファレンス・ラボラトリー)、環境リスクに関する化学物質データベース(平成 27年度)
Reference laboratory for ecotoxicity test, chemical database for environmental risk

予算区分
AP 基盤整備
研究課題コード
1115AP030
開始/終了年度
2011~2015年
キーワード(日本語)
レファレンス,生態毒性,化学物質,データベース
キーワード(英語)
reference, ecotoxicity, Chemical, Database

研究概要

生態影響試験に関する標準機関(レファレンス・ラボラトリー)としての機能を整備し、生態影響試験法の精度管理を検討するほか、試験用水生生物の維持と提供を行う。特に、法規制上位置付けられている試験用生物(メダカ、ミジンコ、ユスリカ等)については、効率的な飼育体制を整備し、試験機関への提供を行う。必要に応じてクロスチェック等の試験結果の比較を行い、標準試験法の整備を行う。
また、化学物質の環境リスク評価の推進に向けた基盤整備のため、環境リスクに関する最新の研究動向や社会情勢を踏まえて、関係機関等と連携し、環境リスクに着目した化学物質に関するデータベース等を構築し提供する。

今年度の研究概要

次の2課題を実施する。(内容の詳細は対応する課題に記載する)
(1)生態影響試験に関する標準機関(レファレンスラボラトリー)機能の整備
生態影響試験に関する標準機関(レファレンス・ラボラトリー)としての機能を整備し、生態影響試験法の精度管理を検討するほか、試験用水生生物の維持と提供を行う。特に、法規制上位置付けられている試験用生物(メダカ、ミジンコ、ユスリカ等)については、効率的な飼育体制を整備し、試験機関への提供を行う。必要に応じてクロスチェック等の試験結果の比較を行い、標準試験法の整備を行う。
(2)化学物質データベース等の整備・提供
化学物質の環境リスク評価の推進に向けた基盤整備のため、環境リスクに関する最新の研究動向や社会情勢を踏まえて、関係機関等と連携し、環境リスクに着目した化学物質に関するデータベース等を構築し提供するために必要な更新を行う。

外部との連携

( サブテーマ1)

環境省の化学物質情報検索支援システム「ケミココ」や日本化学工業会の「JCIA BIGDr」など外部のポータルサイトとの連携を進めた。

( サブテーマ2)

米国EPA との共同研究による、メダカ多世代試験およびミジンコ多世代試験の整備

地環研を主たる対象とした、講習および実習会の開催

英国との共同研究による、抗アンドロゲン作用物質を対象とした試験法の開発

韓国との共同研究による、PFOS の環境実態調査

課題代表者

鈴木 規之

  • 環境リスク・健康研究センター
  • センター長
  • 博士(工学)
  • 工学,化学,土木工学
portrait

担当者

  • portrait
    青木 康展環境リスク・健康研究センター
  • 鑪迫 典久
  • 今泉 圭隆環境リスク・健康研究センター
  • 田中 嘉成
  • 菅谷 芳雄
  • portrait
    中島 大介環境リスク・健康研究センター
  • 林 岳彦環境リスク・健康研究センター