ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

生物・生態系環境研究分野の概要(平成 25年度)
Environmental Biology and Ecosystem Studies

研究課題コード
1115FP050
開始/終了年度
2011~2015年
キーワード(日本語)
生物多様性,生態系サービス,持続的な利用
キーワード(英語)
biodiversity, ecosystem service, sustainable use

研究概要

人間活動によって生物多様性の損失と生態系の劣化が進むとともに、将来にわたる生態系サービスの低下が危惧されている。
そこで、地球上の多様な生物からなる生態系の構造と機能及び構造と機能の間の関係、並びに人間活動が生物多様性・生態系に及ぼす影響の解明に関する調査・研究を様々な空間及び時間スケールで実施する。
(1)生物多様性の評価ならびに予測手法の開発に向けて、生物分布の解析に必要な景観・地理情報等の収集・整備、既存の生物データの整理を行う。これらのデータにより生物多様性の状況の地図化を行うとともに、優先的に保全すべき地域をデータに基づいて選定する手法を開発する。
(2)気候変動および侵略的外来生物の影響等、具体的な問題の解決に取り組むため、温暖化に伴う高原の植物多様性やサンゴ群集構造への影響の調査を継続する。また、特定外来生物や遺伝子組換え生物について、分布実態と生態影響の調査を進める。特定外来生物の有効な防除手法の開発を行う。
(3)湖沼等の長期モニタリングを継続するとともに、リモートセンシングデータおよび分子遺伝学的な情報の活用により、効果的・効率的に生物多様性および生態系の状況を観測・監視を行う手法を開発する。
(4)環境微生物や絶滅危惧藻類・鳥類について、生物資源・遺伝子情報等の収集・保存・管理・提供を継続する。生物多様性・生態系の研究に資するデータ整備と、その公開を推進する。
(5)生物多様性の社会的な主流化の推進に貢献するため、生物多様性保全の根拠となる基礎的研究や人文社会科学との連携研究を進める。
(6)災害と環境に関する研究の一環として、生物・生態系への影響に関する研究を推進する。

課題代表者

高村 典子

  • 生物・生態系環境研究センター
    琵琶湖分室(生物)
  • フェロー
  • 学術博士
  • 生物学
portrait