ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

農作物残渣の野焼きが大気粒子に与える影響評価(平成 25年度)
Impact assessment of open burning of crop residue on atmospheric particles

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
1213CD001
開始/終了年度
2012~2013年
キーワード(日本語)
農作物残渣,野焼き,大気粒子,有機指標成分
キーワード(英語)
crop residue, open burning, airborne particles, organic markers

研究概要

稲藁などの農作物残渣の野焼きが大気環境に与える影響は,年々増加してきていると考えられる。そこで本研究では,野焼きが大気粒子に与える影響を定量的に評価することを目的とした。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

具体的な研究項目は,(1)野焼きなど各種発生源の指標となる有機指標成分の測定法の確立,(2)現場を模擬した野焼き実験に基づく粒子状物質の成分別排出係数の取得,(3)関東郊外での大気試料の通年採取と組成分析による野焼きの寄与率推定,(4)野焼きの実態調査,(5)野焼き排出係数・排出量の妥当性検証の5つである。

今年度の研究概要

(1)野焼き実験で採取した試料について,誘導体化GC/MSにより有機指標成分を測定し,残渣の種類や燃焼条件によるレボグルコサンの排出係数の違いを明らかにする。
(2)つくばでの大気中微小粒子の採取,野焼き実態の調査を8月頃まで継続する。
(3)つくばで採取した大気微小粒子中のEC/OCとレボグルコサンを測定する。
(4)野焼き実験で求めた微小粒子の排出係数から,既存の排出係数の妥当性を評価する。また,国内における野焼き粒子の成分別排出係数の特徴を明らかにする。
(5)野焼き実態調査に基づき,既存の排出インベントリーで用いられている燃焼率などの活動量の妥当性を確認するなど,既存の排出インベントリーの妥当性を検証する。
(6)最近のヘリウムガスの供給不足に対応するため,ヘリウム以外のガスをキャリアーガスに用いた炭素分析の可能性を検討する。

外部との連携

研究協力者:林健太郎(農業環境技術研究所)、齊藤勝美(富士通クオリティ・ラボ・環境センター)

備考

研究協力者:林健太郎(農業環境技術研究所),齊藤勝美(富士通クオリティ・ラボ・環境センター)

関連する研究課題

課題代表者

伏見 暁洋

  • 環境計測研究センター
    反応化学計測研究室
  • 主任研究員
  • 博士(工学)
  • 工学
portrait