ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

東南アジア熱帯雨林における群落スケールのハロゲン化メチル放出量と変動要因の解明(平成 25年度)
Methyl halide emissions from tropical rain forest in Southeast Asia

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
1214CD012
開始/終了年度
2012~2014年
キーワード(日本語)
塩化メチル,臭化メチル,生物起源揮発性有機化合物
キーワード(英語)
methyl chloride, methyl bromide, biogenic volatile organic compouds

研究概要

塩化メチルと臭化メチルは、活性なハロゲンを成層圏へ持ち込むキャリヤーとして、成層圏オゾン破壊全体の1/4に関与している。熱帯雨林は、塩化メチルの主要な発生源であることに加え、臭化メチルについても重要な発生源となっている可能性があるが、熱帯雨林におけるハロゲン化メチルの発生源・吸収源の多様性ゆえに、これらの発生源としての熱帯雨林の役割を正確に評価するには至っていない。そこで本研究では、微気象学的なフラックス計測手法である簡易渦集積法を初めてハロゲン化メチルに応用し、熱帯雨林の樹冠上におけるタワーフラックス観測を実施する。これにより、群落スケールのハロゲン化メチルフラックスを推定すると共に、その変動を支配する環境要因を明らかにすることを目的とする。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

本研究では、熱帯雨林生態系から大気へのハロゲン化メチル放出量を明らかにするという目的を達成するため、以下の2つのサブテーマを設定する。
サブテーマ1 簡易渦集積(REA)法によるハロゲン化メチルフラックス観測システムの構築:メタンのフラックス観測用に開発・実用化されているREA装置に種々の改良を施し、ハロゲン化メチルのフラックス観測システムを構築する。
サブテーマ2 熱帯雨林におけるハロゲン化メチルのフラックス観測:開発したフラックス観測システムを用いて、東南アジア熱帯雨林におけるハロゲン化メチルのタワーフラックス観測を実施する。これにより、群落スケールにおけるハロゲン化メチルフラックスの日内・日々・季節変動を把握し、フラックスの変動を支配する環境要因(気温、湿度、日射、降雨量、地温、土壌水分等)を明らかにする。

今年度の研究概要

本年度は、簡易渦集積(REA)法によるハロゲン化メチルフラックス観測システムを構築する。昨年度試作したREA装置を国内の森林サイト(滋賀県・桐生水文試験地を予定)に持ち込み、実大気による検証を行う。国内の森林サイトではハロゲン化メチルを放出する樹種は多くないと考えられるため、ここでは、二酸化炭素を測定対象として、本REAシステムによるフラックスをすでに確立されている渦相関法で測定されたフラックスと比較することにより、本システムの妥当性を検討する。また、REAシステムによりテドラーバックに採取された空気をステンレスキャニスターに移行させる過程については、実験室において種々の試験を行い、上昇流及び下降流用のラインにおいてサンプルの質に偏り等がないことを確認する。

外部との連携

共同研究機関:京都大学、森林総合研究所、広島大学

関連する研究課題
  • 0 : 環境計測研究分野における研究課題
  • 0 : 地球環境研究分野における研究課題

課題代表者

斉藤 拓也

  • 環境計測研究センター
    動態化学研究室
  • 主任研究員
  • 博士(地球環境科学)
  • 化学
portrait

担当者

  • 横内 陽子