ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

大量、多次元の環境計測データからの情報抽出技術に関する研究(平成 25年度)
Information extraction from massive and multi-dimensional environmental measurement data

予算区分
AQ センター調査研究
研究課題コード
1115AQ039
開始/終了年度
2011~2015年
キーワード(日本語)
情報抽出,超並列計算機,野生動物,都市環境,火災
キーワード(英語)
information extraction, massively parallel computer, wild animal, urban environment, fire

研究概要

大量、多次元の環境計測データから環境(野生動物、火災、海底地形等)に関する情報を抽出するソフトウェア技術の開発を行う。また開発されたソフトウェアを適用可能なデータを取得するための実験を行う。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

超高空間分解能画像から野生動物やその痕跡を直接検出する手法や、高分解能画像を用いた都市域の形状や熱環境を把握する技術の開発を行うほか、超並列計算機を用いた大規模データの処理・解析・評価に関する研究を行う。

今年度の研究概要

2013年度は超高空間分解能画像を用いた野生動物監視については、高解像度衛星画像や定点動画像からの動物(ペンギンや大型魚類等)の直接抽出アルゴリズムの開発を行う。航空機搭載型ライダーを用いた沿岸域の海底地形計測については、関係機関と連携して観測の実施及びデータ質評価を行うとともに、取得されたデータを用いた生態学的研究を実施する。また。火災等の高温ターゲットについては衛星観測とそのデータ分析を継続する。

関連する研究課題
  • 0 : 環境計測研究分野における研究課題

課題代表者

松永 恒雄

  • 地球環境研究センター
    衛星観測研究室
  • 室長
  • 博士 (工学)
  • 工学
portrait

担当者

  • portrait
    小熊 宏之生物・生態系環境研究センター
  • 加藤 創史
  • 横田 康弘
  • 山本 聡
  • 大石 優
  • 石黒 聡士
  • 亀井 秋秀
  • 村上 和隆地球環境研究センター