ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

衛星搭載熱赤外センサの輝度校正及び地表面熱環境観測に関する研究(平成 24年度)
Radiometric calibration and observation of land surface thermal environment using satellite thermal infrared sensors

予算区分
ZZ 個別名を記載
研究課題コード
1115ZZ003
開始/終了年度
2011~2015年
キーワード(日本語)
熱赤外,輝度校正,地表面放射率,地表面温度
キーワード(英語)
thermal infrared, radiometric calibration, land surface emissivity, land surface temperarture

研究概要

地球観測衛星に搭載された熱赤外センサを有効に利用するためには、高精度の輝度校正やデータ処理を行う必要がある。本研究では衛星センサと同期した地上観測等により衛星センサの輝度校正の高精度化を進めるとともに、地表面放射率、地表面放射率の推定手法の改良を行う。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

米国の塩湖等で衛星観測と同期した地上観測実験を継続的に行い、衛星搭載熱赤外センサの代替輝度校正に必要なデータを蓄積するとともに、得られたデータを使って衛星データの輝度校正精度を評価する。さらに衛星データから地表面放射率、地表面温度を求め、その導出手法の改善を行う。

今年度の研究概要

米国の塩湖での衛星同期地上観測を夏冬の2時期に行い、衛星搭載熱赤外センサの代替輝度校正に必要なデータを取得する。さらに得られたデータを用いて衛星搭載センサの輝度校正精度や地表面分光放射率推定精度等を評価する。

関連する研究課題
  • 0 : 環境計測研究分野における研究課題

課題代表者

松永 恒雄
  • 地球環境研究センター
    衛星観測研究室
  • 室長
  • 博士 (工学)
  • 工学
portrait

担当者

  • 加藤 創史