ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

気候変動リスク情報創生プログラムに関する研究(平成 24年度)
Program for Generation of Climate Change Risk Information

予算区分
CE 文科-振興費
研究課題コード
1216CE002
開始/終了年度
2012~2016年
キーワード(日本語)
気候変動予測,地球システムモデル,数値シミュレーション
キーワード(英語)
Projection of climate change, Earth system model, Numerical simulation

研究概要

既存の地球システム統合モデルを用いて,温室効果気体濃度安定化目標設定など,将来の社会経済シナリオ開発に資する予測実験を行う.これまでに開発したモデルをベースに、新たな地球システム統合モデルの開発を行う。国際的なコミュニティにおけるモデル相互比較プロジェクトと歩調を合わせながら過去の再現実験や将来予測実験を行い,地球システム統合モデルによる結果との比較などを通して,予測の精緻化を図る.

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:政策研究

全体計画

既存の地球システムモデルを用いた様々な将来気候変動予測実験を行う。また、将来予測実験の信頼性を評価するために、過去の気候変動再現実験を行う。既存の地球システムモデルに、これまでにない様々な要素を付け加えることにより、新たな地球システムモデルの開発を行う。

今年度の研究概要

社会経済シナリオ開発に資する予測実験に関しては,CMIP5 実験で用いられたRCP に代わる新シナリオを用いた実験,ジオエンジニアリング実験,非CO2 温室効果気体に関する換算係数改良のための実験,環境変化の不可逆性同定のための実験など,候補となる実験項目の中から,シナリオ開発のグループとの検討を加え選択したものを実行する.全球雲解像大気モデルによる実験については,熱帯擾乱の季節変化と気候場との関係を調べるための数カ月程度の季節変化実験や,温
暖化時の顕著現象の変化を調べるためのタイムスライス実験(半年×数例ほど)を予定している.また海洋生態系モデル実験については, パラメータ感度実験やモデル中の定式化を修正した実験を多数行い,モデル間の相違に関する知見を提供する.

外部との連携

海洋研究開発機構(JAMSTEC)、東京大学大気海洋研究所、東京大学生産技術研究所

備考

課題代表者:河宮 未知生((独)海洋研究開発機構)

関連する研究課題

課題代表者

横畠 徳太

  • 地球環境研究センター
    気候変動リスク評価研究室
  • 主任研究員
  • 理学博士
  • 地学
portrait

担当者