ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

温室効果ガスおよび短寿命気候因子(SLCP)緩和策が引き起こす環境影響の能動的評価;
将来の発展と排出シナリオの定量化に関する研究(平成 25年度)
Assessment of environmental effects caused by various mitigation plans of greenhouse gases (GHGs) and short-lived climate pollutants (SLCPs);
Research on future development and emission scenario

予算区分
BA 環境-推進費(委託費) 2RF-1302(2)
研究課題コード
1313BA002
開始/終了年度
2013~2013年
キーワード(日本語)
排出シナリオ,統合評価モデル,緩和策
キーワード(英語)
emission scenario, integrated assessment model, mitigation

研究概要

短寿命気候因子(Short Lived Climate Pollutants;SLCP、エアロゾル、オゾン、メタンなど)は、長寿命温室効果ガス(Long Lived Green House Gas: LLGHG、CO2など)に比べて削減することは容易であり、大気汚染の改善の観点からもエアロゾル、オゾンおよびその前駆物質の削減は必須である。一方で、SLCPとLLGHGの削減過程で起こる気候影響は領域規模の気候変化を伴うために非常に複雑であり、十分に検討されていないのが現状である。そのため、排出インベントリ・統合モデル・気候モデルを最大限に活かして多様な緩和策の中から最適な経路を選ぶ必要がある。また、将来的にはLLGHGとともにSLCPについても削減策が世界的に検討されると考えられ、詳細で正確な科学的な知見を早急に準備する必要がある。本研究では、こうした諸課題に対する検討を行う。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:政策研究

全体計画

本研究は戦略課題におけるFSとして位置づけられているものであり、戦略課題として行うべき内容について検討を行うとともに、予備的な試算を行う。

今年度の研究概要

AIMモデルについて、長寿命温室効果気体(LLGHG)だけではなく短寿命気候因子(SLCP)の排出を定量的に評価することができるようにモデルを拡張し、課題全体への入力となる排出シナリオを提示する。

外部との連携

課題代表者:中島映至教授(東京大学)

課題代表者

増井 利彦

  • 社会環境システム研究センター
    統合環境経済研究室
  • 室長
  • 博士(工学)
  • システム工学,土木工学,経済学
portrait

担当者