ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

先端環境計測研究プログラム(平成 26年度)
Advanced Research Program on Environmental Measurement and Analysis

研究課題コード
1115SP100
開始/終了年度
2011~2015年
キーワード(日本語)
網羅分析,環境トレーサー,分光遠隔計測
キーワード(英語)
Global Analysis, Environmental Tracers, Multi-spectrum remote sensing

研究概要

環境の監視、環境プロセスの解明、影響評価や予防、対策など、さまざまな環境問題に取り組む上で実態を把握することが基本となる。環境計測はそのための主要な手段であり、そのさらなる高度化、体系化を目指して(1)多次元分離技術による環境および生体中有機化学物質の網羅的分析法の開発、(2)新しい環境トレーサーの開発と計測、(3)先端的分光遠隔計測技術の開発に関する研究、の3つのプロジェクトを推進する。

今年度の研究概要

プロジェクト(1)ではGCxGC/MSMS法のさらなる最適化とデータ解析技術の開発を推進し、さまざまな環境分析への応用のための試料捕集技術の体系化を進める。プロジェクト(2)では近年大気中濃度が変化しているCFCsなどの海水中測定技術を作成するとともに、水銀同位体比精密測定のための試料前処理方法の改良、放射性炭素微量測定技術の改良などを進める。プロジェクト(3)では、能動型分光センサ、ならびに分光イメージングセンサの解析手法それぞれの概念設計やその応用研究を進める。

課題代表者

柴田 康行

  • 環境計測研究センター
  • フェロー
  • 理学博士
  • 化学,生化学,地学
portrait