ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

再生地盤材料のスケール効果とエイジングを考慮した材料評価試験方法の高度化(平成 26年度)
Development of test methods to evaluate the scale and aging effects of reused soil materials

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
1415CD006
開始/終了年度
2014~2015年
キーワード(日本語)
酸性廃水,ジオシンセティッククレイライナー
キーワード(英語)
Acid Rock Drainage, Geosynthetic Clay Liner

研究概要

掘削岩石や土砂が空気曝露して発生する酸性水(ARD)に対して、ジオシンセティッククレイライナー(GCL)が有効であると考えられている。GCLはベントナイトを2枚のジオテキスタイルのあいだに挟んだシート状の遮水材である。そこで本研究では、GCLのARDに対する長期的な性能評価を行う。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

掘削岩石や土砂が空気曝露して発生する酸性水(ARD)に対して、ジオシンセティッククレイライナー(GCL)が有効であると考えられている。GCLはベントナイトを2枚のジオテキスタイルのあいだに挟んだシート状の遮水材である。そこで本研究では、GCLのARDに対する長期的な性能評価を行う。

今年度の研究概要

同じpHの6種類のARDを使った長期透水試験を行った。その結果、GCLの透水係数は場合によっては1桁程度上昇し、長期遮水性はARDの構成イオン種と濃度の影響を受けることを明らかにした。

外部との連携

京都大学

関連する研究課題
  • 0 : 資源循環・廃棄物研究分野における研究課題

課題代表者

Naka Kishimoto Angelica Mariko

  • 資源循環・廃棄物研究センター
    循環利用・適正処理処分技術研究室
  • 特別研究員
  • 博士(地球環境学)
  • 化学
portrait