ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

アジア途上国の水衛生環境改善シナリオ作成(平成 25年度)
Alternative scenario of water and sanitation improvement for developing country in Asia

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
1215CD001
開始/終了年度
2012~2015年
キーワード(日本語)
アジア,途上国,シナリオ,水衛生環境,技術データベース
キーワード(英語)
Asia, Developing country, Scenario, Water and sanitation environment, Technology database

研究概要

アジア地域途上国の衛生改善は、地域特有の制約条件でシステムが適切に機能・普及しない例は少なくない。また水利用から排水の流れは考慮されるが、排水から水環境、水利用への配慮が不足し、その結果として適切な公衆衛生、水環境保全がなされていないケースが多い。本研究では、アジア途上国諸都市において、自然・社会環境のプロファイリングを行うとともに、水・汚濁物フローを把握することで、適切な代替水利用・排水システムシナリオを提案し、それを評価するモデルの開発を目指す。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:政策研究

全体計画

初年度は基本データ収集の準備等を中心に進め、2、3年目にモデル開発・検証を行う。4年目には代替シナリオを提案・総括する。具体的には、アジア途上国諸都市での自然・社会環境をプロファイル化し、それに基づいた、水環境改善シナリオを検討し、その結果より、適切な代替水利用・排水システムシナリオを提案し、さらにそのシナリオの長短を、水環境保全・人への衛生安全さらにコストの面から評価するモデルの開発を目指すものである。そのため、アジア十数都市での水環境調査と、特定都市での詳細汚濁物発生・移動調査、文献等による処理技術のデータベース構築、都市の水・汚濁物フローの把握を実施する。

今年度の研究概要

引き続き、社会的制約条件等の基礎調査を実施する。モデル化については、必要な技術情報を収集し、そのデータベースを作成する。

外部との連携

共同研究機関:京都大学(代表)、流通科学大学、(公財)地球環境戦略研究機関

関連する研究課題
  • 0 : 資源循環・廃棄物研究分野における研究課題

課題代表者

蛯江 美孝

  • 資源循環・廃棄物研究センター
    国際廃棄物管理技術研究室
  • 主任研究員
  • 博士 (農学)
  • 生物工学,化学,土木工学
portrait

担当者